Yahoo! JAPAN

人生初のエリアトラウトで54cmニジマス 最初の1尾にビッグワン登場

TSURINEWS

人生初のエリアトラウトでの釣果(提供:週刊つりニュース中部版APC・山根嶺河)

初釣りは新しい釣りにチャレンジしようと思い、滋賀県高島市にあるフィッシングパーク高島の泉へ足を運んだ。最初の1匹がまさかのビッグワンとなった、当日の釣りの模様をお届けする。

エリアトラウトゲームに挑戦

白銀の世界に包まれ、いてつく寒さを感じるようになってきた。年末年始の日本海は大シケ。家でゆっくり過ごそうと思ったが、悲しき釣り人のサガなのか、気づけばサオを握り締めていた。釣りには行きたいが、新年早々危険な目に遭うのは縁起が悪い。そこで前々から気になっていたエリアトラウトに挑戦。

釣行日は1月2日。営業時間前に到着したが、営業初日ということもあり、駐車場は多くの釣り人の熱気に包まれていた。自分も圧倒されないように念入りに準備していると、いつの間にか開園時間の午前7時になっていたため、受付へと向かった。

タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・山根嶺河)

今回は初めてということもあって、4100円の6時間コースで楽しむことにした。あいにく今回は専用タックルをそろえる時間とお金がなかったが、アジングタックルで代用できるとのことだったので、ロッドは碧IUS‐70XULS‐LV、リールは月下美人2004、ラインはナイロン3lbを使用した。

フィッシングパーク高島の泉

高島の泉では、プラグやスプーンの他にバーブレスフックの販売も行っている。またソルト用の小型プラグも、その場でバーブレスフックに交換すれば使えるのも、エリアトラウト初心者にはうれしいポイントだ。

ただし全てのルアーが使えるのかといえばそうではなく、大体の場合レギュレーションが設けられている。そのためプラグのサイズや重さ、形などによっては使えない場合があるので注意が必要だ。

高島の泉では3つの池があり、第1ポンドは小型のニジマスが多く初心者向けになっている。またどの池にもイトウやブラウントラウトなどの大物が潜んでいるので、大物狙いなら6lbぐらいの強めのタックルを用意しておくといいだろう。

最初の一尾がまさかのビッグワン

まずは慣れるために第1ポンドからスタート。受付で購入したワブクラ(クランクベイト)で、スローに表層から中層を引いていくと……、ゴッとしっかり手元まで伝わるバイト。フッキングを決めると、ジジーッとドラグ音が鳴り響く。

予想以上の大物にドキドキと焦りを感じながらも、テンションが抜けないようにやり取りして無事ネットイン。エリアトラウト最初の1匹は、まさかのニジマス54cmだった。

初挑戦で54cmニジマスキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・山根嶺河)

意外と簡単?と思ったのもつかの間、すぐにバイトが途絶えてしまった。正直始める前は「釣り堀やし釣れて当たり前」と思っていたが、いざ始めると想像の何倍も難しく、楽しい釣りだ。

泥沼に片足ずっぽり

スプーンやソルト用プラグを使い、手変え品変えさまざまなアプローチで反応をうかがう。パターンにハマるとパタパタと釣れてくれるが、数匹釣るとまたピタッと釣れなくなる。

ルアーローテしながら最適な釣り方を模索する、これがエリアトラウトの醍醐味なのだと、初心者ながらに感じた。

ローテーションでパターンを模索(提供:週刊つりニュース中部版APC・山根嶺河)

感覚的に、探り探りでパターンを見つける釣りはアジングやメバリングに通ずるものがあるのかも。アジングやメバリングが好きな人は、ぜひともエリアトラウトに挑戦してほしい。気づけば私のように、エリアトラウトの泥沼に片足を突っ込んでいることだろう。

<週刊つりニュース中部版APC・山根嶺河/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年1月21日号に掲載された記事を再編集したものになります。The post人生初のエリアトラウトで54cmニジマス 最初の1尾にビッグワン登場first appeared onTSURINEWS.

おすすめの記事

新着記事

  1. 「綾鷹」本格抹茶ドリンクが発売 ファミリーマート限定

    おたくま経済新聞
  2. 劇団四季ファミリーミュージカル『人間になりたがった猫』がU-NEXTにてライブ配信決定

    SPICE
  3. <実母の自分探し>仕事を引退して暇を持て余すお母さん。60代~の女性におすすめの趣味は?

    ママスタセレクト
  4. トリック・オア・トリート、原点回帰のハッピー・メタルな6th『CREEPY SYMPHONIES』

    YOUNG GUITAR
  5. 松本穂香×ジャルジャル、笑いとカルチャーがコラボした写真集『アイ アンド ランド』発売決定!【コメントあり】

    Pop’n’Roll
  6. 7戦連続0封で2軍防御率0.00!疲労の色見える阪神投手陣の救世主として矢野監督が1軍復帰期待する左腕とは!?

    ラブすぽ
  7. HKT48、<阿蘇フェスティバケーション>出演決定! 田中美久「地元・熊本でのイベントに出演できてとっても嬉しい」

    Pop’n’Roll
  8. 新たな遊び場 創出へ 自治会や企業へ知見提供〈横浜市金沢区・横浜市磯子区〉

    タウンニュース
  9. 阿久和東の老人ホーム 火災時の初期対応学ぶ 消防職員招き訓練〈横浜市瀬谷区〉

    タウンニュース
  10. 新品種米 てんこもり販売開始 生産拡大を期待〈平塚市〉

    タウンニュース