Yahoo! JAPAN

【東海2021】本流釣り入門解説 尺級アマゴで忘れられない思い出を

TSURINEWS

本流で仕留めた良型アマゴ(提供:週刊つりニュース中部版・松森渉)

春が到来し、各河川が続々と解禁している。今回は尺上サイズの大物を狙う本流釣りについて解説しよう。

本流釣りの魅力

本流釣りには、渓流釣りにはないダイナミックさがある。広大な本流へ長ザオで振り込む。釣れる本流魚は、渓流ではなかなかお目にかかれない良型で、その引きは太く速い流れも加わり、より強く俊敏になる。

40cmクラスのアマゴ(提供:週刊つりニュース中部版APC・松森渉)

中には尺物と呼ばれる30cmオーバーに出会えるのも本流だ。今回はホームグラウンドの長良川での釣りをベースに本流釣りを解説していきたい。

タックル

サオは基本長ザオで、8~9mが基本。本流の規模にもよるが、本流の上流域は8mで細かく探った方が釣果は上がると思う。本流の中流域や下流域は9m、または10mの超長ザオも活躍する。サオの硬さは硬過ぎず軟らか過ぎずが基本。硬調または硬調硬のサオを選ぼう。

タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・松森渉)

水中イトは釣れるサイズが20~25cmまでなら0.2~0.3号のフロロカーボンライン。25~30cmまでなら0.3~0.4号のフロロカーボンライン。それ以上なら0.6号のフロロカーボンラインがいい。

長良川でも尺アマゴやサツキマスを狙うときは、大体フロロカーボンライン0.6号が基準になっている。増水時や場所によっては、0.8号も出番がある。オモリは脱着が容易なゴム張り式のオモリや、オモリ自体にゴムのコーティングが施してあるものが使いやすい。ハリは図を参考にしてほしい。

エサ

本流釣りのエサは、桜が咲くころはカワムシ。キンパクとヒラタが基本的なエサだが、大物狙いならクロカワムシが効く。桜が散り始め、初夏の陽気になり始めたころにオニチョロが効くことがある。クロカワやミミズに比べ、バラシが少なく意外に食いがいい。

憧れのターゲット・サツキマス(提供:週刊つりニュース中部版APC・松森渉)

梅雨入り以降はミミズが基本的なエサになる。ミミズは大きめのものと普通サイズとあるが、よほどの高活性でない限り普通サイズを使うことが多い。大きいミミズはアピール度は高いが、食い込みは普通サイズのミミズがいいと思う。

本流で大物が釣れる時期

本流釣りの最大の魅力は、大物に出会える可能性が高いことだ。しかしシーズン中常に大物が狙えるわけではない。大物が狙える時期は、春の桜が咲き始めたころ。梅雨入りし、川が増水傾向にあるとき。そして秋の台風シーズンだ。

春の桜の咲き始めは大物に限らず、魚が動きだす時期。数も狙えるが大物も動きだす。夏の梅雨入りシーズン6~7月中ごろ。梅雨の影響で川が増水傾向になると尺アマゴ、サツキマスのベストシーズン。アユ釣りともかぶる時期だが、郡上では朝一だけでも大物を狙う人が結構いる。

体高のある本流アマゴ(提供:週刊つりニュース中部版APC・松森渉)

そして本流釣りもアユ釣りも終盤の9月。このころには頻繁に台風が発生する。釣行する河川に台風が上陸しなくても、川が増水することはよくある。こうなると本流で大物を狙う釣り人も減り、狙ったポイントへ難なく入川できる。そして思わぬ大物に出会えることもある。この時期の本流魚は婚姻色が出て、オスは口がシャクれていかつい顔立ちになる。

ポイント選択と着き場

広大な本流でアマゴやヤマメが釣れるポイントや詳しい着き場を見つけるのは、渓流よりも難しいと思う。30cmを超える大物ならなおさらだ。根本的に渓流よりも本流の方が魚影が薄いし、川幅が広く水深もあり絞りにくいのが要因だ。そこである程度本流で魚に出会えるポイントをいくつか紹介したい。

