Yahoo! JAPAN

【糸島・白糸】四季折々の美しさを手軽に楽しめる「白糸の滝」

meets糸島

「白糸の滝」は、糸島にある数々の滝の中でも特に有名です。

筆者が糸島に来てから初めて訪れた滝も、こちらの滝でした。

白糸の滝は他の滝に比べて気軽に美しい自然を体感できるだけでなく、ヤマメ釣りやそうめん流し、あじさい祭りなどさまざまなイベントも楽しめます。

「滝ってどんなところだろう。行ってみたい!」という方には、白糸の滝はとてもおススメです!

美しい自然の中で繰り広げられるヤマメ釣り、そうめん流し、あじさい祭り。滝を気軽に楽しむなら「白糸の滝」

アクセス

白糸の滝は、JR筑肥線の筑前前原駅から車で約30分

他の交通手段としては、筑前前原駅の南口発の糸島コミュニティバス(白糸線)で1時間13分かけて行くという方法があります。

車で行く場合、滝の近くの道がかなり狭くなっているので、対向車とすれ違う際などは十分な注意が必要です。

駐車場・営業時間

車で約30分かけて、白糸の滝に到着しました。

白糸の滝は山中にあり、自然が豊かなところです。

駐車場は広く、60台以上は停められます

休日や長期休暇の時期は混雑が予想されるので、時間に余裕を持って行きましょう。

筆者が訪れた日は9月の平日だったのですが、大学生や子ども連れの家族などが多く、思っていた以上に賑わっていました。

駐車場に、白糸の滝の「開館時間」が書いてあります。これは滝付近の屋台などの営業時間なので、滝自体はいつ行っても見ることができます。

通常は午前9時から午後5時まで、7〜8月は午前9時から午後6時まで営業しているとのこと。

12〜3月は午前10時から午後4時まで営業しており、水曜日と年末年始は定休日のようです。

風情のある道の先には、屋台がある

それでは、白糸の滝に行ってみましょう。

駐車場から滝に行く途中には、このように風情のある道が伸びています。

道のわきにある看板によると、ここでは手打ちそばやまめまんじゅう手作り団子天ぷらおにぎりなどを楽しめるようです。

道の途中には、お地蔵様が祀られていました。

滝がもうすぐ目の前、というところには、流しそうめんができる場所や、饅頭やラムネを売っている屋台がありました。

筆者の友人が、ラムネを買って来てくれました。滝を見ながらラムネを飲めば、気分爽快でしょう。

●ラムネ 1本/200円(税込)

周囲の景色も楽しもう

大きな滝は、もうすぐそこにあります。

しかしメインの滝を拝む前に、周囲の景色もしっかり楽しんでおきましょう。

こちらの小さな滝も、なかなかパワフルで見どころがあります。

山の中など高いところに来たら、いつも「麓の景色」を見たくなります。

ここ白糸の滝からも、見事な糸島の景色が見られました。手前にある橋や左側にある木々が、いい味を出していますね~。

周囲の景色を楽しんだら、いよいよメインの大きな滝を見に行きましょう!

白糸の滝

大きな滝の目の前までやって来ました。

「おおお!」思わず叫び声が出てしまうほど、壮観です。

「ドドドド…」

激しい滝の音は、かえって心を静めてくれます。

はじめて白糸の滝に来たという友人は感動で目を丸くし、およそ1年ぶりにやってきた筆者は「やっぱり、いいよなあ」と感動を新たにしました。

心と身体を癒してくれる、マイナスイオン。

風のそよぎ、水のせせらぎ。そして、楽しげに歌う鳥の声。

筆者はこれまで千寿院の滝、鳴滝、不動滝など色々な滝を訪れてきましたが、どの滝を見ても「ああ、神秘的だなあ!」と感じます。

きっと昔の人たちも、同じような感動を体験していたことでしょう。

いつの時代の人をも魅了する滝や山などの自然は、まさにかけがえのない宝物です。

ところで、筆者が訪れた夕方には、滝の周りに人がたくさんいました。

滝の前に集まって写真を撮ったり、滝の近くでヤマメ釣りをしたり…。

もしもこの神聖な空間を、自分一人や仲間たちだけで満喫したいなら、訪れる人が比較的少ない早朝や午後6時以降に訪れることをオススメします。

そうは言ってみたものの、夜の滝は危険も多いので、訪れるならやはり早朝の方が良いでしょう。

おわりに

ここまで白糸の滝の様子をお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。

白糸の滝は駐車場が滝の近くにあり、そして広いので、糸島にある数々の滝の中でも比較的訪れやすく、また屋台や飲食店が付近にあるという点では糸島唯一ともいえる滝となっています。

手軽に滝を楽しみたいのであれば、白糸の滝はオススメです!

滝は、季節によって微妙にその姿を変えていきます。特に周りに生えている木や植物が、わかりやすい例でしょう。

白糸の滝では、梅雨になると色とりどりのあじさいが花を咲かせます。

「あじさい祭り」というお祭りもあるそうです。

こちらの写真は夏の終わりのあじさい、まさに「祭りの後」といった感じの写真ですが、これはこれで風情があります。

6月の「あじさい祭り」のときには、この写真の何十倍も見事なあじさいの花たちを見られるでしょう。ぜひ一度見てみたいものです!

「あじさい祭り」の他にも、白糸の滝ではさまざまなイベントを開催しています。詳しいことは白糸の滝のHPをご覧ください。

四季折々の美しさを楽しめる、白糸の滝。ぜひ訪れてみてください!

INFORMATION

店名:

白糸の滝

住所:

福岡県糸島市白糸460-6

営業時間:

9:00〜17:00
※周辺施設の営業時間となります。白糸の滝は24時間訪問可能

Web:

https://shiraitonotaki.jp/

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【ピザハット】マルゲリータが今だけ最大70%オフ。4日間限定のお得企画、太っ腹すぎん...?

    東京バーゲンマニア
  2. JA共済が農業に関する意識や実態を調査 Z世代の4人に1人が「農業をやってみたい」と回答

    おたくま経済新聞
  3. 和菓子のメッセージを知って季節と向き合うひととき 岡本の『日本茶カフェ 一日 ひとひ』で「和菓子と日本茶」に癒されてきました 神戸市

    Kiss PRESS
  4. 【ギャン泣き長男】自立までの道のり/愛田あい|3児ママ/育児絵日記/ママの本音/子育て漫画

    こそだてまっぷ
  5. 『落下の解剖学』本編映像解禁! 明かされる、家族の闇と真実

    ciatr[シアター]
  6. 猫好きさん注目!ねこ尽くしのグッズフェアが小田急百貨店で開催中

    ウレぴあ総研
  7. “のむヨーグルト” プレーン味を飲み比べ!コンビニ&スーパーのプライベートブランド編

    TBSラジオ
  8. 二度サンド乗りたくなるポケモンラッピング列車、3月10日から山陰本線、因美線で運行(鳥取県)

    鉄道チャンネル
  9. 【アベレン】サンフレッチェ広島アンバサダー・森﨑浩司さん登場

    ひろしまリード
  10. 赤ちゃんの成長を『愛犬との添い寝シーン』で振り返ったら…愛と幸せが溢れる光景に206万再生の反響「絆を感じる」「素敵すぎ」

    わんちゃんホンポ