Yahoo! JAPAN

芦ノ湖ボートフライフィッシングで「6魚種」完全制覇 45cm頭に21尾

TSURINEWS

成熟個体のコーホーサーモン(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

神奈川県芦ノ湖でボートフライフィッシング。大型こそ出なかったが、ヒレピンの魚に遊んでもらい、釣果は28~44.5cm21尾。「1日6魚種完全制覇」の満足釣行をリポートする。

芦之湖でフライフィッシング

9月11日(土)、神奈川県箱根町のある芦ノ湖を訪れた。例年、同湖は3月の解禁から春は浅場でのトラウト、夏はバス、7月中旬の湖尻からワカサギが始まり、秋はワカサギ&深場のトラウトの好期。

タックル図(作図:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

今年は長雨の影響で夏に水温が上がりきらず、レイクジギングやトローリングはタナが絞れず不調。とくに、銀毛サクラマスやコーホーサーモンは難しかった。9月に入り、どう変化するか、ターンオーバー前に探ってみた。

イワナ&コーホー登場

湖尻のボート店から5時半に出艇し、西岸を早川水門から立岩までを探るがアタリなし。

ポイント図(作図:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

東岸に渡り箱根園から北へと探ると、40cm級ヒレピンのニッコウイワナ。この日は同魚の40cm超えが3尾上がったが、居着きと言うよりは、ワカサギの群れに着いている感じだった。

ワイルドなニッコウイワナ(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

コーホーサーモンは大型こそ出なかったが、40cm超えが1尾に35cm前後多数で10尾と高活性。

ニジマス&ブラウンを追加

ヒレの回復したニジマス(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

定番のニジマスとブラウンは44.5cm頭に3尾ずつ。どの魚もヒレピンの美しい魚体ばかり。

銀毛化したブラウントラウト(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

春は大型を狙いやすいが、ヒレの欠けた個体が多い。一方、秋はネイティブな魚が多く、その魚体の美しさに満足。とくに、銀毛化したシートラウト系のブラウンは奇麗だ。

希少なヒメマスもゲット

樹木園で釣れたのはヒメマス。婚姻色が出始めたばかりだが、成熟すると真っ赤になり、口はくちばしのように突き出て、肩は盛り上がって「背っぱり」と呼ばれる。同魚の卵は小粒だが非常に美味しく、湖全体で確率は10分の1と稀少。盆すぎから、ヒメトロで釣果が上がっているらしい。

婚姻色が出始めたヒメマス(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

14時半、5魚種を釣ってコーヒーブレイク。残るターゲットはサクラマスだが、この時期は釣りにくい。

サクラマスで6魚種達成

16時すぎ、小さなコーホーだと思ってすぐにリリースした魚が腹を返して泳いでいかなかったので、仕方なくキープのためにネットで取ると、背中にある虫食いの黒点。これは紛れもなくサクラマスの証。小型だが6魚種を達成した。

最後に釣り上げたサクラマス(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

釣果は28~44.5cm21尾。大型こそ出なかったが、ヒレピンの魚に遊んでもらい、これだけ釣れれば満足。同湖に通って28年。人生2度目の「1日6魚種完全制覇」でこれには大満足だ。

他魚種が狙える貴重なフィールド

朝には1時間だけワカサギ釣りをして、本命とウグイに加え、泳がせでバスも釣ったのでそれも加えれば9魚種。

私は、日ごろ50cmオーバーのトラウトを狙って釣行しているが、こういった多魚種釣りも一趣だ。

湖上の様子(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

同湖にはコイやヘラブナ、ナマズ、ウナギ、ヌマチチブなどに加え、アマゴも放流されているのでサツキマスもいるはずだ。

10cmに満たないワカサギの当歳魚から80cm超えのモンスターブラウンまでさまざまな魚がいる貴重な釣り場だ。

<週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年10月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。The post芦ノ湖ボートフライフィッシングで「6魚種」完全制覇 45cm頭に21尾first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事