Yahoo! JAPAN

【響灘】夜焚きイカ最新釣果 ジャンボサイズ交じりで100尾超える日も

TSURINEWS

パラソル級交え60尾(提供:海燕)

響灘エリアから夜焚きイカの最新釣果情報が入った。ジャンボサイズ交じりで100尾超えもあり大盛況。夏イカの姿も見え今後も期待大。

天力丸

6月9日、10日と響灘方面へ夜焚きイカ釣りへ出船した北九州若松の脇田漁港・天力丸によれば、9日は釣果が今ひとつだったが、10日は入れ乗りもあり、各乗船者パラソル級交じりで好乗りを楽しみ、胴突き組が80尾、イカメタル組も60尾と今後の釣行も楽しみは増すばかり。アジ泳がせではタカバ、アコウ、ボッコ、ヒラメなど交えて釣果も期待。夜焚きイカ、アジ泳がせ釣り出船予約受け付け中。詳細はホームページで、または船長に確認を。

好乗りを楽しんだ(提供:天力丸)

PONTOS・幸雅丸

6月10日、北九州市戸畑港から出船中のPONTOS・幸雅丸は響灘に夜焚きイカ釣りで出船。ライト点灯後は、中型~ジャンボサイズが入れ食いで釣る人100尾を超えた。エサ巻き、イカメタル、オモリグでも好ヒット中。日によりムラあるが数安定してきている。夜イカは毎日出船中で1人でも出船OKだ。アラ釣りも出船中で23kg交え好調。タイラバも大ダイが釣れている。

ジャンボサイズ入れ食い(提供:PONTOS・幸雅丸)

金比羅丸

6月12日、北九州市門司港から出船中の金比羅丸は、響灘に夜焚きイカで出船。徐々に夏イカも交じりだし、日により数に多少ムラあるが釣る人で50尾と少し安定してきた。大型も交え好土産となっている。イカ泳がせで大ダイを釣る人も。イサキ五目釣りもイサキの数釣りや多彩釣果で楽しめる。釣果はFacebook「門司金比羅丸」で検索。

夏イカも交じって安定(提供:金比羅丸)

宝生丸

6月12日、北九州市門司・大里港から出船中の宝生丸は、響灘に夜焚きイカで出船。夏イカシーズン突入で1人30~70尾と数釣れており、100尾超える日もある。今後さらに数期待大。タイラバも出船中。アンチローリングジャイロ搭載で横揺れを軽減し船酔いしにくく、女性専用のトイレもあり誰でも安心して楽しめる。

100尾を超える日もある(提供:宝生丸)

胡百

北九州市小倉港の胡百は響灘に夜焚きイカと泳がせ釣りで出船中。イカは良型多く交え40~50尾と順調。今後さらに数有望。泳がせ釣りでは、ヒラメが良型も多く釣れており、アコウやボッコ、アオナなども釣れるので、今後も多彩な好土産が期待大。

今後さらに数有望(提供:胡百)

太陽丸

6月9日、北九州市・小倉港の太陽丸が小倉沖~響灘の夜焚きイカ釣りに出船すると、大中小型ヤリイカがダブル・トリプルで乗ってくる時間帯もあり1人50~60尾キープ。パラソル級もぽつぽつ交じったとのこと。釣行した首藤さんは、イカ箱4個を埋めて大喜びだったようだ。

ダブル・トリプルもあった(提供:太陽丸)

北斗丸

6月9日、北九州市小倉の高浜港から出船中の北斗丸は、響灘に夜焚きイカで出船。日によりムラあるが、平均40~50尾と順調に数伸びてきている。人気の釣りなので予約お早めに。タイラバも出船中でマダイ、根魚など良型交え好ヒット中。今後も楽しみだ。

順調に数を伸ばした(提供:北斗丸)

海燕

6月13日、北九州市・小倉港から案内中の海燕が響灘の夜焚きイカ釣りに出船すると、イカメタルで狙った乗船者らは手返し良く釣果を伸ばし、中型ヤリイカ主体にパラソル級も交え釣る人60尾の好釣果。途中から荒天となり、午後10時30分に納竿している。

パラソル級交え60尾(提供:海燕)

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年6月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。The post【響灘】夜焚きイカ最新釣果 ジャンボサイズ交じりで100尾超える日もfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事