Yahoo! JAPAN

琵琶湖リレー釣りが面白い ハスゲーム&小アユ釣り堪能【滋賀】

TSURINEWS

婚姻色に染まるオスのハス(提供:週刊つりニュース中部版APC・大宮好騎)

琵琶湖を丸ごと楽しもう!という企画のもと7月4日は琵琶湖の湖北方面へ夏の風物詩であるハス&小アユのダブルヘッダーで釣行してきた。

琵琶湖を丸ごと楽しむ

まず朝はルアーでハス狙い。琵琶湖におけるルアーゲームのニューターゲットとして、最近密かに目をつけていた魚だ。そしてもうひとつは、おなじみ小アユ。お手軽に小アユを釣って、現地で食べてしまおうというものだ。

ハスゲームは広い浜でのんびり楽しめる(提供:週刊つりニュース中部版APC・大宮好騎)

当日の天候は梅雨真っ只中ということもあり早朝の雨雲が通過するのを待ち、午前7時ごろに滋賀県高島市マキノ町に到着。前日から湖北の知内浜オートキャンプ場でキャンプを楽しんでいた長谷川さん御一行と合流し、雨が小康状態となった8時すぎから少し移動して浜でスタートした。

ハス用タックル(作図:週刊つりニュース中部版APC・大宮好騎)

本命ハスにニゴイも登場

開始直後に5cmのヘビーシンキングタイプのミノーで攻略していた今井君がファーストキャッチ。

本命ファーストヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・大宮好騎)

私も当日初ルアータックルデビューの女性アングラーの遠藤さんにキャスティングのレクチャーをしていると、特大ニゴイがヒットしてしまった。散々走り回られてなんとかキャッチ。

レクチャー中にニゴイゲット(提供:週刊つりニュース中部版APC・大宮好騎)

続いて5gのスプーンで、長谷川さんがオスのカッコいいハスをゲット。

河口付近でヒット連発

若干朝マヅメを逃したためか、ちょっと連発した後は反応がイマイチ。波打ち際まで小アユを追い込むハスやニゴイの姿や、沖のアユボールもザワついてるので魚っ気は濃厚だが、ややセレクティブな状況だ。

それならばと、河口付近に移動すると状況は一変。長谷川さんの娘さんの素良さんとルアータックル初挑戦の花村さんはスプーンで初ハスゲット。

ルアー初挑戦でハスゲット(提供:週刊つりニュース中部版APC・大宮好騎)

続いて遠藤さんもミノーで初ハスをランディングして全員安打。

良型ハスをゲット(提供:週刊つりニュース中部版APC・大宮好騎)

フィッシュイーター活気

どうやら浜の個体より河口周りの方がルアーへの反応が良く、各々連発を楽しむ状況になった。時折強烈な引きで楽しませてくれるニゴイも交じり、私は欲まみれでトップウォーターを試してみると、こちらも迫力の水面炸裂バイトが連発。

ニゴイと格闘(提供:週刊つりニュース中部版APC・大宮好騎)

全員大満足でハスの部を終了した。スレっからしのバスよりもイージーにヒットを得ることができ、ファイトもなかなかのもの。認知が進めば必ず人気のルアーターゲットになるだろう。

小アユ狙いで食材確保

そしてお次は小アユ。10時すぎに知内川の上流部へ小移動。

小アユ仕掛け(作図:週刊つりニュース中部版APC・大宮好騎)

昼食のメインディッシュを狙い、皆で流し釣りにて狙っていく。

小アユのアタリは絶え間なく続く(提供:週刊つりニュース中部版APC・大宮好騎)

小アユの姿は目視でそれほど確認できなかったものの、何回か仕掛けを打ち直していると、ギラギラとまきエサに反応したアユの姿が目で確認できた。

小アユ連釣(提供:週刊つりニュース中部版APC・大宮好騎)

全員安定の入れ食い

入れ食いに満足(提供:週刊つりニュース中部版APC・大宮好騎)

まきエサに着いてくれさえすれば、こちらのもの。後はタナの調整のみでこちらはあっさり全員安打。

安定の好釣(提供:週刊つりニュース中部版APC・大宮好騎)

17cm前後の良型も交じり、小1時間ほどで全員のお昼ご飯分をあっさり確保できた。

食べる分はあっという間に確保(提供:週刊つりニュース中部版APC・大宮好騎)

30cm超え良型ハスも追釣

私は途中からお昼ご飯に一品花を添えるため、河川内のストリームハスフィッシングに挑戦。アップストリームで渓流用ミノーやトップウオーターを撃ち込んでいくと、こちらも連発。

30cmを超える良型が釣れ過ぎて、ちょうど食べやすい20cmサイズの確保に苦労したものの、こちらも1匹キープすることに成功できた。

小アユ&ハスの唐揚げを堪能

お昼を少し回ったところで、待望のランチタイム。釣り上げてお腹を出した小アユとハスを、唐揚げにしていただくことに。小アユは言わずもがなのおいしさで、全員大満足。

小アユは安定のうまさ(提供:週刊つりニュース中部版APC・大宮好騎)

そして問題のハス。しっかり揚げたので小骨もあまり気にならず、くさみもゼロ。意外と事前情報より食べやすく美味だったので、今度はハス用に調味料を持ち込んで調理してみるのもアリだと感じた。

前情報を覆す美味さ(提供:週刊つりニュース中部版APC・大宮好騎)

これからはじまる夏休みシーズンから秋まで、ハス釣りのハイシーズンに突入する。浜や河口部は安全でお手軽な上に混雑もなく楽しめるので、ファミリーやビギナーのルアーフィッシング導入には非常にオススメだ。

楽しいWゲームにトライ

釣果自体は朝や夕方のマヅメの方が好反応なので、初めて挑戦するときは釣行時間にマヅメ狙いを組み込んでもらえればハズレはないだろう。加えて携帯ガスコンロや簡易アウトドアクッキンググッズさえあれば、今回のように河川の小アユ釣り(8月いっぱいは楽しめる)とのWゲームで、おいしい琵琶湖の幸も楽しめるので満足できる。

この夏はぜひともこんな気軽なアウトドア&フィッシングプランで琵琶湖を楽しんでみてはいかがだろうか。小アユ、ハスともに詳細は岐阜のフィッシングタックル・カリプソまで。

<週刊つりニュース中部版APC・大宮好騎/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年7月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post琵琶湖リレー釣りが面白い ハスゲーム&小アユ釣り堪能【滋賀】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事