Yahoo! JAPAN

【保存版】すっきりお腹をキープ! お腹やせに効果的なエクササイズ

FYTTE

【保存版】すっきりお腹をキープ! お腹やせに効果的なエクササイズ

お腹まわりや下腹が気になる、年齢とともに脂肪が落ちにくくなってきたと感じている人も多いのではないでしょうか。今まで数々の“お腹まわりにアプローチするマッサージやストレッチ法”をご紹介してきましたが、今回はより効果的なものをピックアップしてご紹介します。

お腹やせの効果を感じたエクササイズ

1.ウエストの横を伸ばす

足裏と足裏をくっつける、または、足先を重ねるあぐらをかきながら座ります。日ごろからストレッチを行なっていて股関節がほぐれている人はすぐにあぐらのポーズを行なってもいいのですが、股関節が硬くて、痛みが出る場合はムリのない範囲で行なってみてください。

片腕を伸ばし手のひらを内側に向けて、上げている腕と反対側に上体をゆっくり倒し、わき腹が伸びていること感じながら10秒キープします。

反対側も同じように行い、10秒キープをくり返します。
これを2セット行います。

2.ウエストの横をひねる

片脚は折り曲げて、もう片脚を伸ばして座ります。

お腹まわりをグッと引き締めて、折り曲げた脚側の手で伸ばした脚のつま先をつかみ、ウエストのひねりを感じながら10秒キープします。足先がつかめない場合は、伸ばしている脚のスネなどをおさえる、でもOKです。

反対側も同じように行い、10秒キープをくり返します。
これを2セット行います。

2.全身ストレッチ

このストレッチはできる人、できない人が多い難易度が高めのポーズなので、完璧にやろうとはせずにできる部分だけでも行ってみてください。

片方の脚をくの字に曲げ、もう片方の脚を持ち上げて写真のように腕にかけます。できるだけ姿勢をまっすぐにして、お腹を引き締めて体勢を作るとお腹全体の引き締まり感を実感し、ポーズがとりやすくなります。
この状態を10秒キープします。お腹だけでなく同時に肩甲骨、太もももストレッチされます。

反対側も同じように行い、10秒キープをくり返します。
左右3セットずつ行います。

3.お腹の縦ラインを引き締める

あお向けに寝転び、両脚をまっすぐ伸ばし、腰が反らない高さまで持ち上げます。次に頭を両手で支え、お腹周りはグッと引き締めて、ゆっくり上半身を持ち上げて10秒キープします。
これをゆっくり10回行います。

4.お腹の縦ラインと横ラインを引き締める

あお向けに寝転び、ひざを立てます。

頭を両手で支え、お腹周りはグッと引き締めて、ゆっくり上半身を持ち上げて、戻すを15回行います。回数よりも腹筋に負荷をかけるイメージで行いましょう。

もたもたしたお腹まわりを解消するためには、1.2.3のストレッチでお腹の脂肪を動かして燃焼しやすい状態にし、お腹まわりの筋肉を呼び起こすこと。そして、4.5のエクササイズでお腹まわりの筋肉に負荷をかけて引き締めることが大切です。

お腹まわりをなんとかしたい! と感じている人は、仕事合間の休憩や夜の時間を活用してとり入れてみてくださいね。

【関連記事】

おすすめの記事