Yahoo! JAPAN

朝と夜が特に冷える……。失敗しない「11月の秋冬コーデ」のポイント5選

saita

朝と夜が特に冷える……。失敗しない「11月の秋冬コーデ」のポイント5選

厚手のコートはトゥーマッチだけど、薄着をするには寒い……。今の季節は「今日何を着よう?」と迷う方も多いのではないでしょうか。今回は、そんな「最高気温16℃」の日を快適に過ごせて、失敗しないアイテム選びのポイントをレクチャーします。

ボリュームタートルニットが活躍

wear.jp

「最高気温16℃」の秋冬スタイルには、ボリュームニットが重宝します。
マフラーを持ち歩くひと手間を省いてくれ、着るだけで首元まで暖かいタートルネックのニットプルオーバーがおすすめです。オーバーサイズのタートルネックは、ゆるっとしたシルエットの効果で体型も広わず、女性らしいフェミニンな印象に。

厚手のニットカーディガンを羽織って

wear.jp

コートを着るにはまだ早くても、朝夜は少し冷えるので、しっかり防寒のできる優秀な羽織りものがあると安心です。
黒やグレーなどの厚手のニットカーディガンなら、着膨れする心配もなく、どんなコーディネートにもなじむ着回し力があるので、オトナ女子は必見のアイテムです。

ロングアウターはマストアイテム

wear.jp

1着身にまとうだけでサマになるトレンチコートなど、さらっと羽織れるロングアウターがあると毎日のスタイリングに悩むことが減ります。
薄手のロングアウターは、着こんでいる印象も出ないのでスタイルアップ効果も!
カラーは、秋冬らしいブラウンやカーキをチョイスしましょう。

ダウンベストも優秀アイテム

wear.jp

小さなお子さんのいるママは、公園など外に出る時間も長くなるので、防寒したいけれど動きやすさも重要ポイントですよね。
ダウンベストなら、暖かく腕まわりがモコモコせず動きやすいです。
そして、軽いので日中に暑くて脱いでいても荷物になりにくいのもポイントです。

ファー小物で季節感を出して

wear.jp

最後にご紹介するのは、小物使いでコーディネートに暖かみをもたせるテクニックです。
インパクトのあるファーバッグを1点投入するだけで、一気に秋めいたスタイリングになります。

さらに、見た目の季節感だけでなく、全体のおしゃれ度を高くしてくれるうれしい効果も♪

***

今の気候だからこそ使えるアイテムを味方につけて、秋冬のおしゃれを楽しみましょう。

画像協力:WEAR

Eri Obata/webライター/PR

【関連記事】

おすすめの記事