Yahoo! JAPAN

犬に絶対与えてはいけないおもちゃ5選 思わぬ事故を引き起こす危険な玩具とは?

わんちゃんホンポ

安全性を考慮して!犬のおもちゃ選びのポイントは?

皆さんは愛犬に与えるおもちゃを選ぶとき、どのようなポイントを見て決めていますか。おもちゃを選ぶ際は安全性を考慮した選び方が重要です。

✔犬が思いきり噛んでも壊れにくいか
✔犬の顎や歯に負担がかからないか
✔愛犬の口に大きさが合っているか
✔シンプルな作りになっているか

基本的にはこの4つのポイントをまず見極めてください。

例えば、小型犬と大型犬では噛む力の強さや口の大きさが異なります。愛犬の力の強さや体格などに合ったおもちゃを選びましょう。

思わぬ事故に発展も…犬に絶対与えてはいけないおもちゃ5選

犬に合っていないおもちゃを与えてしまうと、思わぬ事故に発展して窒息や腸閉塞を引き起こす危険性が高まります。ここでは犬に絶対与えてはいけないおもちゃを紹介するので、購入しないよう気をつけましょう。

1.口に適していないサイズのおもちゃ

愛犬の口に適していないサイズのおもちゃは、さまざまな危険性があります。例えば、口にすっぽりと入ってしまう大きさの場合、口内を傷つけたり誤飲による窒息事故を引き起こすことも。

また、大きすぎるおもちゃも顎に負担をかけてしまう恐れがあるので、なるべく愛犬に口にすっぽり入らない程度の大きさのおもちゃを選ぶようにしましょう。

2.耐久性の低いおもちゃ

犬に耐久性の低いおもちゃは絶対に与えてはいけません。犬用おもちゃとして販売されているおもちゃの中にも、耐久性の低いものが多く流通しているため、飼い主が直接見て選ぶことが重要です。

耐久性の低いおもちゃは、犬が夢中で遊んでいる間に壊れてしまいます。破片で怪我をしてしまったり、中から出てきた綿を誤って飲み込んでしまったりと、思わぬ事故に発展する恐れがあります。

3.硬すぎるおもちゃ

耐久性の低いおもちゃは絶対に与えてはいけませんが、あまりにも硬すぎるおもちゃも歯がかけてしまったり、顎の関節が外れてしまうなどのリスクが考えられます。

実際、硬すぎるおもちゃで遊んでいたところ口内に怪我を負い、歯の神経に悪影響を及ぼしてしまい手術を余儀なくされたというケースも報告されています。

耐久性はとても重要なポイントですが、あまりに硬すぎるおもちゃも危険なので、壊れにくく硬すぎない耐久度の高いゴムやコットン素材のおもちゃを選ぶと安心です。

4.人間のこども用のおもちゃ

人間のこども用のおもちゃも愛犬が楽しんでくれそうだからと、子どものお古のおもちゃを与えている飼い主を見かけます。しかし基本的に、人間のこども用のおもちゃは耐久性が低いため、すぐに壊してしまう恐れがあります。

壊した際に飛び出た破片で怪我をしてしまったり、誤って小さな部品を飲み込んでしまう恐れもあるので気をつけてください。

5.ジャラジャラと装飾が多いおもちゃ

デザインを重視するあまり、装飾が多いおもちゃが販売されていることも稀にあります。特に手作りのおもちゃを販売しているフリマアプリなどで見かけることが多いです。

装飾が多いおもちゃは犬がパーツ部分を壊しやすく、また外れた装飾を誤飲してしまうリスクが高まります。なるべく装飾のついていないシンプルなおもちゃを選んであげましょう。

まとめ

いかがでしたか。犬におもちゃを与える際は、今回紹介したような絶対に与えてはいけないおもちゃを避けて選びましょう。愛犬に適したおもちゃを与えることで、おもちゃも長持ちしますし、愛犬の安全を守ることにもつながります。


(獣医師監修:寺脇寛子)

【関連記事】

おすすめの記事