Yahoo! JAPAN

「史実や文化を忠実に守った。全て計算してある」真田広之、渾身の一作に世界中が大絶賛!『SHOGUN 将軍』心血注いだアクションシーン

映画評論・情報サイト BANGER!!!

「史実や文化を忠実に守った。全て計算してある」真田広之、渾身の一作に世界中が大絶賛!『SHOGUN 将軍』心血注いだアクションシーン

戦国の日本を描いたジェームズ・クラベルの小説「SHOGUN」が、『トップガン マーヴェリック』の原案を手掛けたジャスティン・マークスや、名優・真田広之らハリウッドの製作陣により、ドラマシリーズとして新たに誕生。『SHOGUN 将軍』が、Disney+(ディズニープラス)の「スター」にて独占配信中だ。このたび、クライマックス前の第9話が配信されたばかりの本作より、アクションシーンへのこだわりが感じられる特別映像が解禁となった。

真田広之、ハリウッド初主演・プロデュース作

徳川家康をはじめとした歴史上の人物にインスパイアされた「関ヶ原の戦い」前夜、窮地に立たされた戦国一の武将<虎永>と、その家臣となった英国人航海士<按針>、二人の運命の鍵を握る謎多きキリシタン<鞠子>。彼らが繰り広げる歴史の裏側の、壮大な“謀り事”。そして、待ち受ける大どんでん返し。本作は、日本では描ききれない、ハリウッドスタジオによる壮大で圧倒的な映像世界で贈る、陰謀と策略が渦巻く「SHOGUN」の座を懸けた戦国スペクタクル・ドラマシリーズ。

2月27日(火)の配信開始直後、米批評サイト「Rotten Tomatoes」のレビュー評価100%、オーディエンス評価でも100%(2/27時点)を記録する偉業を成し遂げ、Disney+では配信開始から6日間で、900万回再生で歴代1位の視聴を記録。(※1北米では、「Hulu」で配信。※2スクリプテッド・ゼネラル・エンターテイメント・シリーズ作品中)さらに、国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」でも、レビュー評価が5点中4.3(4/15時点)の高得点を獲得するなど、国内外で話題となっている。

『SHOGUN 将軍』© 2024 Disney and its related entities

当時の“侍の動き”を徹底追求!

公開されたのは、本作の舞台裏を収めたメイキング映像。真田広之ら製作陣・キャスト陣が、徹底的にリアルを追求したというアクションシーンへのこだわりを明かしている。

本作でハリウッド作品初主演・プロデューサーを務めた真田広之は、“日本の文化を正しく世界に紹介したい”という熱い想いの元、日本の実力派俳優陣と時代劇経験豊富な専門家たちを揃える事を条件に出したといい、撮影前には徹底した訓練合宿を行った。映像では、そんな真田の高い要求に全力で応えようと、一心不乱に挑んでいたキャスト陣の様子が映し出される。

「史実や文化を忠実に守った。全て計算してある」

専門家の徹底した監修により、刀を使った殺陣のシーンはもちろん、馬術や弓術まで、戦国時代の“リアルな侍の動き”が細部まで表現された本作。中でも注目すべきは、これまで他作品ではあまり描かれてこなかった女性陣の戦い方。第5話以降の後半戦で、男性陣の活躍の裏で躍動した女性キャラクターが印象的に描かれる本作では、それらのキャラクターの虜になる観客たちが続出したが、物語のカギを握る鞠子役を演じたアンナ・サワイは、「戦国時代には女性たちも実際に戦ってた」とコメント。ジャパンプレミア登壇時、本気で挑んだアクションシーンで長刀が半分に折れたり、歯がかけたりしたというエピソードも披露していたアンナは、その撮影において、「女性の侍も訓練を受けるの。戦闘中でも足を開くのは許されないから長刀で距離を保ちつつ戦う」とも話し、ただ激しいだけではなく、一つ一つの所作までも徹底的に再現する必要があったと語る。

そんな渾身のアクションシーンについて、真田は「史実や文化を忠実に守った。全て計算してある」と自信を見せているが、既にSNS上では、「ほんとにドラマのクオリティやばい」「殺陣シーンが本格的ですごかった」「ハリウッドが描く日本の侍の方が10000倍カッコ良い」と絶賛の声が続々。かつてないほどリアルな日本描写が、世界中を興奮の渦に包み込んでいる。

本作のクライマックスが迫る中、最新エピソードとなる第9話が配信。囚われていた大坂城から脱出した虎永が石堂たちに立ち向かう準備を進めるが、いくつもの苦難に襲われ、ついに降伏を宣言。使者として石堂、太閤の側室・落葉の方のいる大坂に向かった按針、鞠子は、裏切った家臣・藪重(浅野忠信)の手引きによって石堂の兵の襲撃を受けてしまう。厳しい戦況に追いやられる中、次第に、これまで虎永の元で忠実に務めを果たしてきた鞠子の硬い決意、そして彼女の使命が明らかになっていく。

そして次回、いよいよ物語のフィナーレを飾る4月23日(火)配信の第10話(最終話)では、虎永が長年にわたって遂行してきた秘策の正体、誰も予想できなかった衝撃の真実、この国への想い、そして未来に向けた壮大な策の全貌が明かされる——。

各キャラクターたちの思惑が交錯し、衝撃の展開で視聴者を驚かせ続けている後半戦。果たして、虎永VS石堂の戦いはどのような結末を迎えるのか?窮地に追い込まれた虎永が、ひそかに計画していた壮大な“謀り事”とは――?!

