Yahoo! JAPAN

猫を悲しい気持ちにさせる飼い主のNG行為5つ

ねこちゃんホンポ

1.猫が甘えたいときに構ってあげない

猫は身の回りのお世話をしてくれる飼い主さんを母猫のように思っています。

ツンとしていても飼い主さんに甘えたいときもあるんです。

飼い主さんに体を擦り寄せたり、喉をゴロゴロ鳴らしたり、猫はいろいろな方法で飼い主さんに甘えたい気持ちを伝えています。

しかし、それを飼い主さんに気付いてもらえなかったり、満足するほど構ってもらえなかったりすれば、猫も悲しい気持ちになってしまいます。

夜中や早朝、寝ているときなど、飼い主さんが困ってしまうとき以外は猫の甘えたい気持ちに応えてあげましょう。

2.猫と遊ぶ時間が短すぎる

室内で生活する猫は運動不足になりやすいです。

運動不足を解消したり、ストレスを発散するなど猫の健康のためにも飼い主さんと遊ぶことは大切です。

1回15分くらいの遊びを1日に数回してあげましょう。

ひとり遊び用のおもちゃで猫を遊ばせてもいいですが、飼い主さんと一緒に遊ぶことで猫とのコミュニケーションにもなり、猫がより満足してくれるはずです。

3.猫を構いすぎる

猫の甘えたい気持ちに応えたり、一緒に遊んだりすることは大切ですが、猫の気持ちを考えないで構うことで猫を悲しませてしまう可能性があります。

食事中や毛づくろいをしているときは集中しているので構われるのはストレスです。

寝ているときに起こされるのは人も嫌ですよね。

なでたり抱っこしたりしていて猫が嫌がることもあり、しっぽを振ってイライラをアピールすることがあります。

猫の気持ちを無視して構いすぎていると、猫が飼い主さんに構われるのを嫌がるようになってしまうこともあります。

4.お世話が行き届いていない

猫は毎日同じように生活することに安心します。ごはんの時間がバラバラだと、いつもらえるのか不安になってしまいます。

猫トイレがこまめに掃除されていないと、猫がトイレを我慢して病気になってしまいます。

猫を不安にさせないため、猫の健康のためにお世話はきちんと行いましょう。

5.猫が好む環境を作っていない

室内で飼育していても、猫が好む環境が整っていると猫は満足して生活することができます。

反対に、猫が好む環境がないとストレスを感じやすくなり、病気になってしまうこともあるんです。

窓の外や室内を見渡せる高い場所、隠れられる場所、お気に入りの爪とぎなどを用意してあげましょう。

まとめ

飼い主さんの行動によって猫は悲しい気持ちになってしまうことがあります。

甘えたり遊んだりしたいのに構ってもらえない、構われすぎて休めない、お世話をきちんとしてもらえない、猫が好む環境がないといったことで猫は悲しんでいるかもしれません。

猫の健康のために、猫が楽しく暮らせるためにできることをしてあげたいですよね。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. SEAMLESS/ジョージ・リンチ:ジャム・セッションのような緊張感と躍動感に溢れた全曲インストのソロ作

    YOUNG GUITAR
  2. ミュージカル俳優・福井晶一、芸能生活25周年企画のディナーショー開催決定 佐藤隆紀(LE VELVETS)、中川晃教が特別出演

    SPICE
  3. Apple Watchでバッテリーを長持ちさせるためにやっておくべきこと

    TIME&SPACE
  4. 懐かしい良き昭和の時代が蘇る3日間 次郎助町センター街「高砂リメンバー」高砂市

    Kiss PRESS
  5. えっ無料!? 「プルームX」と「クラフトジン」をマリアージュできる「プルームショップ」へ急げ

    価格.comマガジン
  6. 武田玲奈、異世界での居酒屋・看板娘役に再び挑戦! 『異世界居酒屋「のぶ」』シーズン2放送決定

    Pop’n’Roll
  7. 【仮想通貨とは】どんな仕組みなの?メリット・デメリットは?

    特選街web
  8. 栃木・湯西川温泉「湯西川温泉 かまくら祭」日本夜景遺産認定のミニかまくら点灯も!平家落人の里の幻想的な雪祭り

    おんせんニュース
  9. 新型コロナ 知命堂病院 濃厚接触者36人全員の陰性確認 21日(金)までは外来診療など中止

    上越妙高タウン情報
  10. 見た目はクールだけど実はとっても甘えん坊。ママの帰宅に甘えん坊の顔になっちゃうハスキー犬が可愛い♡

    PECO