Yahoo! JAPAN

真矢ミキ、今年は「“自分と向き合う”貴重な時間を過ごした」 落ち込んだ時はエレカシの曲に励まされて

Techinsight

自分を見つめ直し「本当の意味で強くなれた気がします」と真矢ミキ

12月22日に結婚して13年目を迎えた女優の真矢ミキ(56)。MCを務めていた情報番組『ビビット』が2019年9月27日で終了し、2020年はドラマ、舞台、映画とスケジュールがびっしり埋まっていた。だが今年のコロナ禍で延期や中止が相次ぎ、在宅時間が増えたことで徹底的に自分を見つめ直す作業を行ったという。

真矢ミキ主演の連続ドラマ『さくらの親子丼』(フジテレビ系)の第3シリーズが、12月19日に最終回を迎えた。“食べること”を通じて子どもたちに愛を伝えてきた主人公の九十九さくらと“行き場をなくした人々”との交流を描いた同作品のファンは多く、映画化の話も出ていたという。しかし今年のコロナ禍で制作準備に遅れが生じ、映画の方は一旦白紙になったもようだ。

22日の『真矢ミキ オフィシャルブログ「Have fun!」』では「今年ほど自分と向き合う時間ができた事はない」と2020年を振り返り、あるがままの自分をたたき出して自己診断をしてみたと明かしている。具体的には傾向や思考、自己バランスなどを箇条書きにして並べ、自分がどういう人間でどこが好きでどこが嫌いなのかを分析したのだ。しかし途中でかなり凹んでしまい、“自己肯定本”を買い漁る事態に陥ったもよう。真矢は1979年に宝塚音楽学校に入学してから、1981年に宝塚歌劇団入団し1995年には花組トップスター就任。1998年の退団以降は女優として、ドラマや舞台で活躍するなど常に走り続けてきた。そんな彼女にとって、2020年は“いつにない貴重な時間”を得ることができた年だったという。「何か本当の意味で、強くなれた気がします」との言葉から、真矢はかなり自分を追い込んだのかもしれない。

そんな真矢が、元気が無い時はエレファントカシマシの『桜の花、舞い上がる道を』を聴くそうで「私は今年ずっとこの方々に励まされています」とのことだ。2020年の芸能界では信じられないほど悲しい出来事が次々に起こった。『ビビット』が続いていれば一人の女性として、主婦として、そしてエンターテインメントの世界で生きる者としての率直な意見、感想を「真矢から聞きたかった」という人も多いことだろう。

画像2、3枚目は『【公式】オトナの土ドラ「その女、ジルバ」 2020年10月26日付Instagram「#お宝映像アワード いかがでしたか?」』『真矢ミキ 2020年12月22日付オフィシャルブログ「As it is」』のスクリーショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

【関連記事】

おすすめの記事