Yahoo! JAPAN

【ウォルト・ディズニー・ワールド50周年】2023年春まで続くアニバーサリーイベント“10の注目ポイント”

ウレぴあ総研

©︎Disney

アメリカ・フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートが、2021年10月1日に開園50周年を迎えました。

同日、50周年アニバーサリーイベント「世界で一番マジカルなセレブレーション」がスタートしました。

1年半続くセレブレーション

2021年10月1日にスタートした「世界で一番マジカルなセレブレーション」。

イベントは18ヶ月、2023年3月頃まで開催されます。

アニバーサリー期間中も、新コンテンツが次々に登場する予定です。

再来年春までならフロリダに旅行したい! という方も多いのではないでしょうか。

10月1日より新しく始まったコンテンツ、そして2022年以降これから始まるコンテンツまで、18ヶ月間の注目ポイントをご紹介していきます。

新作ナイトショー 2パークで同時スタート!

アニバーサリー初日から、マジックキングダムとEPCOTの2パークで、新作ナイトタイムスペクタキュラーがスタートしました。

マジックキングダム「ディズニー・エンチャントメント」

マジックキングダムでは、シンデレラ城を舞台にしたプロジェクションマッピングと、花火のショー「ディズニー・エンチャントメント」がスタート。

ディズニー映画の名シーンが次々と色鮮やかに映し出されます。

ゲスト自身が持っている魔法を呼び起こしてくれる、マジックキングダムという「魔法の国」の50年間を象徴するような、感動と迫力のショーです。

ポイント1:メインストリートUSAもショーエリアに

これまでの花火ショーでは、シンデレラ城でのみプロジェクションが行われてきました。

「ディズニー・エンチャントメント」では、メインストリートUSA(東京ディズニーランドの「ワールドバザール」にあたる入り口エリア)に、プロジェクションマッピングが新登場。

シンデレラ城でのプロジェクションマッピングや花火と一体となって、新たなショー体験が楽しめます。

これまで、ショーをしっかり楽しむなら、シンデレラ城の近くが良い場所でした。

これからは、シンデレラ城近くに加え、メインストリートUSAでもショーを楽しめるようになり、より広範囲がショーエリアになりました。

あまり待たなくてもショーを楽しめるポイントです。

EPCOT「ハーモニアス」

EPCOTでは、ワールド・ショーケース・ラグーンにて「ハーモニアス」がスタート。

水上から上がり爆発の振動まで感じるような花火、ぐねぐね動き回る壮大な噴水と、日本では体験できない迫力のナイトタイムスペクタキュラーです。

ポイント2:ディズニー音楽がテーマ

世界中のパビリオンが集まるワールド・ショーケースを舞台に繰り広げられるEPCOTのショー。

これまでの「イルミネーションズ:リフレクションズ・オブ・アース」などは、ディズニーキャラクターの登場しないショーでした。

「ハーモニアス」では、ディズニーミュージックを称えたショーになりました。

ラグーン中央のウォータースクリーンと4台の大型スクリーンに、ディズニー映画の名シーンが映し出され、その音楽が、英語だけでなく、映画の舞台となった国の言語でも歌われます。

世界の国々が集ったワールド・ショーケースを舞台に、あちこちの国を舞台に作られたディズニー映画とその音楽が称えられるショーです。

シンデレラ城でのプロジェクションマッピングのように、誰もが知っているディズニーミュージックが次々と登場します。

非常に分かりやすく楽しい内容になりました。

美しすぎるデコレーション

リゾートのあちこちに施された50周年デコレーション

リゾートのあちこちに50周年のデコレーションが施されています。

“EARidescent”と名付けられた、きらびやかに光り輝く50周年のデコレーション。

特にシンデレラ城は50周年に向けて色鮮やかに塗り直されました。

さらに50周年期間は中央の時計部分に大きな50周年ロゴを設置し、リボンでデコレーション。

「ディズニー・エンチャントメント」でも、50周年ロゴが魔法の中心のように光り輝きます。

ポイント3:夜になると輝く「ビーコン・オブ・マジック」

4つのパークのアイコンは、夜になるとプロジェクションマッピングで輝きます。

夜になると美しいライトアップが見られますが、特に定期的に公演される「ビーコン・オブ・マジック」では、その輝きが増し、毎回拍手がおきるような感動的な瞬間が訪れます。

マジックキングダムでは、シンデレラ城から魔法が広がっていくように光り輝き、サーチライトの演出も加わり、50年間ゲストを見守ってきたシンボルを称えます。

ディズニー・ハリウッド・スタジオではハリウッド・タワー・ホテルが、ディズニー・アニマルキングダムではツリー・オブ・ライフが輝きます。

EPCOTでは、スペースシップ・アースにイルミネーションが加わりました。

これまでの暖かく見守るようなライトアップから、星々を思わせる明るく美しいイルミネーションは、EPCOTのオプティミズムを象徴するようです。

なお、スペースシップ・アースのイルミネーションは50周年期間が終わっても継続される予定です。

新大型アトラクションが続々!

レミーのおいしいレストラン・アドベンチャー

EPCOTに2021年10月1日、新アトラクション「レミーのおいしいレストラン・アドベンチャー」がオープンしました。

ディズニーランド・パリで人気の『レミーのおいしいレストラン』をテーマにしたアトラクションです。

ポイント4:家族で楽しめる 臨場感ある3D&トラックレスライド

3Dメガネをかけ、どこに進むかわからないトラックレスライドに乗り込み、レミーたちネズミのサイズになってグストーのレストランを駆け巡る大騒動。

ライドはただ揺れ続けるだけでなく3D映像に連動した動きをするので、臨場感とテンポのあるトラックレスライドアトラクションです。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:コズミック・リワインド

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:コズミック・リワインド」は、EPCOTに2022年中にオープン予定。

マーベルの『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』をテーマにした世界初のコースターです。

ポイント5:ガーディアンズらしいノリノリなコースターに!?

