Yahoo! JAPAN

スロージギングで高級魚『アラ』連発 3.8kg頭に5匹【石川・諏訪丸】

TSURINEWS

スロージギングでの釣果(提供:WEBライター・村山雅治)

7月17日、石川・輪島沖へスロージギングでアラを狙って釣行。前回は2匹に終わって悔しい想いをした。しかし、今回は3.8kgを頭に5匹を得ることができたので、レポートしたい。

『幻の魚』アラとは?

「アラ」という高級魚をご存じだろうか?九州ではクエのこともアラと呼ばれているためよく間違われるが、クエとは違う魚である。アラとはスズキ目ハタ科の魚であり、クエととても良く似ているためよく混同される。どちらも高級魚として知られており、アラは北海道から九州南部の太平洋側、青森から九州南岸までの日本海側で生息が確認されている。

水深70~400mの中深海の岩礁部に生息しており、なかなか漁獲されないことから「幻の魚」と呼ばれている。群れで生活しないことと、絶対数自体が少なく、釣りでは中深海スロージギングでもめったに上がることがないとされている。また、市場にもあまり出回らず、びっくりするような値段が付くことがあるが、その値段に見合う旨さがあり、特に刺し身、しゃぶしゃぶなどは絶品である。

前回のアラのスロージギングでの釣果は、3.8㎏を筆頭に2匹だけであった。それほど数釣りするのが難しい魚である。

輪島沖スロージギング

輪島沖のスロージギングで釣れる魚種は多彩で、様々な魚が釣れている。アラを筆頭に、オキメバル、タヌキメバル、カガミダイ、真フグ、タチウオ、ムシガレイ、スルメイカといった魚たちだ。シーズンとしては、6月から8月一杯までがメインになる。

輪島沖は魚種多彩(提供:WEBライター・村山雅治)

スロージギングの釣り方

スロージギングはその名の通り、ゆっくりとしたピッチでスローにジグアクションを加える釣りで、普通のジギングとは違っている。

ジグのアクション

ゆっくりとしたピッチでのアクションとして、まずはジグが着底したらイトふけを取り、根掛かりを回避するためにロッドを高く持ち上げ、ジグをゆっくり落とすと同時に3回転ほどリールを巻く。

その後ロッドをゆっくりと持ち上げ、素早く下ろすと同時にリールを半回転、もしくは1/4回転のピッチで巻く。ロッドを上げる時は垂直になっているジグが、ロッドを下ろして潮の流れに乗せてフォールさせる時にジグの向きは横向きになる。つまり、スルメイカが横向きに泳いでいる動きをさせるというイメージだ。

そして、底から3m~5mまでの範囲でフォールアクションを加えつつ探って行く。

アタリとやり取り

アタリについては、ジグを落としているときにイトふけがとれなくなったり、一気に引き込むアタリが出たりなど、千差万別である。

また、アラなどや中深海の魚種とのやり取りではパワー勝負となるので、ヒットしたらラインにふけや溜めをなるだけ作らないように、一気にリールを巻き上げるべきである。ただし、フッキングが甘いと途中でバレてしまうので、フックとしてはあまり太くはなく、なおかつ鋭さを持たせたバーブレスのフックがおすすめである。

当日の状況

7月17日(金)は、4時に出港~15時帰港の予定でアラ釣りに行ってきた。お世話になったのは前回同様「諏訪丸」、輪島ではかなり人気の釣り船で、県外からも多数の方が来られている。釣行エリアは輪島沖230~260mの深度のエリアを流していった。そのためリールには、最低限300mのラインが巻かれていないと対応できない。

当日の天候は、曇りのち晴れ、波高0.5~1.5m前後の凪の状況で、風速2~3mの涼しい風が吹いており、うねりさえなければ非常に釣りやすい状況だった。北陸圏で釣れるアラは3㎏以上となると大物、1.4㎏以上のサイズを良型、それ以下を小アラと呼んでいる。

朝日を受けて出船(提供:WEBライター・村山雅治)

当日のタックル

当日用意したタックルは以下の2つだ。

1.ロッド=ゲームタイプスローJ、リール=シーボーグ300J-L、PEライン=クレイファイヤーライン1号、リーダー=25lb
2.ロッド=グラップラー タイプLJ、リール=オシアジガー1501PG、PEライン=クレイファイヤーライン1号、リーダー=25lb

ジグは280~450gを状況によって変更していくが、メインは330~350gのロングジグとした。平ジグは潮の流れが止まっている、またはオマツリが少ない時に使用した。

当日のタックル(提供:WEBライター・村山雅治)

ロングジグで良型アラが連発!

まずは潮の流れを確かめるために280gの軽い平ジグからスタートし、フォールアクションで食わせる作戦でスタートした。しかし、着底するまでに船の下の方に流されてしまい、潮の流れが速く非常に釣りづらかったため、開始後30分で330gのロングジクに変換し、電動リールで深さを確認した。

ロングジグに変更して、1/2ピッチのスローアクションでジグをゆっくりとスローにフォールさせるアクションを加えながら、着底から3~5mの範囲をネチネチと探っていくと、10分後にはヒット!「この首を振る引きはアラの引きだ!」と確信した。約5分間のファイトのち、上がってきたのは3.2㎏の良型のアラだった。

そしてその30分後には、2.9㎏がヒット!船中でもぼちぼち釣れ始め、アラ祭りといった状況になったような感じだった。

さらに、10時近くには2.4㎏をヒット!!前半の4時~10時までの間だけで、3匹の良型のアラをキャッチすることができた。

後半の作戦

後半に入ってから、全く同じジグでは食わなくなってきたので、頻繁にジグの変更を心掛けた。使用したジグは主にBOETのスロージギング用ジグ300g台のジグである。このジグはゆっくりシャクったのちに、フォール時に横を向いた形で安定し、ベイトのように誘う傾向があるため、非常に使いやすい。

後半部も、ジグアクションは前半と同じ作戦で探ってみる。すると、11時30分前後にはヒット。「この首を振る引きはアラに間違いない!!やったぜ~!」と一気に巻き上げていると、急にふっと軽くなってしまい、本日初めての痛恨のバラシ。

当日最大3.8kgをキャッチ

ソルティガのバーブレスの#3サイズでのアシストフックを使っていたが、ちょっとフックが太すぎて完全にはフッキングできなかったんだろうと感じた。この経験から、「アタリがあったら一気に巻き上げ、完全にフッキングさせること」が中深海スロージギングではバラシを減らす方法の一つだと心得るべきである。

それから、同じようなジグアクションで14時の終了間際までに本日最大の3.8㎏と2.4㎏の2匹を追加することができた。

当日最大は3.8kg(提供:WEBライター・村山雅治)

そして、14時の終了間際にヒット!「最後に持っているぜ!!」と喜んでいると…、これもまた残念ながら、巻き上げ途中での大バラシ!いかにアシストフックの選定が大事かと言うことを思い知らされた一日になった。

本日の最終釣果

この日の釣果は、本命のアラは5匹(3.8㎏、3.2㎏、2.9㎏、2.7㎏、2.5㎏)、ほかにオキメバル3匹、カレイ1匹、スルメイカ2匹という内容だった。

<村山雅治/TSURINEWS・WEBライター>

【関連記事】

おすすめの記事