Yahoo! JAPAN

れんきょう 活動PRのバッジを製作 市民活動サポートセンター等で配布〈秦野市〉

タウンニュース

配布中のれんきょうPR バッジ

はだの市民活動団体連絡協議会(れんきょう・中谷英子会長)がこのほど、活動PRを目的に缶バッジを製作した。市民活動サポートセンターなどで無料配布している。

れんきょうは、秦野市内で活動する市民団体が連携をとりながら、各団体の活性化や活力あふれる地域社会の発展を目指して、2001年9月に発足した。秦野市内でまちづくりの推進や子どもの健全育成、文化などの分野で活動する団体が加盟し、相互交流を行うほか、夏休みなどを利用した中高生のボランティア体験事業なども行っている。21年5月末現在、50団体が加盟している。

07年頃は72団体が加盟していたが、近年は減少傾向にあることから活動PRの1つとしてバッジを製作することにした。

製作数は200個で、れんきょうのロゴマークをあしらった。ロゴは市民活動団体からの公募で作られたデザインで、秦野市の緑豊かな山々や水の豊富な都、市の花などを表している。

バッジは市民活動サポートセンター窓口(市保健福祉センター内)と市市民活動支援課(れんきょう事務局)で配布中。中谷会長は「コロナ禍で活動が制限される中、各団体それぞれの分野で能力を引き出し、今やるべきことを模索しながら活動している。自分の居場所作りや夢に向かっての提案などのお手伝いができれば。気軽にサポートセンターにお立ち寄りください」と話している。問い合わせは市市民活動支援課【電話】0463・82・5118へ。

【関連記事】

おすすめの記事