Yahoo! JAPAN

あえて買いたくなるほど実は使える。「コンタクトレンズケース」の“4つの便利な活用術”

saita

あえて買いたくなるほど実は使える。「コンタクトレンズケース」活用術4選

コンタクトレンズを入れるためのコンタクトケースは、コンタクトレンズ以外のものを入れるのにも便利。日常の小さなイライラを解決してくれるアイテムになるとママ友に教えてもらったので、実際に試してみました。

使っていないコンタクトケースどうしていますか?

コンタクトレンズを使っていると、もらったり付属でついてきたりとお家の中に使わないコンタクトケースがあるかもしれません。
使っていないコンタクトケースは、もう使わないから捨ててしまおうと思っていたところ、ママ友から画期的な使い方を教えてもらったので、実際に試してみました。

【使い方1】少量のスキンケア用品入れ

stock.adobe.com

旅行などのお出かけ先で、スキンケアがしたいとき大きなボトルをもっていくのは荷物が多くなりますよね。そんなときには、コンタクトケースに少量を入れていくと便利ですよ。顔用のクリームやボディークリームなど少量を入れると便利です。

【使い方2】1回分のお風呂セット

stock.adobe.com

旅行先や近所の温泉施設など、自宅以外のお風呂に入るときにはシャンプーやリンス、ボディーソープ、メイク落とし……などが必要になりますね。
1回お風呂に入るだけなのに、気がついたら結構な荷物の量になってしまう。そんなときには、コンタクトケースに1回分をそれぞれ入れていきます。1個のコンタクトケースには2つのいれる場所があるので、シャンプーとリンスだと1個のコンタクトケースで済んでしまいます。荷物を減らすにはとても便利ですね。

【使い方3】薬ケース

stock.adobe.com

常備している薬があるときにもコンタクトケースが活躍します。ただし薬は直接口に入れるものなので、包装からは出さずに小さく包装をカットした状態でコンタクトケースに入れるのがおすすめです。

【使い方4】アクセサリーの持ち運び

お出かけ先で、ピアス、イヤリング、指輪、ネックレスなど、取り外して置いておくこともありますね。机の上などにそのまま置いておくと、気が付いたときにはなくしてしまうことも……。
そんなときはコンタクトケースにいれて蓋を締めて、バッグにしまっておけば紛失する心配もありません。作りもしっかりしているので、カバンに入れておいてもアクセサリーが壊れる心配もなくて安心です。

あまり使う機会がなくなったコンタクトケースも、しっかりとした作りで、水分を入れてもこぼれないという利点を生かせば、活用方法がたくさんありました。もしご自宅に使っていないコンタクトケースがあれば、今回試してみた活用方法も試してみてくださいね。

悠美/いしかわ観光特使&輪島観光サポーター

【関連記事】

おすすめの記事