Yahoo! JAPAN

御前崎港発のオニカサゴ釣りで本命5匹キャッチ【静岡・御前崎港】

TSURINEWS

本命のオニカサゴがダブルヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・幡野晃彦)

釣友2人に誘われ、御前崎港から昨年11月に続いて2度目のオニカサゴ釣りに出船した。

御前崎港からオニカサゴ釣り

2月2日はあいにくの天候となり、風があって波高2m以上。船酔いを心配しながら、6人の乗合で午前6時半に出港。

釣り座は右側に3人入り、私は一番前。大きく揺れながら、まずは近場のポイントに到着した。

私のタックルは、7対3調子2mのロッドにシマノ3000番の電動リール。ミチイトPEライン3号、リーダー8号2mを結び、60cmのテンビンにオモリ150号。仕掛けは自分で作った5号2mの2本バリ。ハリは大きいムツ26番を使った。エサは船支給のカツオのハラモとタチウオの短冊を準備したが、終始タチウオだけを使った。

ハリは2種類用意して大きい方を使用(提供:週刊つりニュース中部版APC・幡野晃彦)

序盤は低調

潮回りしていた船が止まり、「水深120m。やれる人からやっていいよ~」とアナウンス。大きく揺れるなか、焦りもあって準備もままならない。周りの人もまだ入れていないようだ。

右舷に釣友と並んでサオを出した(提供:週刊つりニュース中部版APC・幡野晃彦)

タチウオの短冊をチョン掛けしてようやく第1投。やや斜めだがスルスルと落ちてオモリが着底。根掛かりが恐いので、素早くハンドルを2回転して1m上げ、仕掛けが落ち着くのを待ってゆっくり誘い上げる。まずはこれの繰り返しだがアタリは全くない。

次の一手として、根掛かりしないので底から50cm上げて様子を見る。底をトントンしながらロッドを持ち上げて誘いを繰り返すが、アタリは出ない。

アタリのない寂しいロッド(提供:週刊つりニュース中部版APC・幡野晃彦)

初アタリでダブル達成

2時間が経過して嫌気がさしてきたとき、やっと誘い上げで初の小さなアタリ。少し間を置いて軽くアワせてみると、かすかな重みを感じた。乗ったようだ。何が付いているか分からないが慎重に電動で巻き上げると、見えたのは小振りだが本命のオニカサゴのダブル。

大声で「ヤッター」と叫びたいところだが、グッと我慢。隣の釣友も同型を上げており、顔を見合わせてニッコリ。

筆者に本命オニカサゴのダブル(提供:週刊つりニュース中部版APC・幡野晃彦)

グッドサイズをゲット

海が若干落ち着いてきたため沖へスローで移動する。水深140m。これはいけるぞとワクワク感いっぱいだ。

探見丸を見ると、底は平らで起伏はない。思い切ってオモリを底に置いて仕掛けをはわせるようにすると、これが功を奏したのか、それとも偶然なのかはっきり分かるようなアタリが出た。

中層でサオ先をたたいたグッドサイズをゲット。ハリを外しながら「いい顔しとるな」と、しばし魚を眺めてからイケスに放り込んだ。

イケスの途中経過(提供:週刊つりニュース中部版APC・幡野晃彦)

誘いでまた大きなアタリ。簡単にハリ掛かりして気分が良い。ドラグからイトが出る。これは大きいぞと思ったが、すぐこれはオニじゃないと分かった。顔を見せたのは、1mほどの茶色に斑点(はんてん)のあるサメだった。ハリを外してやりたかったが、ハリスで切れてしまった。

サオ頭の長谷川さんは8匹ゲット(提供:週刊つりニュース中部版APC・幡野晃彦)

最終釣果

その後もボチボチ釣れて、私は船中2番目の5匹、釣友は8匹と大きなウッカリカサゴ1匹でサオ頭となった。反対側の人は2匹と全体的に低調のようだった。

筆者の釣果(提供:週刊つりニュース中部版APC・幡野晃彦)

納竿の午後1時ごろには日が差してきて、海は穏やかになり気持の良い帰港となった。オニカサゴは三枚にさばき、頭とアラと胃袋はスープ仕立てに、身は刺し身、唐揚げ、焼いておいしくいただいた。チャンスがあったらまた挑戦したい。

三枚におろしていただいた(提供:週刊つりニュース中部版APC・幡野晃彦)

<週刊つりニュース中部版APC・幡野晃彦/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2024年2月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。

【関連記事】

おすすめの記事