Yahoo! JAPAN

グローバル旗艦店が関西初進出!くら寿司 道頓堀店は「浪速の祭り」がコンセプト!

eoグルメ

グローバル旗艦店が関西初進出!くら寿司 道頓堀店は「浪速の祭り」がコンセプト!

人気回転寿司チェーン「くら寿司」が、2021年4月22日に「道頓堀店」をオープンしました。こちらは東京・浅草ROX店に続く、国内2店舗目のグローバル旗艦店。“浪速の祭り”をコンセプトに、クリエイティブディレクター・佐藤可士和氏が監修した注目店です。和を意識したインテリアや道頓堀店限定メニューなど、注目ポイントをチェックしてきました!

“浪速の祭り”をコンセプトにしたジャパニーズデザイン

道頓堀の御堂筋と堺筋の真ん中辺り、ビルの2階でオープンしたのが、こちらの「くら寿司 道頓堀店」。クリエイティブディレクター・佐藤可士和氏デザインの大きなロゴが出迎えてくれます。

入り口左側には五雲亭貞秀の浮世絵「浪速天満祭」(※国立国会図書館より転載)がドドーンと鎮座。にぎやかな祭りの様子が細かに描かれています。

そして入り口から少し進むと、カラフルな提灯がこれまたドドーンとお出迎え。全85個の提灯が並ぶ様子は壮観です。提灯の色は常に変化しているのですが、たまたま一番いいタイミングといってもいいレインボーカラーで撮れました。日頃の行いのおかげかしら、ありがたや?。

こちらの特徴のひとつが回転レーン周りの席が暖簾のかかったボックスシートの半個室になっていること。コロナ禍の昨今でもあり、うれしい造りになっています。

そして各テーブルの上には裸電球を思わせるLED照明が。これは寿司の原点でもある屋台の雰囲気を醸し出すためのもの。細部までこだわりまくっています。

さらにテーブルにも仕掛けが。着席すればわかりますが、テーブルがすっきりしているのです。これは中央に箸や調味料などを収納できるようになっているから。これまたスマートですわ?。

AIで管理する自動会計、自動案内システムも導入

そしてこちらは入店から退店まで100%非接触型店舗になっています。まずは入り口すぐにある画面のセルフ案内。なんとタッチせずとも反応してくれるので、画面に触れず、スタッフさんを介さず、なんにも接触せずにテーブルまで行くことができます。

そしてテーブルでも非接触は徹底。オーダー用のタッチパネルが用意されているのですが、そこに表示されているQRコードをスマホで読み込めば、なんと自分のスマホからオーダーすることができるのです。これすごくないですか!?

食べ終わったら自分のスマホでお会計、最後はセルフレジにて非接触でお支払い。ここまで一切ノータッチでございます。すばらしい!

ほかにも、レーンで回っているお寿司はカバーに触れずに皿を上にあげれば取り出しできるようになっていたり……。

レーンに小型カメラを設置して、皿数をチェックしているので、スタッフがカウントしなくても正確な皿数がわかるなど、最先端の技術があちこちに取り入れられています。

ちなみにほとんどがテーブル席なのですが、中に少しだけカウンター席も用意されているのです。こちらはお一人様用席。お寿司に集中できそうな造り?!

こちらは3人用……というか3席横並びのカウンター。少人数で気軽にお寿司が楽しみたいというときには、カウンター席もいいかも。

ここだけの限定メニューも登場!?

写真はオープン記念商品として1週間限定で販売されていた、大阪箱寿司などのメニュー。すでに提供は終了していますが、カラフルでおいしそうでしょ? 今後も旗艦店限定商品などが登場する可能性もあるとのことなので、見逃せませんね。

もちろん「極み熟成 まぐろ」、「とろサーモン」、「はまち」といった人気3商品を始め、定番メニューも絶賛販売中です。

充実のスイーツメニューもご覧の通り。ほかにもうどんやラーメンなどのサイドメニューまで、充実メニューがアナタをお待ちしていますよ!

新たにオープンした「くら寿司 道頓堀店」。思わず写真を撮りたくなる浮世絵や提灯などの仕掛けはもちろん、落ち着ける暖簾のついたボックスシート、非接触を徹底した店造りなど、旗艦店の名にふさわしいお店となっております。道頓堀の新たなランドマークとして、今後目の離せない人気店になること間違いナシですよ!

この記事の担当ガイド:グルスク2号(モトクニ・ケイ)

【関連記事】

おすすめの記事