Yahoo! JAPAN

食パンアレンジでグランプリをねらえ!「銀座に志かわ」がコンテスト開催 テーマは「秋を楽しむ旬の味覚アレンジ」

Komachi

 水にこだわる高級食パン「銀座に志かわ」を展開する銀座仁志川が、秋に旬を迎える食材をたっぷり使った食パンアレンジレシピを一般募集する「第3回銀座に志かわ 食パンアレンジコンテスト」を9月13日(月)から開催します。

 おうち時間が増えたことで、フォトジェニックな食パンアレンジを楽しむ人が増えていますよね。

秋の味覚に見立てたキュートなアレンジ

 「銀座に志かわ」と言えば、独自のアルカリイオン水を仕込み水に使い、カナダ産小麦粉にハチミツ、生クリーム、バターなどを配合。素材のうま味を引き出した、ほんのり甘い絹のようなやわらかさの食パンで、全国に店舗展開する有名店。県内には、新潟河渡店、長岡店、上越店の3店舗を構えています。

 食パンのプロが開催するアレンジコンテスト。「銀座に志かわ」の食パンは、何もつけなくても美味しくいただけルと評判ですが、少し塩気のあるきんぴらごぼうなどの和総菜とも好相性とのこと。もちろん甘さを生かしたスイーツ系のアレンジにもバッチリ合うので、幅広いアレンジが考えられそうです。

 今回のアレンジテーマは「食欲の秋到来!秋を楽しむ旬の味覚アレンジ」。銀座に志かわの「水にこだわる高級食パン」を使用したアレンジに限り、応募は9月26日(日)まで。そのほかの参加方法は下記の通り。複数回の応募もOKですから、普段アレンジを楽しんでいる人も、これから挑戦したいと思っている人も、渾身のアレンジをぜひ応募してみてはいかがでしょうか。

 多数の食パンアートやアレンジがメディアで紹介され、今回コンテストの特別審査員を務めるフードアートコーディネーターの小林奈代子さんが考案したアレンジがこちら。

小林奈代子さん考案レシピ「柿といちじくのトースト」

小林奈代子さん考案レシピ「さつまいもとあんこトースト」

 どちらも秋の味覚たっぷりで食べるのがもったいないほど美しい!

 フォトジェニックな食パンアレンジがおうちごはんの楽しみを広げてくれそうですね。

【募集期間】
2021年9月13日(月)~2021年9月26日(日) ※期間中、複数回応募もOK
【応募・参加方法】
1)Instagram公式アカウントをフォロー(@ginza_nishikawa)
2)銀座に志かわの水にこだわる高級食パンを使用したアレンジ画像、レシピ(材料と作り方)、アレンジのポイントを投稿
3)ハッシュタグ 「#銀座に志かわ」「 #食パンアレンジコンテスト」を付けて投稿
※ストーリー・リールでの投稿は対象となりません。フィード投稿のみ対象
※非公開アカウントは選考の対象となりません
※個人アカウントの投稿のみ対象
【選考基準】
手に入りやすい食材を使い、マネのしやすい銀座に志かわの食パンに合うレシピ
【当選発表】
「最優秀賞」、「秋を感じるで賞」、「マネしたいで賞」をそれぞれ選出。受賞者のアレンジは公式Instagramで紹介
【賞品】
・最優秀賞:パンナイフと食パンスライサー
・秋を感じるで賞:トースト皿と立つジャムスプーン
・マネしたいで賞:カットできるバターケース
受賞者には後日InstagramのDMで連絡

【コンテストに関する問い合わせ先】
銀座に志かわコンテスト事務局
contest@ginza-nishikawa.co.jp

※コンテストに関する詳細は公式サイトや公式インスタグラム@ginza_nishikawaに掲載されていますので、ご確認ください。

銀座に志かわ
https://www.ginza-nishikawa.co.jp/

(文/Komachi Web編集部・タグチ)

【関連記事】

おすすめの記事