Yahoo! JAPAN

『米じゃないお肉。』おねだりのブツに希望がある柴犬。圧をかけるも願い叶わず、どんどん現実を悟ったお顔に…【動画】

柴犬ライフ

今回は柴犬のおねだりシーンをご紹介。そりゃオーナーさんが隣でご飯を食べていたら気になるでしょう。とはいえあげられないものは多くあります。ということで柴犬とオーナーさんの攻防戦になるのですが、「こりゃ無理だ…」と察したのかどんどん切ない雰囲気に…。

欲しかったのは、米じゃない!

食事中のオーナーさんの隣で、食べたそうにしている白柴のポップ。オーナーさんのごはんをガン見しています。

その気持ちに気付いてもらうべく、前足でちょいちょいとアピール。

しかしなかなか振り向いてもらえません。

すると、ちょっぴりだけ白いごはんをもらえました。

やったね…と思いきや…。

しかしポップは満足していませんでした。

そう、本当に食べたいのはお肉だったのです…!

「お肉…ちょうだい…」

出典:YouTube(白柴ポップ)

ということで必死にアピールを続けるポップ。

キュウンと切ない声が漏れてしまいます。

でも、お肉には人間の味付けがしてあるでしょう。

もらえるのは白いごはんばかり。

結局最後までお肉にありつけなかったポップはどんどん悟ったようなお顔つきに…。

これは、オーナーさんもさぞ食べづらいでしょうね…。

ちゃんとパンをちょうだい。

続いては、オーナーさんが食べているパンが欲しい様子のナナです。

ナナもオーナーさんに気付いてもらうべく、前足でちょいちょいとアピール。

目はもうパンにくぎ付けです。

すぐ前の前にあるのに、食べられないこの辛さ。

その気持ちを汲んであげたのでしょう。

テーブルの上に落ちたパンのくずを集めたオーナーさんは、そのままナナにあげました。

でも本当に食べたいのは…もちろんパンくずじゃなくてパン本体。

諦めきれないナナは、再度前足でちょいちょいアピール。

「パン…」。

出典:YouTube(柴犬ナナチャンネル shiba dog puppy)

でも、オーナーさんは振り向いてくれません。

やはり人間の食べ物ですかもらえないのでしょう。

そして最後はがっくりとうな垂れてしまいました…。

早く、自分のご飯タイムがくるといいね…。

どの子もちょいちょいとわかりやすくアピールしていましたね。

この仕草は本当に可愛いもので、やられた方の心は「ふふふ…♡」な気持ちでいっぱい。

だからこそ、あげられない辛さはなかなかのものなのです。

とはいえ君たちの健康を守っているのだから、わかってちょうだいね…。

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

ベッドに隠すほど宝物の骨ガムを、飼い主におねだりされた…葛藤の末、柴犬の判断は…『貸してあげるよ。』【動画】

【関連記事】

おすすめの記事