Yahoo! JAPAN

【犬の飛びつきは感情豊かな証拠?】コーギー様の重〜い思〜い体当たり(田中 恋 編)

PECO

【犬の飛びつきは感情豊かな証拠?】コーギー様の重〜い思〜い体当たり(田中 恋 編)

コーギーって、犬界でもトップクラスに感情豊かな犬種の気が……。その感情を体全体で表現し、時には、重ーい体当たりを繰り出すことも。それらは、どんな時に、どんな理由で繰り出されるのだろうか?(コーギースタイル Vol.39より)

「ゴハンくれへん?」そんな時は、体当たりで自己主張


大阪府/田中 恋(オス・16歳)
動物看護士の仕事をしている愛里さん。その進路に影響を与えたのは恋の存在。時々同伴出勤することも。笑顔を絶やさない、愛嬌ある犬だ。特技は、名前を呼ばれると前足をあげて返事をすること。

注目されるためならばあの手この手で体当たり

「私が小さい頃から、一緒に走って遊んでいました。昔はよく飛びついてきたのですが、最近はさすがに落ち着いてきましたね」と愛里さん。

16歳のシニア犬だが、恋はまだまだ若いもんには負けへんで~という感じで元気いっぱい。若い同居犬の柴犬せりかとも対等に接している。散歩へ行く前にリードを見ると、興奮して飛びつくこともある。
そんな恋が体当たりするのは、自己主張する時だ。
「家族が忙しくて、誰も恋の相手をしないと、ゴミ箱にわざと体当たりして注目を浴びようとするんです」
なんといじらしい体当たり! これも家族への愛情から生まれる体当たりに違いない。

「ゴハンを食べ終わった時も、まだ欲しい~といわんばかりに、お皿に体当たりして引っくり返しています。食欲は全然衰えていませんね」
いつもニコニコ笑っていて、穏やかな犬という印象だが、自己主張する時はしっかりするのだ。

恋の体当たりエピソード

・ゴハンを食べ終わったあと飼い主の膝上を狙ってジャンプ
・自分が主役になりたくて体当たり

恋「今は僕の時間」
せりか「ワイも! 抱っこして!」

愛里さんが座ると膝の上に飛び乗る。抱っこをせがむのだ。この瞬間が恋にも、愛里さんにも至福の瞬間。隣で、恋の前足パンチを受けているのは、同居犬の柴犬のせりか。

ここは特等席やで!

愛里さんの膝の上にジャンプして体当たり! 何かをアピールしているのだろう。
散歩かゴハンか。それとも、遊んでほしい?
「ただ単に甘えているだけかも」と愛里さん。

メシがうまいんや

ゴハンが毎日の楽しみ。大好きなフードを嬉しそうに食べる。
しかし終わった後、皿に体当たりして引っ繰り返す。
「もうちょっと、食べたいんやけど〜!」って感じか。

わーいたまらんわー

取材日は天気もよかったので、散歩中も気持ちが良さそう。
公園に着いたら、愛里さんに飛びついて抱っこアピール。
腕の中で気持ち良さそうな表情をみせるのであった。

なんか転がったよ!

僕を見てアピールのために、ゴミ箱に体当たり。
倒して、注目を浴びようとする。すごく頭脳派なのだ。
でも、そんなことしなくても、家族はみんな恋のことが好きだよ。

せりか「目立ちたがりやなあ」
恋「僕が主役」

カメラマンが庭からせりかを撮影していると、にゅっと現れた恋。
僕が主役だ! とばかりに、体当たりしてスペースを確保。
自分も写り、嬉しそうな顔をみせる恋なのであった。

過去の飛びつき

2人で体をぶつけ合い遊んでいた
愛里さんが小さい時、2人で体当たりをしあって、プロレスのような遊びをしていたそう。お互い大人になって、最近はやらなくなった。また、サッカーボールに体当たりして、転がして遊ぶのが好きだった。

Text:Daizo Okauchi
Photos:Minako Okuyama
監修:今野晃嗣先生
帝京科学大学講師。動物の個性や性格の生物的基盤の解明をめざし、質問紙法から遺伝子解
析まで、幅広い手法を使って解析を進めている。日本動物心理学会、日本動物行動学会など
に所属。

【関連記事】

おすすめの記事