Yahoo! JAPAN

ロックゲームで30cm超えキジハタ浮上 フォールに好反応【福井・敦賀】

TSURINEWS

ロックゲームでのキジハタ釣果(提供:週刊つりニュース中部版APC・松尾尚恭)

6月27日、日本海エリアにおける夏のルアーフィッシングの代表的なターゲット、キジハタを狙って福井県の敦賀エリアに釣行した。

敦賀エリアで夏ロックゲーム

6月27日、夏のルアーフィッシングの代表的なターゲット「キジハタ」を狙って福井県の敦賀エリアにロックゲーム釣行へ。6~9月ごろがハイシーズンで、引きが強く食べておいしいためファンの多い魚だ。昼夜問わず釣れる魚だが、一番釣りやすいのは朝マヅメ。まだ薄暗い午前4時ごろから釣りを開始した。

タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・松尾尚恭)

プラグでキジハタ手中

まずは岸寄りの浅場をシャッドプラグでサーチすると、小型ながら今年の初キジハタがヒット。キジハタに限らずロックフィッシュといえば、ワームを使った釣りが一般的だが、クランクベイトやシャッド、ミノーなどを使ったプラッギングが近年にわかに盛り上がりを見せている。

最近はプラッキングも人気(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松尾尚恭)

瀬戸内エリアではクランクベイトが、大型キジハタを釣る切り札としてメジャーな釣り方となっているようだ。これはワームでも釣れる魚を無理にプラグで狙うわけではなく、プラグならではの攻め方や面白さがあり、今後の発展が楽しみな釣り方だ。

沖で本命連続ヒット

その後プラグで狙える浅場では反応がなかったため、沖の深場を狙ってテキサスリグに替えて遠投して探る。するとまずカサゴが顔を出し、続いてキジハタもヒット。これはかわいいサイズだったが、その後すぐにサイズアップの26cmをキャッチ。

アベレージは20〜25cm(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松尾尚恭)

ヒットするのは岸から50m以上先で、手前の近場では何も反応がない。前回、前々回の釣りでも近距離でのバイトはなかったため、岸寄りよりも沖を重点的に狙った方が良さそうな感じだ。だが、エサの小魚に着いて回遊するキジハタはその限りではない。

今度は目の前に豆アジの大群が入ってきたため、ワームをスイミングさせ群れの近くを通すと、一撃で狙い通りにヒット。岸近く、ほんの5m先でのヒットだった。このように普段好む水深や地形を離れてベイトに着いて回る魚は食い気が高く釣りやすいため、小魚の群れは絶対見逃せない要素だ。

フォールに好反応

ここで時刻は8時となり、いったん休憩を入れて次のポイントへ移動した。次は先ほどよりやや水深が深く、移動してからすぐにポンポンと3連発でキジハタがヒット。やはりめいっぱい遠投した先でのヒットで、全てフォールでのタイミングで食ってきた。

スイミングアクションにはバイトがないため、落ちてくるものに反応しているかも、とフォールアクションに優れるワームをセットした。

納得のキジハタ30cm浮上

ロッドで高く跳ね上げてフォールさせるアクションを繰り返していると、狙い通りにフォールでバイトがありヒット。

この日一番の引きで、リールを巻いてもドラグが空転する。根や海藻に潜られないようゴリ巻きでファイト。寄せてくると大きな口がポカンと見えてきて、無事キャッチできたのは陸っぱりでは納得サイズの30cmだった。

当日最大は30cmの良型(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松尾尚恭)

口からタコを吐き出しており、スイミングアクションで小魚を模するより、リフト&フォールで底生のエサをイメージして動かした方が良かったのだと答え合わせができた。

キジハタのハイシーズンは7~8月

半日で8匹、良型も出たため十分楽しめた釣行となり、10時半に納竿とした。これから7~8月はキジハタの最盛期。アツい夏のアツいキジハタ釣りが今から楽しみだ。詳しい釣り方や実績ルアーなどは、私の勤務する岐阜市のCALYPSO(カリプソ)まで。

<週刊つりニュース中部版 APC・松尾尚恭/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年7月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 探検したい子ネコ vs 遊びたい子ネコ。引き留めようとじゃれ合いが始まる。2匹の温度差が…(´ω`)

    PECO
  2. 三月のパンタシア、アルバム収録曲「透明色」リリックビデオ公開&先行配信スタート

    SPICE
  3. 企業がコロナ禍を生き残るための必要条件 コーポレート・トランスフォーメーションとはなんだ?

    J-CAST会社ウォッチ
  4. この構図どこかで見たことあるぞ……。『TENET テネット』とポスターデザインが似ている映画

    ciatr[シアター]
  5. 給食で大人気の「焼プリンタルト」 待望の専用サイトがオープン!

    東京バーゲンマニア
  6. わが子の「思春期の取扱説明書」。あなたの家庭にもありますか?

    ママスタセレクト
  7. 国際宇宙ステーションでどう生活する?宇宙飛行士たちの訓練風景

    おたくま経済新聞
  8. 広めの浴槽はゆったりのびのび。地下なのに明るさ満点の西荻窪『文化湯』

    さんたつ by 散歩の達人
  9. 刑事役がハマっていた女優ランキング…篠原涼子、天海祐希、米倉涼子らランクイン

    ランキングー!
  10. 杉浦太陽、入院してから約1週間が経過「嗅覚が効かなくなってしまったのが気になる」

    アメーバニュース