Yahoo! JAPAN

ZOZOが体型測定ができる新サービス「ゾゾフィット」を発表 今夏から米国で提供スタート

SEVENTIE

ZOZOは4月27日、ワークアウトの進捗をサポートする新サービス「ゾゾフィット(ZOZOFIT)」を発表した。同社が開発した3D計測用ボディスーツ「ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)」の技術を活用したサービス第1号で、今夏から米国でサービスを開始する予定だ。

ZOZOはこれまで「ゾゾスーツ」をはじめとして、足の3D計測用マット「ゾゾマット(ZOZOMAT)」やフェイスカラー計測ツール「ゾゾグラス(ZOZOGLASS)」などの計測ツールを提供してきた。「ゾゾフィット」は、ジムや自宅で手軽に高精度な3Dボディスキャンを行い、計測データのトラッキングを可能にするサービスだ。「ゾゾスーツ」を着用した状態で、「ゾゾフィット」専用のスマホアプリでスーツ全体に施されたドットマーカーを全身360度撮影するだけで、体型計測ができる。計測した結果をもとに、3Dモデルを作成することでワークアウトの結果が可視化され、これからのトレーニング強化に役立てることができるという。アプリ内には、計測したデータを記録することができるため、過去に作成した3Dモデルと比較したり、データの推移をグラフで確認したりすることができる。また、アプリ内のデータはシェアすることが可能なため、例えばトレーナーやワークアウトをする仲間にデータをシェアして、アドバイスをもらうこともできるなど、活用方法も様々である。体重などの数値だけではわかりにくい体型の小さな変化にも気づくことができる「ゾゾフィット」は、ワークアウトを行う利用者のモチベーションにもなり得、より楽しく効率的なワークアウトの継続をサポートするという。

【関連記事】

おすすめの記事