Yahoo! JAPAN

パチンコがやめられない50代男性「30年で1500万円負けてる。“こんな人生で良いはずがない”と後悔するのに行ってしまう」

キャリコネニュース

「自然と足がパチンコ屋に向かってしまう」という声

パチンコに魅了され、大金を失ってしまう人は多い。キャリコネニュース読者からは、

「20年くらいパチンコ・スロットにのめり込んでいます。使った総額は1000万円くらい。借金をした瞬間はやめたいと思いますが、やめようとしても夢に出てきます」(30代男性/派遣社員/年収250万円)
「パチスロ歴は30年、使った総額は5000万円以上。連敗した時はやめたくなる。でも『次は取り返す』の繰り返し」(50代男性/金融・保険系/年収1600万円)

といった経験談が寄せられている。中には、

「パチンコで1000万円以上を使っています。依存症です」(30代男性/不動産・建設系/年収650万円)

とギャンブル中毒に苦しむ声もあった。IT・通信系の会社に勤務する年収900万円の50代男性も「私はパチンコ依存症で、自分では治せない病気なのも分かっている」と打ち明ける一人だ。(文:鹿賀大資)

「いつのまにか自分の心の声がかき消され、次の千円札が飲み込まれて行く」

男性はパチンコ歴30年。生活を苦しめるような借金をしている訳ではない。そのため「パチンコに使った総額は1億円弱、負けた額は1500万円くらいになるが、何となく自分をごまかし続けている」という。

「パチンコをやめたいと思う時は、財布に入れたお金を使い切ってしまった瞬間。帰り道でもすごく後悔する。ネガティブな感情に精神的に参ってしまうことも。『もうやめよう。取り返せるはずがない。こんな人生で良いはずがない』と思うのに、自然と足がパチンコ屋に向かっている」

仕事が終わると緊張の糸が一気に切れ、ストレスからパチンコをしたくなるという。また、使う金額を決めていても守ることができない。一度スイッチが入ると歯止めがきかず、最後の小銭を使い切るまでやめられない。男性は「いつのまにか自分の心の声がかき消され、次の千円札が飲み込まれて行く」という。

「特殊景品を介した換金だけは禁止したほうが良い。もはや遊戯ではない」

最後の千円札で大逆転した経験も少なくないことから「都合よく奇跡を信じてしまう」と男性は述べる。一方で、将来への不安も感じているという。そろそろ定年退職を控える身。年金生活になってもパチンコを続けていれば、たちまち生活が立ち行かなくなるだろう。

「現状ではパチンコが非合法化される気配はない。しかし、最悪の無限ループを断ち切るために、特殊景品を介した換金だけは禁止したほうが良い。金にならない景品では、誰もパチンコなどやりはしないだろう」

男性は「パチンコの何が面白いのかといえば、当たればあぶく銭が手に入るからだ。もはや遊戯ではない」とも書いている。

※キャリコネニュースでは引き続き「パチンコなどギャンブルがやめられない人」や世帯年収300万円台のリアルに関するアンケートを募集しています。

【関連記事】

おすすめの記事