Yahoo! JAPAN

漁港でのチョイ投げ釣りで15cm頭にシロギス7尾 根際狙い撃ちが奏功

TSURINEWS

シロギスシーズンの幕開け(提供:週刊つりニュース関東版・野地文雄)

4月9日(土)、静岡県南伊豆の田牛港で、シロギスのチョイ投げを楽しんだ。まだ水温が低めなので、状況チェックを兼ねての釣行だったが、13~15cm級をポツポツではあるが釣り上げることができ、1時間半ほどで7尾をキャッチできたので、その模様をお届けしたい。

田牛港でシロギス釣り

早朝は西伊豆からチェックしてみたが、本命のアタリは皆無だった。それどころか、この時期からクサフグが暴れまわっていた。

早々に西伊豆を後にして、向かった先は南伊豆の田牛港。8時半ごろ到着して、いつもの釣り座には誰もいないことを確認。ただ、ほかにアングラーはおらず、それもちょっと心配。

ポイント図(作図:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

堤防の中ほどに釣り座を構えて、エサのジャリメをハリに刺す。まだ食い込みは悪いはずなので、頭は取って汁を出すために尻尾の先端はカットする。

澄み潮で難渋

最初のキャストは、対岸のスロープ横にある突堤周辺。わずかに左から右へ風が吹いているが、極細PEラインを使っているので、気にならない。

着底と同時にオモリを引き寄せて、仕掛けを軽く伸ばす。少し待ってから、静かに誘いをかける。しかし、反応はまったくない。

タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

気になるのは、いつも以上に澄みきった海の中だ。しかも、以前からあったはずの根がなくなっており、所々に小さな海藻が生えている程度だ。

案の定、アタリはまったくなく、根際のピンポイント狙いに切り替えることにした。今までは根が多く点在していたので、どこを狙ってもアタリがでていたのに……。

根際で本命の気配

風で流れるのを考慮して、仕掛けが根際を通過する位置に投げ込んだ。潮が澄んでいるので、警戒させないように静かな誘いを心がけるようにした。

すると港内の中央にある小さな根の横で、プルンッという小さなアタリ。間違いなくシロギスだ。しかし、かなり小型のようで、ハリ掛かりしなかった。

静かな港内がフィールド(提供:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

同じ場所を狙うと警戒されてしまうと思い、次は根の反対側を通過させる位置に投げ込んだ。すると今度のアタリではハリ掛かりさせることに成功した。

15cm級頭にポツポツヒット

アタリの直後に軽く送り込み、再び重さを感じるように引いてみたら一気に重くなった。これをジワッと寄せるようにしてハリ掛かりさせた。上がってきたシロギスは、いつもの透き通ったきれいな個体だ。いつ見ても、砂の白い場所で釣る同魚の美しさには見とれてしまう。

その後もポツポツではあるが、13~15cm級を釣り上げることができた。1時間半ほどの釣りであったが、7尾。

途中からはクサフグばかりになってしまい、ちょっと残念だった。もう少し水温が安定したら、改めて挑戦してみようと思う。

<週刊つりニュース関東版 野地文雄/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース版』2022年4月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。The post漁港でのチョイ投げ釣りで15cm頭にシロギス7尾 根際狙い撃ちが奏功first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事