Yahoo! JAPAN

豆腐はダメなのに『がんもどき』が冷凍可能な理由とは?

オリーブオイルをひとまわし

豆腐はダメなのに『がんもどき』が冷凍可能な理由とは?

がんもどきは、冷凍保存が可能であることを知っているだろうか。大豆製品の豆腐は冷凍保存に不向きであるが、実はがんもどきは冷凍できる食材であることを知ってもらいたい。これから、おすすめしたい冷凍方法や美味しい食べ方を紹介していくので、ぜひ参考にしてほしい。さらに市販の冷凍がんもどきも紹介していくので、日々の料理に役立てていけるだろう。

1.がんもどきは冷凍できる!メリットや保存期間

がんもどきは冷凍可能な食材である。冷凍することのメリットや賞味期限について紹介していく。また、同じ大豆製品である豆腐は冷凍不可なのに対して、がんもどきが冷凍できる理由を説明していくので参考にしてもらいたい。

がんもどきを冷凍することのメリット

がんもどきを冷凍保存すると、食品の劣化を止めた状態で保存することができるので、冷蔵保存と比較すると賞味期限を大幅に長くすることができる。また、安い時にまとめ買いをすることができるので、経済的負担も軽減され家計に優しいというメリットもあるだろう。

冷凍がんもどきの賞味期限

がんもどきを冷蔵保存した場合の賞味期限は、5日間ほどである。それに対して冷凍保存することで、3週間程度保存ができるようになる。食材を無駄にしないためにも、食べきれない分は冷凍保存するとよいだろう。

がんもどきが冷凍できる理由

がんもどきと同じ大豆製品である豆腐は、冷凍することに不向きである。それに対して、なぜがんもどきは冷凍可能なのだろうか。その答えは製造過程にあったのだ。がんもどきは揚げるという製造過程を踏んで作られているので、含まれている水分が少なくなっている。そのため、冷凍しても食感や風味を損なわれないことが大きな理由である。

2.がんもどきは油抜きして冷凍保存が便利

がんもどきの上手な冷凍方法や長持ちさせるコツを紹介していく。また調理済みのものの冷凍方法や、油抜きの有無によっての冷凍保存についても解説していく。

がんもどきの冷凍方法と長持ちさせるコツについて

がんもどきの冷凍方法は、まず熱湯に2~3分浸して油抜きをしてから、ザルなどにあげて水きりをし、さらに水気をよく拭き取っておく。がんもどきを1個ずつラップに包み、しっかりと空気を抜いておくことが大切である。そして保存袋に平らになるように入れ、しっかりと空気を抜いて冷凍庫で保存する。その際に金属トレーにのせるか、冷凍庫内の金属部分にのせると短時間で凍らせることができるので、劣化を防ぎ長持ちに繋がるだろう。

調理済み(煮物など)のものの冷凍方法について

煮物など調理済みのものを冷凍する場合は、1食分ずつ小分けにしておくとよいだろう。また、粗熱がとれてから冷凍庫に入れるようにすることが大切である。

油抜きをせずに冷凍保存は可能であるか

まず、油抜きについて解説していく。油抜きとは、がんもどきの製造の際に表面に付着した余分な油を落とす作業のことを指している。冷凍保存する前に油抜きをしておくことで、調理する際の時間短縮になり便利であるが、実は最近では油抜きせずに冷凍保存しても問題ないとされている。その理由は、近年では油の質が向上していることから、必ずしも油抜きが必須というわけではないからである。しかし油が気になるという場合には、従来通り油抜きすることをおすすめしたい。

3.冷凍がんもどきの美味しい食べ方

冷凍がんもどきの解凍方法や、美味しく食べる方法を紹介していく。

冷凍がんもどきの解凍方法について

冷凍がんもどきを解凍する際は、冷蔵庫に移動させ自然解凍してから、加熱調理をする。

冷凍がんもどきを美味しく食べる方法について

がんもどきを炒め物や焼き物に仕上げる場合は解凍する必要があるが、煮物や鍋物に使う場合は冷凍のまま鍋に入れることができる。そうすることで余計な水分が出ることなく、美味しく食べることができる。

4.手軽に使える冷凍食品のがんもどき

手軽に使える市販のおすすめ冷凍がんもどきをいくつか紹介していくので、参考にしてもらいたい。

味の素株式会社「味の素冷凍食品 まるがんも 1kg(100個入り)」

一口サイズの丸いがんもどきのため、カットすることなく調理することができとても便利である。一口大なので味しみもよく、美味しく仕上げることができる。

有限会社共栄食品「一口がんも 《冷凍》」

素材の味を大事にした、一口サイズのがんもどきである。出汁などで煮て、自分好みの味に仕上げることで、美味しく食べられるだろう。

ジェフダ「なめらかがんも1kg」

豆乳ベースで仕上げた、滑らかな一口サイズのがんもどきである。冷凍のままで調理する場合は、10分ほど煮れば完成するのでとても手軽である。

結論

本記事では、がんもどきは冷凍できるということをお伝えした。より美味しく食べられるように、冷凍の際には上記で紹介した冷凍方法や長持ちさせるコツを参考にしてもらいたい。調理の際は、調理法に合わせて冷凍がんもどきを適切に使用していくことで、より美味しく食べることができる。市販の冷凍がんもどきも、ぜひ有効に使ってもらいたい。

投稿者:管理栄養士 戸田綾子
監修者:管理栄養士 黒沼祐美

【関連記事】

おすすめの記事