Yahoo! JAPAN

ピアニスト辻井伸行、オーケストラを伴った本格的な演奏会を開催「会場一丸となって音楽の喜びと感動を分かち合いたい」

SPICE

(C)Yuji Hori

2021年春、ピアニスト辻井伸行がオーケストラを伴った本格的な演奏会に取り組むことが決定した。

新型コロナウイルスの影響から、予定されていたニューヨークのカーネギーホール、パリのシャンゼリゼ劇場、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールなどの大きな海外公演がすべて中止・延期となり、精神的にも大きなダメージを受けていたという辻井。しかし、ステイホーム中の人たちを励ますために、YouTubeに松任谷由実の「春よ、来い」を無料でアップしたり、オンライン・コンサートにいち早く取り組み、自分にできることを見つけて日々チャレンジすることを心掛けてきた。中でも「春よ、来い」はすでに250万を超える人が視聴し感動の声が多数寄せられるなど大きな反響を呼んでいる。

3月26日(金)~31日(水)には『究極の協奏曲コンサート』でチャイコフスキー「ピアノ協奏曲 第1番」、4月3日(土)には『レ・フレール 辻井伸行 加古隆~THE PIANIST!オーケストラ・コンサート』でガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブルー」他を演奏する。今回のコンサート開催にあたり、辻井よりコメントが到着した。

辻井伸行コメント

新型コロナウイルスによって、国内外すべての演奏会が中止や延期になって1年が経過しようとしています。コンサートができない中、YouTubeやオンラインでみなさんに音楽のすばらしさをお伝えしようとがんばってきましたが、やはりコンサートホールで、みなさんが感動できるように一生懸命演奏することがピアニストである僕の本望であることに変わりはありません。
2021年春、オーケストラのみなさんと一緒についにその時がやってきました。ご来場いただくみなさまにもマスク着用や消毒など、新型コロナへの対策にご協力いただきながらではありますが、会場一丸となって音楽の喜びと感動を分かち合いたいと思います。
みなさん、笑顔でコンサートホールでお会いしましょう。

【関連記事】

おすすめの記事