Yahoo! JAPAN

写真展 『あつぎの神さま』展示替え 駅東口地下道展示ケース〈厚木市・愛川町・清川村〉

タウンニュース

新しいカットになった写真

相模里神楽垣澤社中と東京工芸大学がコラボレーションした写真展『あつぎの神さま』(厚木市教育委員会主催)が、2月7日から本厚木駅東口地下道展示ケースで行われている。8月31日(火)まで続くが、このほど展示替えが行われた。

同写真展は、郷土に伝わる民俗芸能に関する展示を行うことで、伝統文化に対する理解を深めてもらおうというもの。東京工芸大学芸術学部写真学科の学生が、撮影した相模里神楽垣澤社中の写真を展示。テーマは「福」と「笑顔」という。

撮影は、本厚木駅前北口広場や厚木一番街通り、厚木神社、JAあつぎファーマーズマーケット夢未市などで行われ、同社中の神楽師・垣澤瑞貴さんが天狐や大黒天、獅子舞などに扮して舞いを披露した。

垣澤さんは、「大変でしたが、信頼できる学生カメラマンさんたちと楽しく撮影ができ、二日間の事がとても心に残っています。今回また新たなカットを皆様に観ていただけ、すごくうれしく思います。感動を覚えていただけたら幸せです」と話している。

【関連記事】

おすすめの記事