『SHOGUN 将軍』© 2024 Disney and its related entities

■ここまでの『SHOGUN 将軍』(1話〜8話)
1600年の日本。それまで日本を統一していた太閤がこの世を去り、諸国は五人の大老によって治められていた。関東地方を治める大名、吉井虎永(真田広之)は、大坂城の城主でもある五大老のひとり、石堂和成(平岳大)の策略によって他の大老たちと対立関係に陥ってしまう。

虎永は外国船で漂着した英国人航海士ジョン・ブラックソーン(コズモ・ジャーヴィス)に出会い、言葉のわかる戸田鞠子(アンナ・サワイ)の通訳を得て対面。“按針”と呼ばれることになったブラックソーンは虎永と行動を共にする。

囚われていた大坂城から脱出した虎永は石堂たちに立ち向かう準備を進めるが、石堂は太閤の側室・落葉の方(二階堂ふみ)の後ろ盾を得て他の大老を掌握。兵を失い、我が子・長門(倉悠貴)も失い、打つ手のない虎永はついに降伏を宣言するが、賛成できない家臣の広松(西岡德馬)は切腹。虎永は最側近であり、最も頼りになる広松を失い、さらなる窮地に立たさされる。虎永はすべてを失った。あとは降伏あるのみ。そのことを伝えるため、家臣の樫木藪重(浅野忠信)、按針、鞠子は石堂への使者として大坂に旅立った。

■第九話「紅天」
大坂にたどりついた藪重は貢物として按針を石堂に差し出す。幼少期を共に過ごした落葉の方と再会した鞠子は、石堂に「虎永は1か月後に大坂にやってくるが、その前に虎永の正室・桐の方(洞口依子)と静の方を連れて江戸に戻る」と宣言する。石堂はその要求をはねのけるが、鞠子は自らの命に変えてでも、ふたりを江戸に連れ戻すという。彼女の硬い決意、そして鞠子の使命がいま、明らかになろうとしていた。

■第十話「夢の中の夢」
襲撃によって大坂に動揺が広がるが、五大老は江戸にいる虎永に攻め入ることを決断。按針は藪重と共に虎永の領地・網代に戻る。藪重は謀反の疑いで網代につくと拘束され、切腹を命じられる。そして按針は自分の船が何者かに壊されているのを知り、犯人を探そうとするが虎永に止められる。藪重の切腹の日。介錯を務めることになった虎永は静かに語り出す。それは虎永が長年にわたって遂行してきた秘策の正体、誰も予想できなかった衝撃の真実、この国への想い、そして未来に向けた壮大な策の全貌だった。

『SHOGUN 将軍』(全10 話)はDisney+「スター」にて独占配信中(毎週火曜日に最新話が配信)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. フードコートやBBQ場が新設され、さらに充実! 垂水区の『三井アウトレットパーク マリンピア神戸』が11月の開業を発表 神戸市

    Kiss PRESS
  2. 【その声掛け、大丈夫⁉】“男らしい”“女らしい”って決めつけていませんか? 親が知っておくべき「ジェンダー」のこと[専門家監修]

    こそだてまっぷ
  3. 「真紅の霜降りに魅せられて」(すき楼/長野市)食いしんぼう塚田兼司のこれが旨い!

    Web-Komachi
  4. 空港でスーツケースのサイズを超過した男性、追加料金を払いたくないため仰天行動に(スペイン)

    Techinsight
  5. バブル期からの拝金主義で「他人を思いやることの大切さ」を失った日本人にも警鐘を鳴らしている、台湾映画『オールド・フォックス 11歳の選択』という庶民の物語

    コモレバWEB
  6. 名鉄、西尾・蒲郡線の6000系ワンマン車両に5500系イメージの復刻塗装 7月運行開始

    鉄道チャンネル
  7. 【高知グルメ】蕎麦じゃなくてSOBA!?個性あるガッツリ系メニューが豊富な「GOKU-TUBUSHI」ほっとこうちオススメ情報

    高知県まとめサイト 高知家の○○
  8. DJI、DJI Mavic 3 Enterpriseシリーズの新ファームウェアを公開

    DRONE
  9. 【紀ノ国屋】夏レジャーや旅行に重宝!中身が透けすぎないクリアバッグがかわいい♪【ポーチもあるよ】

    ウレぴあ総研
  10. 日本の伝統芸能に中学生たちがチャレンジ 浜脇小学校で「第16回 西宮・浜脇のふるさとづくり『えびすかき』から『人形浄瑠璃』へ」開催 西宮市

    Kiss PRESS