Yahoo! JAPAN

『バイブレーションジグヘッド』解説 フリマサイトで自作品購入もアリ?

TSURINEWS

バイブレーションジグヘッド(提供:TSURINEWSライター井上海生)

バイブレーションジグヘッドというルアーがここ数年注目されています。ありそうでなかったハード&ソフトルアーの融合。その全貌を今回は紹介します。

バイブレーションジグヘッドとは

この手の商品でもっとも有名なのは「VJ」シリーズでしょうか。私もシーバス用に16gを愛用しています。

バイブレーションジグヘッドの祖?(提供:TSURINEWSライター井上海生)

バイブレーションジグヘッドそのものはもう少し前からあったのかもしれませんが、筆者がこの商品に最初に触ったのは10年ほど前です。よってアバウトにではありますが10年の歴史を持つものと考えておきます。

そのあいだにずいぶんと他のメーカーでも新しいバイブレーションジグヘッドが出てきました。人気商品でなかなか目にすることはできませんが、100円均一で200円商品として販売されているヘッドもあるようです。また後述する「ハーフ自作」もできます。

使い方は投げて巻くだけ

バイブレーションジグヘッドの使い方について。いたってシンプルです。バランスのいいサイズ(3inchくらいです)のワームを装着して、あとは投げて巻くだけです。ワームは、対象魚の活性にもよりますが、基本的にシャッドテールの装着をおすすめします。グリグリと尾が回って波動で魚を集めてくれます。

繰り返しになりますが、「投げて巻くだけ」のアクションです。余計な手心を加える必要はありません。かなりアピールが大きいリグなので、妙なことをすると魚に見切られてしまいます。アクションとしてひとつ加えるなら、巻きスピードの変化くらいです。

ただレンジに関してはよく意識してください。魚がどのレンジにいるか、つまりどれくらいの深さに魚がついているかを分からずに投げていても釣れません。ひとつの順序としてデイならばやはりボトムから、ナイトならば表層から引いていくのがセオリーです。

チヌ・キビレも好反応(提供:TSURINEWSライター井上海生)

狙える魚種

バイブレーションジグヘッドの素晴らしいところは、他のハードルアーと比べると格段に魚のアタリが多くなること。やはり半分がワームというところがナチュラルで魚にはなんともいえないエサ感・ベイト感に見えるのでしょう。

シーバス、チヌ、青物、タチウオなどショアからぜひとも狙いたい魚種は、バイブレーションジグヘッドでほとんど一網打尽です。このリグひとつ持っていくだけでこれら中大型魚と出会える可能性が爆上がりします。ミノーイングやメタルでの反応が見られないプレッシャーのかかったエリアでも、ぜひこのリグを通してみてください。

根魚も釣れる!(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ハーフ自作のすすめ

ここからはバイブレーションジグヘッドの「ハーフ自作」を紹介します。

いわゆるVJシリーズですが、特に夏場から秋にかけては、少なくとも筆者の住まう関西圏の釣具屋では買えません。そこでおすすめしたいのが「ハーフ自作」です。本家のものよりかなり値段も安くつく上、簡単なのでやってみましょう。

必要なものは次の5つです。

・バイブレーションヘッド自作品(フリマサイトなどで購入)
・スプリットリング
・トレブルフック(#8~#10)
・スプリットリングオープナー
・魚の目のシール(あればでOK)

一番大事なのは自作品をネットで購入することです。筆者はなんと4個1250円という安さで購入できました。メーカー品が1個1500円することを考えると格安です。

自作品をネットで手に入れる(提供:TSURINEWSライター井上海生)

さて、あとは簡単。購入したヘッドのハリ周りを作っていきます。

アイにスプリットリングを、そしてスプリットリングにトレブルフックを装着します。

ハリ周りを作っていく(提供:TSURINEWSライター井上海生)

これでワームを刺せばほぼ完成なのですが、今回はこだわって魚の目のシールも貼ってみました。

目のシールをつけて完成(提供:TSURINEWSライター井上海生)

どうでしょう?これでばっちりです。メーカー品に遜色しない見栄え。今回は安いトレブルフックを使ったので、リグ単価はワームも含めて500円くらい。これならロストしてもまあ軽いもので、根周りも攻められます。

上手な人が作っている自作品を買って、どうぞハーフ自作も考えてみてください。

<井上海生/TSURINEWSライター>

The post『バイブレーションジグヘッド』解説 フリマサイトで自作品購入もアリ?first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事