Yahoo! JAPAN

【古町学ことはじめ】さまざまなプログラムを通して古町を学ぼう!|新潟市歴史博物館 みなとぴあ

日刊にいがたWEBタウン情報

 

古町通り、本町通りなどを中心とした旧新潟町エリアを学びの場とし、地域の歴史・文化・魅力を掘り起こす事業が始まります。

7月25日(日)に行なわれる記念講演会の後にも、さまざまなプログラムを予定。

8月7日(土)・21日(土)開催の『古町こども研究所』では、古町通りの商店や古町で働く人々について、今と昔の様子を調べます。
対象は小学生で定員は25人。
申込締切は7月28日(水)です。

9~10月に全3回開催される『この人に聴く“古町の歴史・文化・魅力・今”』では、古町を軸に各方面で活躍する方々に、まちの特徴や魅力を聞きます。
対象は16歳以上で定員は20人。
申込締切は7月31日(土)です。

8月29日(日)、9月12日(日)開催の『湊町再発見“信濃川から町の魅力を探る”』では、ウォーターシャトルに乗船して川から見える風景の歴史をたどり、その魅力についてアイデアを出し合います。
対象は中学生以上で定員は30人。
申込締切は8月20日(金)です。

また、秋には古町芸妓の行列を再現するイベントも開催!

さまざまなプログラムを通して、今こそ古町を学びましょう!!

古町学ことはじめ

開催期間
【古町こども研究所】8月7日(土)・21日(土)
【この人に聴く“古町の歴史・文化・魅力・今”】9~10月(全3回)
【湊町再発見“信濃川から町の魅力を探る”】8月29日(日)、9月12日(日)
会場名
新潟市歴史博物館 みなとぴあ ほか(プログラムにより異なる)
会場住所
新潟市中央区柳島町2-10
料金
参加無料
※参加申し込みはメール、FAX、往復はがきにて。プログラム名、氏名、住所、電話番号を連絡する。応募多数の場合は抽選
メールの宛先:museum@nchm.jp
FAXの宛先:025-225-6130
往復はがきの宛先:〒951-8013 新潟市中央区柳島町2-10 新潟市歴史博物館 みなとぴあ 宛
問い合わせ先
みなと新潟実行委員会事務局(新潟市歴史博物館 みなとぴあ)
問い合わせ先
電話番号
025-225-6111
リンク
http://www.nchm.jp/

備考

【関連記事】

おすすめの記事