Yahoo! JAPAN

市川猿之助、12月歌舞伎座『新版伊達の十役』特別ポスター公開

SPICE

『十二月大歌舞伎』特別ポスター

歌舞伎座『十二月大歌舞伎』の第一部では、「三代猿之助四十八撰」の一つで、澤瀉屋の家の芸でもある『伊達の十役』に、市川猿之助が「新版」として挑む。このたび特別ポスタービジュアルが公開された。

撮影は、渞忠之(みなもとただゆき)氏。歌舞伎座『六月大歌舞伎』で話題を集めた、市川猿之助の演出・主演『日蓮』の躍動感溢れる特別ポスターも記憶に新しい。

今回の特別ポスターには、猿之助が演じる十役のうちの二役、乳母政岡と仁木弾正が力強く並ぶ。忠義に燃える強い女性・政岡の凛とした姿、妖しさと凄みに溢れる仁木の姿。序幕から登場する二人が、ここから始まる『新版 伊達の十役』の壮大な物語の世界に誘うような奥行きを感じる1枚だ。

このポスターは、歌舞伎座で掲出されるほか、歌舞伎座地下2階の木挽町広場や、1階お土産処「木挽町」などでも販売される。

『伊達の十役』は、文化12(1815)年に四世鶴屋南北が手掛けた作品を、昭和54(1979)年に三代目市川猿之助(現 猿翁)が復活させた人気作。

有名な御家騒動である「伊達騒動」を題材に、一人の俳優が十役を早替りで演じる驚きの演出。台本が残っていないところから創り上げたため、復活ではなく、ほぼ“創作”ともいえる作品で、代表作を集めた「三代猿之助四十八撰」の中でも屈指の人気を誇る作品だ。

伯父の名跡を継いだ四代目猿之助は、コロナ禍での上演時間の制限を逆手にとる新たな挑戦を続けており、「三代猿之助四十八撰」を新演出で上演。8月『加賀見山再岩藤』、10月『天竺徳兵衛新噺』に続き、遂に屈指の人気作『伊達の十役』を「新版」として手掛ける。

特に今回は伯父の代表作といえる『伊達の十役』を、当代猿之助が初めて手掛けることでも注目が集まっている。当月は、名場面の「奥殿」、「床下」をドラマチックな展開で序幕として上演。大詰は「間書東路不器用(ちょっとがきあずまのふつつか)」と題して、『伊達の十役』でおなじみの登場人物が次々と登場しスピーディーに物語を展開する舞踊劇として上演される。

クライマックスまでスペクタクルな演出で魅せ、当代猿之助が十役を華麗な早替りで勤める話題作に注目だ。

【関連記事】

おすすめの記事