Yahoo! JAPAN

紅白の司会ぶりが良かった芸能人ランキング

ランキングー!

写真:ZUMA Press/アフロ 紅白歌合戦の司会ぶりがすばらしかった歴代司会者ランキング

2021年の「第72回NHK紅白歌合戦」は、女優の川口春奈さん、俳優の大泉洋さん、和久田麻由子アナウンサーの3名が司会に大抜擢!
出場歌手の多さや、入念なリハーサル、電話帳並みとウワサされる厚さの台本…国民的番組なので、幅広く愛される魅力や話題性と共に、かなりの力量が求めらる紅白司会。今回は、そんな司会ぶりが素晴らしかった歴代紅白司会者をランキングでお送りします!

※2021年より「紅組司会」「白組司会」「総合司会」という呼称を全員「司会」に統一することになりましたが、記事内では過去に発表されたとおりの呼称で記載しています。

1位に輝いたのは…!

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

【紅白歌合戦の司会ぶりがすばらしかった歴代司会者ランキング】

第1位 綾瀬はるか(紅組)
第2位 ウッチャンナンチャン・内村光良(総合)
第3位 大泉洋(白組)

(4位以下は『ランキングー!』サイトに掲載中)

調査方法:株式会社CMサイトがインターネットリサーチした結果を集計。
※有効回答者数:10~50代の男女(性別回答しないを含む)8480名

テレビの前で応援したくなる!1位は綾瀬はるかさん!(紅組)

<投票者のコメント>
「天然な司会ぶり、また紅白で見たいです!」

「嫌味がない、好感度が高い、面白くて性格の良さが分かる。自然体でいて実は華やかでいいですね」

「緊張感ただよう紅白の現場をリラックスさせていたと思う!」

紅白歌合戦の司会ぶりがすばらしかった歴代司会者ランキング、見事第1位に輝いたのは、2013・15・19年と3回紅組司会を務めた綾瀬はるかさんでした!朝ドラヒロインが抜擢されることが多い紅組司会。2010年以降の紅組司会で朝ドラヒロイン出身でないのは綾瀬さんだけです!
ソツなくこなすというよりも、天然でいつ何が起こるか?と目が離せない綾瀬さんの司会。それでも一生懸命取り組むのが可愛らしくて、見守りたいし応援したくなるんですよね!初司会の2013年に復興ソング「花は咲く」を涙をこぼしながら熱唱する姿にも、胸が熱くなりました!


お父さんのような温かさ!2位はウッチャンナンチャン・内村光良さん!(総合)

<投票者のコメント>
「紅白の司会は大変だと思うけど、ウッチャンの司会だと面白いし人に不快な気持ちにはさせないので、今年の司会もウッチャンがいいな」

「柔らかく穏やかなしゃべり方で耳馴染みがいいし、何より面白いから」

「まとまりが出来るから、安心して楽しめる!」

2017年から4年連続で総合司会を務めたウッチャンナンチャンの内村光良さんが第2位!総合司会はNHKのアナウンサーが担うことが多く、芸人で総合司会を務めたのは1983年のタモリさん以来34年ぶり。内村さんの司会は、本当に優しく包み込むようで、若手アーティストを親戚の子を見守るように寄り添ったコメントが印象的。さらに2017年に欅坂46 と「不協和音」でコラボダンスを披露した時には、激しいパフォーマンスをこなしたメンバーを気遣う姿が感動を呼びました!


持ち味を存分に活かした司会!3位は大泉洋さん!(白組)

<投票者のコメント>
「ちょっとまじめ、ちょっとおふざけがいい感じ」

「カチッと型にはめない、どこかゆるさがあるところが良かった」

「トークに他の人にはない魅力があって観ていて楽しい!」

2020年に白組司会を務めた俳優の大泉洋さんが第3位にランクイン!史上初の無観客開催となった紅白歌合戦。司会でありつつも視聴者目線でのリアクションも多かった大泉さんに、無観客の会場が寂しくならないよう盛り上げてくれて良かった!という声も。大泉さんの持ち味である、ゆる~く自由なトークが総合司会のウッチャン、紅組司会の二階堂ふみさんの確実で安定した司会ぶりとベストバランスでした!

さらに2021年は2年連続で2回目の司会に大抜擢!今年の司会っぷりも楽しみですね!

4位以下は広瀬すずさん(紅組)や、嵐(白組)、有働由美子さん(紅組)などがランクイン!

【関連記事】

おすすめの記事