Yahoo! JAPAN

マッチングアプリのプロフィール修正ビジネスを立ち上げ 月100万円稼ぐ女性(米)

Techinsight

多数の依頼が殺到し、ビジネスとして立ち上げることに(画像は『Mirror 2021年6月12日付「‘Female Hitch’ earns between £5,000 and £7,000 a month ‘fixing’ people’s dating profiles」(Image: Chloe Gray / SWNS)』のスクリーンショット)

直接人と出会う機会が大幅に減った昨今、世界中でマッチングアプリを利用する人が増えている。これをチャンスと捉えたアメリカ在住の女性は自身のスキルを活かし、プロフィール欄に載せる写真などのアドバイスを行い、修正するビジネスを立ち上げた。これが予想外の反響を呼び、現在は月に100万円を稼ぐこともあるほど大盛況だという。『Mirror』などが伝えた。

米ニューヨーク州オレンジ郡ミドルタウン在住のクロエ・グレイさん(Chloe Gray、24)は2019年、ベビーシッターとして雇ってくれていた家族がアメリカを離れることとなり、新しい仕事を探さなければならなかった。しかしなかなか見つからず、貯金が底をついて家賃などの支払いが苦しくなってしまったという。

「当時の銀行預金は約33円(33セント)しかありませんでした。食費もままならなかったので、持っていた服を売ってお金を作り、数週間にわたってラーメンだけの生活を送っていましたよ。」

ぎりぎりで生活していたというクロエさんはこの状況を何とかしようと考え、過去に友人のマッチングアプリのプロフィール作成を手伝ったことがあり、それを活かそうと思いついたのだ。

試しに掲示板サイト「Reddit」に投稿して修正依頼を募集してみると、予想外に多くの反応が返ってきた。

「最初の2週間は一日12時間を使い、1時間約550円(5ドル)で働いていました。そして今度は1時間約1100円(10ドル)で募集すると、それでもたくさんの依頼があったんです。」

「それが6か月も続き、『これが今の私の仕事なんだ』って気付いて驚きましたね。」

そのように振り返るクロエさんは「クロエのアドバイス(Advice by Chloe)」という会社を立ち上げ、本格的にビジネスを行っている。

プロフィールの編集は約5500円(50ドル)、そして約1万3000円(120ドル)を支払うと「ポケット・クロエ(Pocket Chloe)」というコースを選ぶことができ、朝9時から深夜12時までクロエさんと直接テキストメッセージでやり取りできるそうだ。

メインの顧客はアメリカやカナダのストレートの男性が多いそうだが、オーストラリアやイギリス、インド、中国そして日本からも依頼があり、年齢、性別、志向も様々だという。

「クライアントの中には65歳で妻と離別し、初めてマッチングアプリの世界に飛び込もうとしている人や、なぜ誰ともマッチしないのか分からないという30歳の男性もいますよ。」

「プロフィール写真には鍛えた体だけを強調しているものや、45歳で『若くてイケてる』と本人が思うTシャツを着ているものもありましたが、全然イケてないし、むしろ不気味でしたね。」

「ある人は複数のプロフィール写真全てにおいて、ただ腕を横に垂らして無表情で写っているのもありました。連続殺人犯のような見た目でしたよ。このように、特に男性は写真でのポーズや笑い方を知らない人が多いのです。」

大勢のプロフィールを見てきたことで、多くの知識と経験を培ってきたクロエさんは、これまでに2組の結婚と1組の婚約にまで導いたという。このビジネスにより、現在は月に約77万5000円(5000ポンド)、多い時には約108万円(7000ポンド)を得ているそうだ。

新しいビジネスで大成功したクロエさんは、事業への熱意を次のように語った。

「似たサービスはたくさんありますが、その多くは実用的なスキルを教えていません。私のサービスでは顧客を食い物にするようなことはなく、クライアントが教えたスキルを使えるようになることを目指しています。」

画像は『Mirror 2021年6月12日付「‘Female Hitch’ earns between £5000 and £7000 a month ‘fixing’ people’s dating profiles」(Image: Chloe Gray / SWNS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

【関連記事】

おすすめの記事