Yahoo! JAPAN

『ピアノの森』名シーンが蘇る! 髙木竜馬出演でイープラス presents 『ピアノの森』ピアノコンサート開催が決定

SPICE

イープラス presents 『ピアノの森』ピアノコンサート

2021年8月~9月にかけて、イープラス presents 『ピアノの森』ピアノコンサートが全10会場(11公演)にて開催されることが決定した。

一色まこと原作の大人漫画『ピアノの森』は、森に捨てられたピアノをおもちゃ代わりにして育った一ノ瀬海が過酷な境遇にも負けず、ショパン・コンクールで世界に挑む姿を描く感動の物語。本作は、第12回(平成20年度)文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞、2007年にアニメーション映画化、2018年にはNHK総合テレビにてアニメ化され、2シーズンにわたり放送された。

今回のコンサートは、漫画『ピアノの森』に出てくるピアノの名曲を集めたもの。『ピアノの森』名シーンをトークとピアノ生演奏で振り返り、その軌跡をたどりながらクラシックの名曲に触れる約70分のプログラムだ。出演は、NHK総合テレビ『ピアノの森』にて、主人公・一ノ瀬海の親友でありライバルの雨宮修平メインピアニスト役で出演した髙木竜馬。グリーグ国際ピアノコンクールにて、優勝及び聴衆賞を受賞し、一躍世界的に脚光を浴びている新鋭のピアニストだ。「エリーゼのために」や「茶色の小瓶」、「子犬のワルツ」 「幻想即興曲」 「革命」「英雄ポロネーズ」など学校の教科書やCMなどでも馴染み深い名曲の数々を、作中エピソードや楽曲にまつわる髙木の解説ともに楽しむことができる。

髙木竜馬(ピアノ/RYOMA TAKAGI)プロフィール

髙木竜馬

2018年9月に第16回エドヴァルド・グリーグ国際ピアノコンクールにて、優勝及び聴衆賞を受賞し、一躍世界的に脚光を浴びる。その他にも第26回ローマ国際ピアノコンクールなど、7つの国際コンクールで優勝。2019 / 2020 シーズンでは、東京フィルハーモニー交響楽団東京オペラシティ第126回定期公演、及び千葉市定期演奏会では小林研一郎氏の指揮で、渋谷オーチャードホールに於いては尾高忠明氏の指揮で、どちらも東京フィルハーモニー交響楽団と共演し、全公演満席のもと大喝采を得る。ウィーン楽友協会ホール、ハンブルク・エルプフィルハーモニー、ハノーファー・西ドイツ放送協会ホールでのリサイタルや、エイヴィン・グルベルグ=イェンセン氏指揮・オスロフィルハーモニー管弦楽団、ハンス・グラーフ氏指揮・クリスチャンサン交響楽団との共演など、日本及びノルウェーを始め、ヨーロッパ各地で著名ホールでのリサイタルに出演、主要オーケストラとの共演を果たす。
NHK総合テレビ『ピアノの森』では、雨宮修平メインピアニスト役で出演し、大好評を博す。その他にもTV『題名のない音楽会21』TV『らららクラシック』等々、メディアへの出演多数。故エレーナ・アシュケナージ、故中村紘子、ミヒャエル・クリスト、ボリス・ペトルシャンスキー各氏に師事。渋谷幕張高校在学中に、ウィーン国立音楽大学に合格。大学院を最優秀の成績で卒業し、現在、同大ポストグラデュエート過程に在学。
併せて、イモラ国際ピアノアカデミー開校30年の歴史で6人目となる『マスター』の称号を得て卒業し、同大ポストグラデュエート課程に在学。(公財)江副記念リクルート財団 第35回奨学生。

【関連記事】

おすすめの記事