Yahoo! JAPAN

今すぐ直すべき『愛犬の困った行動』4選!誰かに迷惑をかける前に!

わんちゃんホンポ

今すぐ直すべき愛犬の困った行動

1.リードをグイグイ引っ張って歩く

常にリードを引っ張りながらお散歩するのは直した方がよいです。飼い主が愛犬をコントロールできていない証拠ですよね。

急に走り出したらどうなるでしょうか。リードを手放して愛犬を迷子にさせてしまうかもしれませんし、他の人や犬に危害を加えてしまうかもしれません。

リードを引っ張って歩く犬の手足や首や腰には負担がかかり続けていますから、肉球を擦りむいたり、捻挫や靭帯を傷めたり、関節に炎症が起きるなどすることがあります。

愛犬がリードを引っ張って歩くからといって、飼い主までリードを強く引っ張っていませんか?

一時的にはゆっくり歩いてくれることがありますが、またすぐに元通りです。

✔愛犬がリードを引っ張ったら歩くのをやめて止まる
✔リードが緩んだらまた歩き出す

この2つを根気強く続けてみてください。リードの引っ張り癖が治るまで続けなければ意味がありません。

2.お散歩中に吠える

お散歩中、すれ違う他の人や犬に対して威嚇したり吠えたりするのは直した方がよいです。

相手を驚かせてしまったり、「しつけのなっていない飼い主だ」と冷たい言葉をかけられたりしたことがあるのではないでしょうか。

お散歩に吠えるのは「社会化不足」が主な原因です。子犬の頃に飼い主や家族以外の他の人や犬との接し方を学ぶことができなかったのです。どのように接したらいいのか分からず、不安や恐怖で吠えてしまうのです。

吠えるからといって他の人や犬を避けて歩いてばかりいると、愛犬の吠え癖が直ることはありません。

✔すれ違う練習をする(身の危険はないということを理解してもらうため)
✔しつけ教室やドッグランに通う(他の人や犬と接する機会を増やすため)
✔犬の幼稚園や保育園に通う(社会化を学ぶため)
✔ドッグトレーナーや訓練士などプロのしつけを受ける

3.咬みつく

人を咬む行為は今すぐに直さなければなりません。

飼い主や家族を咬む犬もいますし、いつか他人を咬んでケガをさせてしまうのではないかとビクビクしているのではないでしょうか。

犬が人を噛む理由は様々ですが、恐怖心が原因になることが多いでしょう。飼主さまが対策をとるにも限度がありますし、良かれと思ってやることが逆効果になることもしばしばあります。こじれ切ってしまう前にドッグトレーナーに相談しましょう。

咬傷事故を起こしてしまう前に対策をとる必要があります。

4.うんちを食べてしまう

うんちを食べてしまう行為はもちろん今すぐ直したいですよね。

母犬が子犬の排泄物を食べて処理したり、敵に居場所を知られないために自分の排泄物を食べて処理したりするなど、犬が自分自身のうんちを食べてしまうのは本能としての行動です。

しかし、お散歩中の道端に落ちているうんちを食べてしまうのは危険です。

うんちでなくても拾い食いは今すぐ直さなければなりません。

✔すぐに吐き出させる
✔叱らない
✔すぐにうんちを処理する
✔運動不足を解消する
✔ストレスを発散させる

食べてしまった時は、好物のおやつと交換するなどの手段で吐き出させてください。このおやつは魅力的なものである必要があります。何かに執着しているときには無理に取り上げようとすると噛まれてしまいますので、無理に口に手を入れるのはやめた方がよいでしょう。最悪の場合は、取られたくないと思った犬が慌てて飲み込んでしまう可能性が高くなります。

排泄した後はすぐにうんちを処理してください。お留守番中に食べてしまうのであれば、出かける前にうんちをさせる習慣を身に着けさせるとよいです。

運動不足やストレスがこのような問題行動の原因になることがあります。そのため、十分な運動をさせること、愛犬とのスキンシップやコミュニケーションを増やすことを試してみてください。

うんちを食べる癖があり、健康状態が気になる時は検便検査など健康診断を受けることをおすすめします。

まとめ

今すぐ直すべき愛犬の困った行動を4つ解説しました。

✔リードをグイグイ引っ張って歩く
✔お散歩中に吠える
✔咬みつく
✔うんちを食べてしまう

どれも飼い主を悩ませる困った行動です。

飼い主が困る程度であれば許されてしまっている犬がほとんどですが、いつか他人に牙を向けてしまうことがあるかもしれません。

愛犬のよくない行動は今すぐに直すべきです。


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事