Yahoo! JAPAN

丸山隆平ギャグ連発で大暴走!安田章大は“お父さん”の顔に

フジテレビュー!!

丸山隆平さんと安田章大さんの個性が爆発しました。

3月7日(月)の『関ジャニ∞クロニクルF』は、「最終回直前スペシャル!!!!!」前編が放送されました。

最終回に向けて特別企画が始動!

3月21日(月)に最終回を迎える『関ジャニ∞クロニクルF』。

そこで今回からは、『関ジャニ∞クロニクル』放送開始から7年間にわたるクロニクル(年代記・成長期)完結に向けて、“関ジャニ∞メンバーの個性”を改めて発信する、特別企画を放送。

第1弾となる今回は、丸山さんと安田さんをクローズアップしました。

“鉄人ギャグメーカー”丸山隆平 ハリウッドザコシショウと大暴れ!

スタジオには、丸山さんのポテンシャルを最大限に引き出すゲストとして、ハリウッドザコシショウさん(以下、ザコシショウさん)が登場。

丸山さんは、憧れの芸人の登場に「やったー!」と大喜び。

さっそく丸山さんは、ザコシショウさんの鉄板ネタ「古畑任三郎の誇張モノマネで『ハンマーカンマー』」を披露。全力で挑む姿は、ザコシショウさんから「誇張しすぎ」とツッコミが入るほど。

丸山隆平

盛り上がったところで、本題「負けたら即カスタム罰ゲーム(※)」を開催。

※カスタム罰ゲーム:AとBそれぞれの箱から、お題が書かれた紙を引き出し、その組み合わせで罰ゲームをする。

まずは「あっち向いてホイ」で負けたザコシショウさんが「小道具を自由に使って×阿波踊り」にトライ。金髪のカツラと、おまるを使って踊りました。

次の対決で負けた丸山さんが挑んだのは、「スキップしながら×斎藤さんだぞ」。

丸山さんが「ペッペッぺ〜♪斎藤さんだぞ!」と、場がどんな空気になっても恐れずギャグを連発すると…「ハゲろハゲろ〜!」(ザコシショウ)、「ワーワー!このハゲタカめ!」(丸山)とギャグ合戦が続き、横山さんは「もう、しんどい」と呆れ顔。

その後も、対決は二の次で、罰ゲームをいきいきとこなした2人。

最後は、丸山さんとザコシショウさんの2人で、当番組でたびたびプレイされたゲーム「ストリートファイターII」の再現モノマネ。スタジオは爆笑の渦となりました。

ザコシショウさんから「芸人やったら?『ドキュメンタル』出たら?」と言われた丸山さんは、「誘ってくださいよ」と、ノリノリで笑わせました。

“ピュアボーイ”安田章大にドッキリ!誘いに乗ってモノマネ連発

これまで数々の企画で、その優しさを見せてきた安田さん。今回はそんな安田さんに、個性を存分に引き出す“ハートフルドッキリ”がしかけられました。

安田さんは、ニセ企画の収録で呼び出されますが、休憩スペースで1人待たされることに。そこへ子役のオーディションを受けに来たという、仕掛け人の男の子・青葉くんがやって来ます。

「自信がない」とネガティブな青葉くんに、「やってみないとわからんで」と、自然に励ます安田さん。

すると青葉くんは、オーディションの課題「目の前で父が連行されるシーン」の練習相手をしてほしいとお願い。人目につく場所であるにも関わらず、安田さんは快諾。「お父さん!」と叫ぶ青葉くんを、切ない顔で振り返ります。

別室でモニタリングしていた横山さんが、「お父さんの顔やった」というほどの熱演。

左から)安田章大、大倉忠義

さらに、青葉くんが「モノマネを教えて」とお願いすると、安田さんは得意の森進一さんのモノマネを披露。「メジロの鳴き声」もできると言う安田さんを、青葉くんは「メジロって何?枝にとまってるやつ?ちっちゃい枝?」と質問責めにし…。

安田さんは「あ、桂小枝さんわかる?」と“誘い小枝”に引っ掛かり、十八番の桂小枝さんのモノマネ「これ、何ですの?」を披露。期待どおりの展開に、スタジオの大倉忠義さんらは大爆笑!

青葉くんのムチャぶりは続き、「道徳の宿題『ついていい嘘と悪い嘘の違い』を教えて」と質問。

真摯に答える安田さんに、横山さんは“金八先生”ならぬ「安八先生」と感嘆しました。

番組前半の、ギャグ満載の丸山さんのコーナーから一転、真面目な展開に「マル(丸山)とヤス(安田)の落差がすごい」(大倉)、「同じ番組には思えない」(横山)と、2人はお腹いっぱいの様子。

青葉くんの「誕生日を迎える友だちのために、安田さんのメッセージ動画を撮りたい」というお願いも、あっさりOKした安田さんは、「オレ、誰ですの?」と、桂小枝さんのモノマネでメッセージを送りました。

ここでネタバラシをされ、ようやくドッキリだと気づいた安田さん。横山さんから「“誘い小枝”されたこと気づいてない?」と聞かれると、「あぁ!」と驚き、スタジオは大笑い。

安田さんは、「この企画、何ですの?」と“桂小枝締め”で笑わせました。

【関連記事】

おすすめの記事