Yahoo! JAPAN

ジェニファー・ローレンス、ジョン・レジェンド&クリッシー・テイゲン夫妻ら“バイデン新大統領誕生”に歓喜するセレブ達(2)

Techinsight

バイデン氏勝利で、ボストンの街を走り回ったジェニファー・ローレンス

米時間7日、激戦を繰り広げていたペンシルベニア州を制したジョー・バイデン氏が、2020年の大統領選でトランプ現大統領に勝利した。この歴史的瞬間を祝おうとバイデン氏の支持者達が全米各地で歓喜の声をあげるなか、ハリウッドでもSNSに多数のセレブ達が喜びのメッセージを綴っている。

【この記事の他の写真を見る】 【この記事の動画を見る】

■ジェニファー・ローレンス
先月、ポッドキャスト『Absolutely Not with Heather McMahan』に出演し、自身が共和党支持者として育ったこと、そして2008年には共和党候補として大統領選挙に出馬したジョン・マケイン氏に1票を投じたことを告白した女優のジェニファー・ローレンス。しかしその後、自身のTwitterで「オバマ政権を通して、私は自分自身の権利に反対票を投じていたことに気付かされました。(今は)民主党支持者だと、私は誇りを持って言えます」とツイート、勇気あるこの告白は世間の注目を集めた。そんなジェニファーは「バイデン氏勝利」のニュースに興奮を抑えきれなかったようで、米時間7日に再び更新したTwitterに、パジャマ姿でボストンの街を走り回る動画をアップ。

「お一人様用のパーティーを開催せずにはいられなかったの。」

とのコメントに“#comeonbostonletsparty”(さあボストン、パーティーよ)のハッシュタグを添え、喜びと興奮を表現した。

■ジョン・レジェンド&クリッシー・テイゲン夫妻
トランプ大統領のパンデミックへの対応の仕方を「バカげている」「マヌケ者」とメッタ斬りにし、注目を集めた大物歌手ジョン・レジェンドと、日頃から歯に衣着せぬ物言いでトランプ一家をディスりまくった結果、同大統領からTwitterをブロックされてしまったクリッシー・テイゲン。“退屈なミュージシャン”“口汚いその妻”とトランプ大統領にご指名で罵られたこともある夫妻は、このたびのジョー・バイデン&カマラ・ハリスの勝利に、喜びもひとしおのようだ。

クリッシーは7日、自身のInstagramに短い動画を投稿し、ジョンとともにある楽曲に酔いしれる姿をアップしたのだが、それはラッパーYGの『FDT』(Fuck Donald Trump)であった。「くたばれ、ドナルド・トランプ」「ドナルド・トランプなんてクソ食らえ!」と連呼する同曲のビートに合わせて瞑想するクリッシーと、トランプ大統領敗北の喜びを体を使って表現するジョンの動画は現在970万回超の再生回数を記録中で、1000万回に届くのも時間の問題といったところだろう。

ジョンは開票日前夜、激戦州の1つだったペンシルベニア州で行われたハリス次期副大統領の集会に出席しパフォーマンスを披露したのだが、そんな縁もあってか、その後自身のInstagramでフィラデルフィアが民主主義発祥の地であることに言及し、

「最高のやり方で民主主義を示してくれたフィラデルフィアよ、ありがとう!」

とペンシルベニア州民に感謝の気持ちを綴っている。

のちにウェスト・ハリウッドに繰り出したジョンとクリッシーは車のルーフから姿を覗かせながら、街を行き交う人々と喜びを分かち合う様子をTwitterにアップした。

■マイリー・サイラス
最後までファンに積極的に投票を呼びかけていたマイリー・サイラスは、自身の2009年のヒット曲『Party In the U.S.A.』をBGMにした短い動画をアップ。バイデン氏、ハリス氏、そしてトランプ大統領が登場する賑やかな動画に「さぁ、アメリカはパーっとお祭り騒ぎね!」とコメントを付け、バイデン&ハリス両氏の勝利に歓喜の声をあげた。マイリーはさらにInstagramストーリーでも

「向こう4年間、あなた方のリーダーシップのもとで過ごすことを楽しみにしています。」

と新政権誕生に胸を躍らせている。

■リゾ
選挙当日にInstagramで自身のヌード姿を披露し、人々の度肝を抜いた人気シンガーのリゾ。バイデン氏の勝利が確定した7日には、4分強におよぶ動画をアップし、歴史的瞬間に立ち会うことができた喜びを明かしている。感情が高ぶるあまり、はじめの25秒ほどは言葉を発することができず、一筋の涙が頬をつたう。その後「1000年という長き月日にも感じられた、4年間の(トランプ)政権はおしまい」「白人至上主義がこれ以上容認されることはない」とトランプ政権の終わりへの安堵を口にした。またジャマイカ系移民の父、インド系移民の母を持つ初の有色女性副大統領の誕生にも「ものすごくワクワクしている」と興奮を明かしている。

リゾのこの動画は現在370万回超の再生回数を記録中で、その後いつものリゾらしい豪快な笑いとともにジェットスキーにまたがり「さようなら、ビッチ!」と言い放つ爽快な動画の方も、すでに290万回以上再生されている。

トランプ大統領の終焉と新たな歴史の幕開けに歓喜するアメリカ。ハリウッドにおける“バイデン&ハリス・フィーバー”はしばらく続きそうである。

画像3、5枚目は『chrissy teigen 2020年11月7日付Instagram』『Lizzo 2020年11月7日付Instagram「Let’s get to work America」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)

【関連記事】

おすすめの記事