Yahoo! JAPAN

キャサリン妃、今年初の公務で300円のイヤリングを着用 キャサリン妃効果で速攻完売に

Techinsight

ファッションリーダーとしても注目されているキャサリン妃(画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2022年1月9日付Instagram「Thank you for all of your very kind birthday wishes, and to Paolo and the National Portrait Gallery for these three special portraits. C」』のスクリーンショット)

ウィリアム王子・キャサリン妃夫妻が、2022年初となるジョイント公務を行った。この日、妃は英アクセサリーブランドのセール価格が約300円というイヤリングを着用していたが、“キャサリン妃効果”もあってかイヤリングはすでに完売している。

ウィリアム王子とキャサリン妃が現地時間19日、ロンドンにあるファウンドリング博物館(Foundling Museum)を訪問した。夫妻が揃って公務を行うのは、2022年になってから初めてのことだ。

ファウンドリング博物館は、親からの世話を得られない子供達のために1739年に設立した英国初の児童養護施設「ファウンドリング病院(Foundling Hospital)」の歴史を伝えるものだ。キャサリン妃は幼い子供達への啓発活動の一環として、2019年に同館のパトロンに就任した。

今月9日に40歳の誕生日を迎えたばかりのキャサリン妃はこの日、ダークな色のタートルネックとズボンにコートを羽織ったスマートな装いで博物館を訪れた。

妃が着ているタートルネックセーターはスペイン発のブランド「ザラ(ZARA)」製で、黒いズボンと青いロングコートは英ブランド「ジグソー(Jigsaw)」によるものだ。妃は以前にもこのコートを着用する姿が目撃されている。

そして王室ファンが注目したのが、妃がつけていたイヤリングだ。ゴールドカラーのイヤリングはイギリスのアクセサリーブランド「アクセサライズ(Accessorize)」のもので、ハンマー打ちを施したディスクからフープをドロップしたデザインだ。

同店のオンラインショップでの販売価格は7ポンド(約1100円)だが、現在セール中のため2.1ポンド(約330円)に値下げされていた。しかし“キャサリン妃効果”もあったためか、このイヤリングはすでに完売している。

妃とウィリアム王子が揃って初公務を行う姿に、王室ファンからは「素敵な公爵夫人。将来、素晴らしい女王になるだろう!」「本当に綺麗な女性だわ」「2人は素晴らしいお手本だ。騒いだり文句を言ったりせず、お互いを愛し合っている」と称賛の声が寄せられた。

この日、博物館を訪問したウィリアム王子夫妻は、施設で育ちながら人生を好転させた人々と対面した。集まった報道陣からは、最近軍籍などを女王に返還したアンドルー王子のことについて、質問を投げかけられる場面もあった。

ある記者が「殿下、ちょっとお伺いしてもよろしいでしょうか。アンドルー王子のことを支持されますか?」と尋ねると、ウィリアム王子は「悪いけど、聞こえないんだ」と上手くかわしてその場を去っている。

画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2022年1月9日付Instagram「Thank you for all of your very kind birthday wishes and to Paolo and the National Portrait Gallery for these three special portraits. C」』『Foundling Museum 2022年1月19日付Twitter「Today were were proud to take part in a discussion with The Duke and Duchess of Cambridge」』『The Royal Family 2022年1月19日付Instagram「In 1739 the Foundling Hospital became the UK’s first children’s charity after receiving a Royal Charter from King George II.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

【関連記事】

おすすめの記事