エン堤近辺

エン堤近辺は本流釣りの定番ポイント。時期にもよるが尺超えの大物に出会えるのもエン堤が多い。しかしエン堤下は誰でも分かる好ポイントなので、すぐに釣れなくなる。

そんなときは、エン堤下流にあるちょっとした淵や流れ込みを狙ってみよう。エン堤までソ上してきた魚が、そんな場所でひと休みすることは珍しくない。

エン堤の着き場(作図:週刊つりニュース中部版APC・松森渉)

エン堤下の着き場は、エン堤の流れが落ちた脇と、流芯の流れが遅くなる所。元気のある本流魚といえども、流芯に長く居着いているのは楽ではない。楽にエサが捕食できて居心地のいいの流芯脇の流れになる。

支流の合流点付近

支流の合流点付近は、その支流からアマゴが本流へ出てくる時期がある。そのため魚影が濃いことが多い。それは大きな支流でなくても、小さな谷でも同じなので見逃したくない。着き場はやはり支流と本流が合流する地点と、合流した流れが遅くなる所だ。

大淵または大淵の上下の瀬

大淵は言わずと知れた好ポイントだ。大淵に多くの魚が居着いている。また大淵上下の瀬も狙いめで、増水後に狙うと思わぬ入れ食いになることもしばしば。大淵の着き場は、流れ込みの頭と淵のヒラキ。上下の瀬は瀬肩を手前から攻める。石があれば石の横や石裏が着き場になる。

本流の攻め方

前述したように本流は渓流よりも広く、流れも太いためポイントが絞りにくい。渓流釣りのように下流から上流へ釣り上るスタイルでは、時間がいくらあっても足りない。効率よく攻めるにはある程度ポイントを絞り、そのポイントだけエサを流し、釣れなかったらすぐに車で移動する。

広大な流れに潜む大物と対峙しよう(提供:週刊つりニュース中部版APC・松森渉)

ルアーマンがその攻め方をよくしているが、エサ釣りでも一緒だ。もちろんそのためには、経験値を積まなくてはならない。しかしこれだけは言える。本流では河川工事などで大きく地形が変わらない限り、釣れるポイントは大きく変わらない。つまり毎年同じポイントや着き場で本流魚が釣れるということだ。

もちろん本流では渓流ほど魚影が濃くないので、先行者や前の日になどに釣られてしまっては本流魚に出会えないことはしばしばある。ただ一度釣れたポイントや着き場は、来年も釣れる確率が高いので、忘れずに覚えておきたい。

本流のエサの流し方

本流釣りでは、狙った筋を長くエサを流すのが基本。広大な本流で長ザオを手にした釣り人は、どうしても遠くのポイントへエサを投入しがちだが、エサを流しているサオ先と仕掛けが直角に近い感じで流れていることが重要なのだ。

サオ先と仕掛けは直角に(作図:週刊つりニュース中部版 松森渉)

サオ先と仕掛けが鈍角の角度で流れていると、本流魚がエサをくわえた際にアワセが遅れるし、掛かった魚が大物だとバラしたり、最悪イト切れのトラブルになる。またサオの角度が仕掛けに対して直角に近い角度だと、やり取りもしやすくハリ掛かりもいい。

あとはエサを流すスピード。基本は渓流釣りと同じでいいと思う。しかし大物を狙う際は、少し遅く流すのがコツ。オモリをワンランク重くしたり、目印を水中へ付けて抵抗を増やし仕掛けを遅く流すやり方もある。

本流釣りを楽しもう

本流釣りを志す釣り人は、皆一度は大物に憧れを持つはずだ。尺物を釣ったことがない釣り人は尺物に憧れる。一度尺物を釣り上げた釣り人はその感動を忘れられずにもう1匹、もう1匹とサオを振り続ける。一度ハリに掛かれば本流ザオはひん曲がり、胸の鼓動が鳴りやまない。

尺アマゴで感動を(提供:週刊つりニュース中部版APC・松森渉)

水面に浮いて来た銀鱗に胸の鼓動はピークに達し、タモ入れした瞬間にガッツポーズ。忘れられない一瞬となる。本流には夢がある。感動がある。さあ本流釣りの本格シーズンは目の前だ。忘れられない釣りを求めてサオを振ろう!

<週刊つりニュース中部版APC・松森渉/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年2月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post【東海2021】本流釣り入門解説 尺級アマゴで忘れられない思い出をfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事