Yahoo! JAPAN

札幌ラーメン男子“厳選セレクト” ニラ&自家製辣油 オンリーワン麺【らーめん さかい】

SASARU

麻生に店を構える「らーめん さかい」
元寿司職人の店主が営むラーメン店です。スープや具材が自家製なのはもちろん、ご自身で製麺機をも操る職人気質の店主 堺秀樹さん。

今回は、自家製辣油とニラがクセになる「鶏辣油(チーラーユ)」と中華好き必食の「油淋鶏」をご紹介します!

まさに作品!自家製辣油が香る“クセになる一杯”

元寿司職人の経験が光る綺麗な盛り付けの「鶏辣油」(800円)

鶏と和出汁のWスープに“自家製辣油”を加えた一杯です。麺が見えない程たっぷりのったニラとネギが目にも美しく、 釜吊し焼きのしっとり香ばしい焼き豚が中央に盛りつけられています。

注目すべきは、“自家製辣油”
10種類以上の香辛料と4種類の唐辛子+それぞれ別に仕込んだ4種の香味油を合わせて作っている”唯一無二の製法”。惜しみない手間のお陰で「自家製の名に恥じない辣油」に仕上がっているんですね。辛味より旨味が引き立つ味わいに食欲は増進!

堺さんの“ラーメン愛”を感じるのはラーメンの命である「麺」にも。
スープとの相性を考え、ラーメンごとに異なる麺を使用しているんです。

鶏辣油に使われているのは「低加水中細ストレート麺」
3種類の道産小麦をオリジナルでブレンドした“つるぱつ食感”が特徴です。「噛んだ時に“気持ちの良い食感”になる麺を目指しています」と語る店主 堺さん。

丹精込めて作り上げたラーメンは、まさに「作品」と呼べる一杯です!

【中華好き必見】ご飯が欲しくなる“油淋鶏”

ラーメン店のメニューとしてはユニークな「油淋鶏」(3個/340円)
昔働いていた居酒屋での“堺さんの得意料理”だそう。
 
自家製マヨネーズと甘酢ダレに絡んだジューシーな油淋鶏は思わず白いご飯が欲しくなってしまいます。
二度揚げされたサクジュワ衣と、シャキッとネギの食感もたまりません。

「毎日でも食べられるくらい大好きです」と堺さんも太鼓判を押す程ですよ!

自家製辣油の旨味・ニラの食感や風味がクセになる“リピートしたい一杯”でした!
すっきりとした清湯スープと、歯切れのよいシャープな自家製麺はまさにベストフレンド。
中華料理屋に引けを取らない「油淋鶏」もラーメンのお供として頼んでみて下さい!

元寿司職人ならではの「魚×ラーメン」も期間限定で度々メニューに並ぶそうですよ~

「現役ドラマー」でもある店主・堺秀樹さん。大好きなバンドのポーズをしてくれました~!

「こだわりをお客さんに説明できるよう、既製品はできるだけ使わない」という店主 堺さん。

「寿司」から「ラーメン」へと自身のこだわりを表現する“作品”は変わりましたが、料理に対する“職人としての姿”は変えず日々厨房に立っています。

「らーめん さかい」
住所:札幌市北区北38条西5丁目1-57
営業時間:午前11時30分~午後2時30分
定休日:火曜日
Instagram:@ramen_sakai

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

【関連記事】

おすすめの記事