Yahoo! JAPAN

川崎新田ジム伊佐春輔選手 防衛逃すも善戦 日本ユースミニマム級〈川崎市多摩区〉

タウンニュース

パンチを繰り出す伊佐選手(左)(C)山口裕朗

中野島出身で在住のプロボクサー・伊佐春輔選手(24)=川崎新田ジム=は5月10日、日本ユース・ミニマム級タイトル戦で森且貴選手(22)=大橋ジム=に1―2で判定負けを喫した。

若手選手の育成を掲げたタイトルとして、5年前に創設された日本ユース王座。伊佐選手は2021年8月2日の王座決定戦を制し、ベルトを手にした。

東京・後楽園ホールで行われた初の防衛戦。川崎新田ジムの新田渉世会長は「格上の選手相手に周りが驚くほどの善戦をしたと思う。十分に実力を示せたのではないか。今後のさらなる飛躍を期待したい。ジムを背負っていける存在」と総括した。ジムの先輩で堰出身の日本スーパーバンタム級王者・古橋岳也選手(34)も「いい試合だった。伊佐選手の意志を貫く姿勢が見えた。成長を感じた」と称えた。

伊佐選手は試合前の4月7日、母校の中野島小や中野島中、中野島北口通り商店会、中野島商店会などを訪問。「地元の方々からの『頑張って』という応援が大きな力になった」と感謝を表した。えみのき保育園(西生田)でパート勤務し保育士を目指す伊佐選手は、園児から「しゅんすけ先生」と呼ばれ、試合前には応援メッセージをもらったという。「地道に一歩ずつ練習を重ねていきたい。引き続き応援してもらえたらうれしい」と思いを語った。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 沖縄出身と聞いて驚く芸能人ランキング

    ランキングー!
  2. あざとかわいい女性有名人TOP20

    ランキングー!
  3. 欧米に「逆経済制裁」科すプーチン大統領 バックに途上国の共感が...でも、経済面で「中国の半植民地になる」とのエコノミスト指摘

    J-CAST会社ウォッチ
  4. 【ゼクシィ付録】300円でいいの?プーさんの2WAYハンディー扇風機は「風の強さも良い感じ」

    東京バーゲンマニア
  5. 【2022年】メンズ除毛クリームのおすすめランキング10選|人気商品を徹底比較

    360LiFE(サンロクマル)
  6. キッズ用レイングッズ「色も形もタイプ」「気分も晴れ晴れ♪」超使える4選

    たまひよONLINE
  7. “渡韓ごっこ”って知ってる?韓国旅行気分を味わえる「注目のスポット」

    anna(アンナ)
  8. 海のにおいがしてきそう... 「カニのスペシャリスト」が開発したティーバッグが、リアルすぎて戸惑うレベル

    Jタウンネット
  9. 【美瑛町】キャンプなのに雨でも安心!? 観光名所にほど近い「山小屋風の三角屋根ケビン」に泊まってきた

    北海道Likers
  10. スポーツジャーナリスト二宮清純さんに聞く子どもの会話の引き出し方 試合後は「勝った?」より「今日なんかいいことあった?」と聞こう

    サカイク