Yahoo! JAPAN

パラリンピックで注目!「ボッチャ」 住民交流のツールとして人気急上昇

かまいし情報ポータルサイト〜縁とらんす

ボッチャを楽しんだ栗橋公民館事業「みんなの輪交流会」

 東京パラリンピックで日本人選手が金メダルを獲得し、一躍脚光を浴びた競技「ボッチャ」を楽しむ会が6日、釜石市栗林町の栗橋地区基幹集落センターで開かれた。栗橋公民館(栗澤厚博館長)主催の事業「みんなの輪交流会」で、地域住民が体験。新型コロナウイルス感染症岩手緊急事態宣言解除後、初の公民館活動となり、参加した16人がゲームを楽しみながら交流を深めた。

 「ボッチャ」は、脳性まひなどで運動機能に障害がある人向けに考案されたヨーロッパ発祥のスポーツ。パラリンピックでは1988年の韓国・ソウル大会から正式種目になった。国内では97年に日本ボッチャ協会が設立され、全国に広まった。適度な運動量やシンプルなルールから、近年では公式ルールをアレンジしたレクリエーションボッチャも人気で、介護施設やスポーツ交流イベントなどでも楽しまれている。

最初は白い目標球目掛け、球を投げる練習から

1チーム6人(1人1球)で対戦したゲーム

狙いを定めて球を投げる参加者。球の行方に目がくぎ付けに

 競技は、ジャックボールと呼ばれる白い目標球を投げた後、対戦する両者が赤と青それぞれ6球を投げ合い、的となる目標球にいかに近づけられるかを競う。交流会では、レク用にアレンジしたルールを用い、3チームに分かれて対戦した。目標球はじゃんけんで勝ったチームが投げるが、どこに投げるかでその後の戦略も変わってくる。参加者は相手チームの球の位置などを見極めながら、目標球目掛けて自チームの球を放った。

同じチームの仲間とコースを慎重に見極める。戦略も重要なポイント

ナイスプレーに拍手!ボッチャは見る面白さも

 特別な技や体力を必要とせず、誰でも気軽に楽しめるボッチャ。参加者は仲間と戦略を考えるなど頭の体操もしながら、心身ともにリフレッシュ。たくさんの笑顔を広げた。栗林町の藤原成子さん(74)は「久しぶりに体を動かして、すごくいい気分。緊急事態宣言で家にこもっていたから、開放感もあってなおさらね。ボッチャは相手チームとの駆け引きが面白い。チームワークも大事な要素。またやってみたい」と声を弾ませた。

勝利に向け「エイエイオー」。気合い入れでチームの結束を固める

球は投げても転がしてもOK。投球スタイルは状況を見ながら判断

 ボッチャの用具セットを貸し出し、ゲームの仕方をレクチャーする市社会福祉協議会の生活支援コーディネーター高橋和義さんは「東京パラ大会以来、競技の認知度が高まり、市内でも利用予約が急増している。今は断トツの人気」と大会効果を実感。「普段使わない筋肉を遊びながら自然と動かせたり、互いにやじを入れて盛り上がったり。運動、交流の両面で心身を元気にする力があるのがボッチャ。うまくなってくると、みんな熱が入る」と魅力を語った。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. リプトンから新フレーバー登場 れん乳ミルクティー新発売

    おたくま経済新聞
  2. 名張市東田原の水道管漏水 仕切弁のボルト腐食し破損 濁水処理一部続く

    伊賀タウン情報YOU
  3. 異なる環境、言語、文化で育ったサッカー選手が起こす「異なる最適化」とは!?【ダイヤモンドオフェンス/サッカー】

    ラブすぽ
  4. 冬になると憂鬱な子どもの洋服さがし。悩むママに寄せられたアドバイスとは?

    ママスタセレクト
  5. 投球動作で前足を着いてからトップを作ることで生じる強い力を発揮する感覚を養う柔軟性トレ『前足トップ&フォロースルー』とは?【革新的投球パフォーマンス】

    ラブすぽ
  6. 神田伯山、新春連続読み『寛永宮本武蔵伝』完全通し公演が2022年1月開催 一般抽選販売発表

    SPICE
  7. 【BF2042】ラオ|斥候兵・スペシャリスト解説【バトルフィールド2042】

    攻略大百科
  8. 1月に学校を休む場合の注意点とは 【安浪京子先生】

    エデュナビ
  9. 【仙台カフェ】朝から至福のカフェタイム♡コーヒーのサブスクで有意義な1日の始まりを♪〜MacGuffin/青葉区中央〜

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  10. マドンナ、恋人や子供達とエルフの仮装で個性的なクリスマスツリーの飾り付け

    Techinsight