屋内コースターとしてディズニーパーク世界最長のコースとなる予定で、建設中の建物を見てもその大きさに驚かされます。

世界のどのパークにもないアトラクションで、その全貌はまだ謎に包まれています。

音楽とノリノリのテンポで人気の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』がどんなコースターを生み出すのか、期待のアトラクションです。

トロン・ライトサイクル・ラン

マジックキングダムには「トロン・ライトサイクル・ラン」がオープン予定。

上海ディズニーランドの「トロン・ライトサイクル・パワーラン」がアメリカ初上陸です。

ポイント6:上海の目玉アトラクション バイク型の爽快コースター

バイク型ライドにまたがって乗り、映画『トロン』のように疾走する爽快なコースター。

トゥモローランドのスペースマウンテン横に建設中ですが、オープン時期は未定となっています。

お昼の新ショー

ミッキー・セレブレーション・パレード

マジックキングダムでは50周年をお祝いするパレードが、2021年10月1日からのアニバーサリーイベントで公演されています。

東京ディズニーランドの「グリーティングパレード」のような、ミニパレードです。

ポイント7:50周年コスチュームのミッキー&フレンズ

ミッキー、ミニー、ドナルド、デイジー、グーフィー、プルート、チップ、デールが2台のフロートに乗って登場する豪華なパレード。

みんな50周年の“EARidescent”コスチュームを着ています。

50周年コスチュームのミッキーたちを確実に観られるのは「ミッキー・セレブレーション・パレード」だけなので必見です。

音楽は、50周年のために作られた楽曲「マジック・イズ・コーリング」。

テンポ良いアレンジになった「マジック・イズ・コーリング」にのせて、ミッキーたちと50周年をお祝いします。

「マジック・イズ・コーリング」は、ダッパー・ダンやボイス・オブ・リバティなどのライブ・エンターテイメントでも聞くことができます。

ディズニー・カイト・テール

ディズニー・アニマルキングダムに新たなお昼のショーがスタート。

カイト(凧)で『ライオン・キング』や『ジャングル・ブック』『ファインディング・ニモ』の動物たちが表現されます。

ポイント8:アニマルキングダムに昼ショーが新加入

ディズニー・アニマルキングダムは屋外での大規模なショーが行われていませんでしたが、新たに登場。

50周年イベント以降も継続される予定です。

人間のパフォーマーが動物を演じるディズニー・アニマルキングダムらしいショーが加わりました。

1日に数回公演されるので、気軽に楽しめます。

ドロウン・トゥー・ライフ

ディズニー・スプリングスでは、「ドロウン・トゥー・ライフ」が2021年11月18日よりスタートします。

テーマパークではないショッピング&ダイニングエリア「ディズニー・スプリングス」で公演される、有料のショーです。

ポイント9:シルク初 ディズニーアニメーションをサーカスで表現

シルク・ドゥ・ソレイユはディズニー・スプリングスに常設シアターを構えていますが、ディズニーと初めてコラボした新作ショーがスタートします。

テーマは「ディズニーアニメーション」。

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが全面協力し、アニメーションとサーカスが融合した新たな世界が広がります。

ディズニーのアニメーターだった父が残した思いがけない贈り物、未完成のアニメーションを発見した少女は、魔法の鉛筆に導かれてアニメーションの中に飛び込み、幼い頃に見たディズニーの思い出いっぱいの冒険に出発します。

アニメーションを人間の肉体で表現することで、生きているように見えるアニメーションも人間の手で創り出されたものだという当たり前の事実がいかに美しいことか、再発見させられます。

ファインディング・ニモ・ザ・ミュージカルがリニューアル

ディズニー・アニマルキングダムの人気ショー「ファインディング・ニモ・ザ・ミュージカル」が2022年にリニューアルします。

映画『ファインディング・ニモ』の物語を、魚たちをパペットで表現し、このショーのために作曲された音楽で綴るミュージカルが、生まれ変わります。

ポイント10:「アナ雪」作曲家による音楽

『ファインディング・ニモ』の映画には歌はありませんが、「ファインディング・ニモ・ザ・ミュージカル」はミュージカルとして歌が作られています。

作曲家は、後に『アナと雪の女王』の音楽を作るロペス夫妻。

ロペス夫妻の才能を感じさせる音楽は、映画でも主題歌として使われていたのでは? と錯覚してしまうほど物語にマッチしています。

どの部分がリニューアルされるのかは明かされていませんが、一部の曲はリニューアル後も使用されることが発表されています。

アニバーサリーイベント期間中も、ハロウィーンやクリスマスなど季節イベントは開催予定です。

「世界で一番マジカルなセレブレーション」は、まだ始まったばかり。

18ヶ月のイベント期間中には新アトラクションや新ショーが追加されていきます。

さらに新しいホテルやレストラン、そして50周年限定のグッズやフードメニューなど、紹介しきれなかったコンテンツもたくさんあります。

ご紹介しきれなかったコンテンツや、今後スタート予定のコンテンツも、フォトギャラリーにも掲載していますので、ぜひご覧ください!

(ディズニー特集 -ウレぴあ総研/林田 周也)

【関連記事】

おすすめの記事