Yahoo! JAPAN

堤防フカセ釣りで37cm本命クロダイ手中 冬は午後帯が狙い目?

TSURINEWS

初物のクロダイ(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

清水港へ2022年初釣りに出かけた筆者。クロダイ狙いのフカセ釣りで見事37cm本命をキャッチした釣行をレポート。重戦車級アタリの正体は果たして?

清水港でフカセクロダイ釣り

1月2日、ホームの清水港へ2022年の初釣りに出かけました。狙うターゲットは銀鱗が美しい冬のクロダイです。

清水港は真冬の低水温期でもクロダイが狙えますが、この時期に釣れるクロダイは広範囲を泳ぎ回る綺麗な個体が多い傾向があります。また、エサ取りが少ないので、本命との真剣勝負が楽しめるところも魅力です。

実は、筆者の直近3年の初釣りは全てクロダイ狙い。全ての釣行で結果が出ている記録が残っているので、今年も幸先のいいスタートを切りたいところです。

富士山を眺めながら初釣り(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

午後帯に期待

当日は厳寒期でも釣果が出やすい得意のフカセ釣りで挑むことに。実釣時間は11時から15時ごろまでの4時間ほどではありますが、冬は午後の時間帯に釣果が出やすい傾向があるので後半の2時間がチャンスと予想しました。

前半は我慢の釣りになりますが、アタリがなくてもこまめにエサをまいて魚を寄せることが重要です。

タックルとエサ

今回サオを出すポイントは深場で障害物が多いポイントなので、クロダイ狙いとしてはやや強めのセッティングです。沖を探ると稀にマダイがヒットする場合があるので、ある程度大きな魚にも対応できるロッドとラインの強さが重要になります。

ロッド:メガディスAGS1.25-53
リール:インパルト2500LBD-SH(エコノマイザー使用で糸巻き量調整)
ミチイト:(前半)PEライン0.8号+Bluemodel1.75号(ナイロン、2ヒロ直結)
     (後半)Bluemodel1.75号(ナイロン)
ウキ:00~3B(ウキ止めあり)
ハリス:LEVEL1.75(フロロカーボン、2ヒロ半)
ハリ:グレバリ6号

まきエサ

オキアミ1.5kg
押しムギ200g
市販配合エサ(ベース約1.7kg+ブレンド約700g)

さしエサ

生オキアミ
半ボイルオキアミ

使用したさしエサ(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

二枚潮対策

エサを作り終えたら仕掛けを準備しつつ5杯ほど先にエサをまいておきます。狙いのポイントは沖のカケアガリと足元の岸壁際で、どちらかで必ずアタリが出る傾向があります。筆者が今まで何度も通っている釣り場なのでポイントのクセは熟知しているつもりです。

まずは、00ウキをほぼ固定した状態で上層からゆっくりと沈めていきます。上層の潮は沖に向かって流れていますが、底付近の潮は逆に足元に当ててくる強い二枚潮。ミチイトが上潮に引っ張られてしまうと水中でミチイトが弛んでアタリが分からなくなってしまうので、いつもより穂先を持ち上げてミチイトと水面の接点を減らす作戦に。

同時に仕掛けが底潮に乗ると少しずつ手前に戻ってくるので、少しずつリールを巻いて対応します。

沈め釣りで狙う(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

重戦車級のアタリ到来

12時を過ぎたころ、足元で突然ロッドが胴まで曲がり込む猛烈なアタリが襲います。岸壁の下に向かって突進していきますが、明らかにクロダイの引きではなく馬力も桁違いです。まるで重戦車のようなすさまじい引きになす術なくバラしてしまいました。

正体はハッキリと分かりませんが、恐らくコブダイかイラではないかと予想します。清水港では例年冬から春にかけて不意にヒットしてくることが多く要注意です。

以前釣りあげたコブダイ(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

37cmクロダイ登場

正体不明の大物をバラした後はチャンスタイムに備えてミチイトを変更、仕掛けも3Bウキの沈め釣りに変更しました。

予想が的中し、13時を過ぎたころから潮が緩やかになったと同時にモゾモゾとした怪しいアタリが出始めました。食いが渋いのかなかなかエサを食い込まず、散発的にエサをついばんでいる様子です。

アタリが出ている足元の岸壁際に狙いを絞って粘っていると、ようやく食い込み待望の本アタリが出ました。小さなアタリをとらえると重々しい引きとともに美しい銀色の魚体が姿を見せます。サイズは37cmほどでしたが、初釣りで綺麗なクロダイをキャッチできて一安心です。

今年の初クロダイ(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

最終釣果と今後の展望

その後は残念ながらアタリが続かず、14時半ごろにはエサがなくなったので納竿しました。どうやらキャッチしたクロダイは貴重な1枚だった様子。今後の期待も込めて釣れてくれたクロダイはタモで優しくリリース。釣り座周辺にこぼれたエサをしっかり掃除して釣り終了です。

釣り座を洗って納竿(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

今後の展望

昨年はアイゴの大量発生とクロダイの不調が重なり思うような釣りができませんでした。アイゴも落ち着き今年こそはクロダイの復調に期待したいです。

清水港では他の地域より一足早く2月ごろには乗っ込みシーズンがスタートします。釣り物が少ない時期ではありますが、乗っ込みは清水港のクロダイ釣りの中でも一番アツい時期なので、是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

<杉本隼一/TSURINEWSライター>

The post堤防フカセ釣りで37cm本命クロダイ手中 冬は午後帯が狙い目?first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事