Yahoo! JAPAN

amazarashi、漫画『チ。』との往復書簡プロジェクト『共通言語』がスタート 魚豊が「1.0」に着想を得たイラストを描き下ろし

SPICE

amazarashi×『チ。』コンセプトイラスト

4月13日にオリジナルアルバム『七号線ロストボーイズ』をリリースするamazarashiが、累計200万部を突破する『ビッグコミックスピリッツ』で連載中の漫画『チ。』との往復書簡プロジェクト「共通言語」をスタートすることを発表した。

『チ。』は、地動説をテーマに、自分の命よりも大切なものとして、知性や真理を探求した人間たちの生き様を通じて、読者に命の価値や意味を問う作品。4月に完結を迎える漫画家・魚豊の代表作。

魚豊がamazarashiのファンであることがきっかけでスタートした同プロジェクトは、ロックとマンガという異なる表現でありながら、それぞれに現代社会の苦悩や、無情や挫折や絶望、そしてその先にある希望を描いてきた二人のクリエイターが、お互いの最新作の発表に際して、新たな作品の発表を介して会話し合うという試みとなっている。

第一弾は、魚豊からamazarashiへ。アルバム『七号線ロストボーイズ』収録楽曲の「1.0」に着想を得たイラストを描き下ろす。このオリジナルイラストは、本日・3月23日(水)より特設サイトにて公開されている。

さらに、魚豊が描き下ろしたイラストをモチーフに制作された「1.0」のMVが、『チ。』のコミック第7巻が発売される3月30日にプレミア公開される。

アルバム『七号線ロストボーイズ』から先行で公開される楽曲「1.0」は、amazarashiがインディーズ時代にリリースしたアルバムタイトル『0.』『0.6』から始まり10年の時を超えて『1.0』となるamazarashiの新たなステージを考えさせられる楽曲。公開日の3月30日より先行配信も開始される。また、本日22時より放送のJ-WAVE(81.3FM)『SONAR MUSIC』内にて新曲「1.0」が初オンエアとなる。

今後は、第二弾として、amazarashiから『チ。』へ作品を贈る。『チ。』をテーマに秋田ひろむが新曲を書き下ろし、『チ。』の最終第8巻の発売日である6月30日に公開する予定となっている。

amazarashi・秋田ひろむ コメント

『チ。』を読んで打ちのめされて、僕はしばらく落ち込みました。同時に大きな勇気をもらいました。
この作品自体と、登場人物たちの信念と覚悟に気圧され、「ここまでやれる」というゴールラインを遥か彼方に引かれてしまった気持ちです。
時間と情熱の堆積のようなこの作品に、僕らの曲は蛇足かもしれませんが、気持ちを込めて一曲書き下ろしさせてもらいます。
魚豊さん、amazarashiとコラボしてくれてありがとうございます。

魚豊 コメント

敬愛するamazarashiさんとコラボレーションの機会頂き大変光栄です。

氏のメロディとアフォリズムには、そこにしかない手触りと重みがあり、
それらが演出する鋭利な緊張感は、練磨を重ね、新曲においては、確かな包容力へと変換され出力されていました。

"amazarashi"の音楽に共通して宿る、静謐な信念と、多弁な情報量を、少しでも模倣できればとイラストを描かせて頂いた次第です。

それでは私はいちファンに戻り、今後とも作品を拝聴させて頂きます。
amazarashiを聴く事がきっと、私にとって(勿論、他のリスナーの方々にとっても)0から1への大海原を泳ぐ為の酸素になる筈でしょうから。

【関連記事】

おすすめの記事