Yahoo! JAPAN

アジングロッド流用で管理釣り場(エリアトラウト)に挑戦 入門にはOK

TSURINEWS

アジングロッド流用でエリアトラウトに挑戦(提供:TSURINEWSライター福岡崇史)

人気のエリアトラウトを始めてみたいと思っている方も多いと思う。とはいえ、道具一式をそろえるとなるとまあまあハードルが上がってしまう。そこで今回は、アジングロッドが流用できるかを、実釣検証してみた。

エリアフィッシング用のロッド

釣りブームによりますます過熱している管理釣り場のマス釣り(エリアフィッシング)であるが、大手メーカーは勿論のこと小規模メーカーからも様々なロッドが発売されている。お手頃な数千円で実用的なロッドから魚のバイトを捉えやすくさせる機能をもった数万円のものまで海千山千である。

代表的な特徴

基本的なロッドの性能をルアー別に分類してみると、スプーンなど巻きモノ系の使用をメインに想定されているロッドはバット部分から全体的に曲がる乗せ調子のものが多く、そのバネを利用して軽いスプーンを遠くまで飛ばすことにも寄与している。

一方、クランクベイトやミノー、最近流行りのシャッドプラグの高速リトリーブ(デジ巻き)等で使用するロッドは、積極的に掛けていける先調子に近いものが多い。また、管理釣り場のマス類の習性を利用したスプーンの縦釣りに特化したロッドも、プラグ用のロッドに近いシャキッとした先調子のロッドであることが特徴である。

ターゲットのニジマス(提供:TSURINEWSライター福岡崇史)

アジングロッドの特徴

アジングロッドは基本的には掛け調子のソリッドティップものが多いが、渋い状況下やボートアジングでは乗せ調子のチューブラーティップのロッドが利用されることが多い。

アジングの場合、アジが吸い込んでから吐き出すまでの僅かな間に掛けていくことができる超ファーストテーパーのロッド、渋いときやキャロやフロートリグを扱うときに使用するスローテーパーのチューブラータイプに大別される。

アジングロッド流用で釣行

似ている部分が比較的多いアジングロッドを実際に使ってみるべく、兵庫県猪名川町の北田原ます釣り場へ釣行してみることにした。このエリアは河川を利用した管理釣り場で、最下部と最上部にルアー・フライエリア、中央部にエサ釣りのエリアが設けられている。

場内案内図(提供:TSURINEWSライター福岡崇史)

流用ロッド詳細

今回使用するロッドはティップの部分にチタンを組み込んであるトレバリズム・キャビン410。チタンティプロッドは特に小さなアタリの反響感度がすばらしく、近年ライトゲームアングラーの注目を集めているロッドである。このロッドならばマスの小さなアタリでも逃さないのではないかと考えたためだ。

使用したアジングロッド(提供:TSURINEWSライター福岡崇史)

巻きの釣りでは問題なし

最初は1g前後のスプーンから使用してみたが、巻きの釣りではエリアロッドと遜色なく使用することができた。ただ、マスがスプーンをくわえてすぐに吐き出すようなアタリには少し弱い感じがした。

一方、スプーンの縦釣りでは抜群の感度で、全てのアタリを取ることができた。先調子を活かして縦釣りの細かなシェイキングも可能であった。

プラグではバラシ連発

スプーン以外にクランクやミノーも試してみたが、スプーンに比べて巻き抵抗が大きいことも影響してかヒットはするものの半分はバラしてしまう結果となった。半面、掛かった後の安定感はマスのファイトに負けることなく引き寄せることができた。

大型のマスがヒットしてロッド性能で負けそうな場合はドラグを通常より弱めに設定してロッド性能をカバーするといいだろう。通常であるならばアジングに設定している200~300gでイトが出る程度の設定で大丈夫であった。

流用は可能

午後の半日使用してみての感想であるが、0.4gのマイクロスプーンから3g程度のクランクベイトまで使用しての感想であるが、はじめてエントリーする場合のロッドとしては十分な性能があると感じた。

ただエリアの規模にもよるが、今回訪れた比較的小規模なエリアの場合は6ftまでのロッドの方が取り回しがいいと感じる。また、今回はチタンティプロッドを使用したがスプーンメインだとソリッド、クランクやプラグがメインの場合はチューブラータイプなどもう少し研究が必要とも感じた。総じてサブロッドな使い方が最適ではないだろうか。

北田原ます釣り場の受付(提供:TSURINEWSライター福岡崇史)

<福岡崇史/TSURINEWSライター>

The postアジングロッド流用で管理釣り場(エリアトラウト)に挑戦 入門にはOKfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事