Yahoo! JAPAN

インベーダー作「ドット絵アトム」を渋谷区が撤去へ

タイムアウト東京

インベーダー作「ドット絵アトム」を渋谷区が撤去へ

ストリートアートは東京では珍しい存在だ。有名なアーティストによる芸術的な価値がある作品でも、発見されるとすぐに撤去されてしまう。2019年に日の出埠頭(ふとう)付近の防潮扉に出現した、バンクシー作ではないかと話題を呼んだネズミの作品は、すぐに扉が外されて公開された。ストリートにそのままアートが残りにくいことを示す好例だろう。

Has a new Banksy artwork appeared in Tokyo?

pic.twitter.com/nqYqx92syL— Elliot Wagland (@elliotwagland)January 18 2019

しかし、フランスのストリートアーティスト、インベーダー(Invader)による「鉄腕アトム」の壁画は、2014年に登場して以来、異例ともいえる長さで渋谷の街を守り続けてきた。

インベーダーは、ドットを用いたモザイクのような描き方で知られており、手塚治虫のアイコニックな「鉄腕アトム」をオマージュしたこの作品は、最近まで渋谷のタワーレコード近くのJR線路の高架下の壁で観ることができた。しかし残念なことに、この壁画は2022年6月初めに撤去されてしまったのだ。

J-CASTニュースの報道によると、管轄者である渋谷区「環境整備課きれいなまちづくり係」の担当者は、壁画は17日未明に撤去されたと発表している。撤去の理由については明らかにしていないという。

Photo: Lim Chee Wah

これからは渋谷のトンネルを通るときに、見慣れたアトムにはもう会えなくなると思うと、悲しくなってしまう。しかし都内には、別の「鉄腕アトム」を含むインベーダーによる壁画がまだ数十点も残されている。こちらから、ぜひ確認してほしい。

原文はこちら

Emma SteenWriter Time Out Tokyo

【関連記事】

おすすめの記事