Yahoo! JAPAN

ケッパー・ケイパーとは?特徴から歴史、代用方法まで解説

macaroni

ケッパー・ケイパーとは?特徴から歴史、代用方法まで解説

ケッパー・ケイパーとは?

フランスやイタリア料理でよく使われるケッパー。最近では、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

ケッパーとは、地中海沿岸やアフガニスタン、イラン一帯に自生するフウチョウソウ科の低木であるケッパーのつぼみを酢で漬けたものです。

別名「ケーパー」、「ケイパー」、「カープル」とも呼ばれ、日本名は「トゲフウチョウボク(棘風蝶木」)、「セイヨウフウチョウボク(西洋風蝶木)」といいます。

ケッパーの歴史や特徴

ケッパーの歴史は古く、15世紀にはすでにフランスの記録にはケッパーの存在があったとされています。 16世紀頃にはさまざまな効能も発見されました。フランスやイタリア、スペインなどで人工栽培がスタート。つぼみより早い段階で収穫し、酢漬けや塩漬けにして流通するのが一般的です。

独特の風味や酸味を持ち、一般的にはスモークサーモンやサラダに利用されています。ほかにも、ケッパーは地域によって色々な使用法がなされています。ケッパーは食品の保存にも役立ちますから、色々な加工製品にも多用されています。

また、ケッパーの果実の部分も同様に酢漬けにされますが、これは多く収穫できないため、つぼみより貴重なものとして高く値付けされるそうです。

ケッパーってどんな味?

ケッパーはその独特な風味が特徴で、料理の隠し味としてよく使われます。地中海が発祥ということもあり、多くのイタリアン料理に登場します。

アクアパッツァや、サーモンマリネ、魚やお肉のソテーなどに入れるだけで、味を引きしめてくれる優れもの。小さな花のつぼみのピクルスが放つ独特の香りと酸味は、平凡な味にグッと深みを出す重要な役割を果たします。

日本料理でいえば、梅干しやポン酢を仕上げにプラスしておいしさを増すのに同じようなヒントがあります。やさしい味やまろやかな味に酸味が加わると、その絶妙なバランスが全体の味に深みを出してくれますよね。

そんな役割を持っているケッパー。ちょっとこだわった欧風料理に挑戦したいときは、ぜひ購入してみましょう!ケッパー自体は通販でも簡単に手に入ります。また、規模の大きいスーパーならばシーズニングとして扱っているところも多いですよ。

どんな料理に使うの?

味を引きしめる役割をもつケッパー。ほかにも、いろいろな料理に活用されています。ここからはどんな料理に使われるのかご紹介します。

魚料理に

ケッパーは魚料理との相性がよく、さまざまなメニューに登場します。例えば、アクアパッツァに使用したり、アンチョビと一緒にパスタやトマト煮込みに使うのがおすすめです。さらにバターをつかったムニエルやソテーにもよいでしょう。まろやかなバターの風味をケッパーの酸味が引きしめる役割を果たします。

バターやワインでお魚をソテーし香り付けをしたあとに、瓶詰めに入ったケッパーを5~6粒落とすだけで一気に本格的な味へと様変わり。粒が小さいほど良品とされており、値段もそれなりにするのですが、本格的な魚料理には欠かせない必需品です。

野菜料理に

ケッパーは温野菜やサラダといった野菜料理にもおすすめです。野菜と混ぜてサラダそのものの具材として使う場合は、あらかじめ塩抜きが必要。(塩抜きの方法は、水が入ったボールにケッパーを浸し、2~3回水を替えながら塩気が抜けるまで常温または冷蔵庫に保存しておきましょう)

またケッパーをドレッシングに混ぜてもとてもおいしく、マヨネーズを使ったタルタルソースや、ポテトサラダにプラスするとちょっぴり大人の味に仕上がりますよ。コロコロした見た目もかわいいため、よりおしゃれなサラダになります。

ちょっとしたパーティーメニューやおもてなし料理にプラスして、センスある食卓を演出してみましょう。

ケッパーの代用として使える食品

ケッパーは、大型スーパーや海外食料専門店で販売していますが、なかなか見つけられない場合に代用として使える商品もあります。

ケッパーの使用用途によって変わってきますが、サーモンマリネやサンドウィッチであれば、野菜のピクルスやらっきょうを。サラダであれば、玉ねぎのピクルスや、レモン漬けをみじん切りにして混ぜてもおいしく、ケッパーの代用として使えるでしょう。

タンパクな魚料理のソテーやムニエルであれば、レモンを添えて酸味を出すと味を引きしめることができます。また、パスタや和風料理で味を引きしめたい場合は、酢漬けにした山椒を入れると風味が増し、ケッパーと同じようなアクセントをつけることができます。

料理のアクセントになるケッパー

小さなお花のつぼみであるケッパーは、お料理の味わいや質を上げてくれる万能食材でしたね。むずかしい調理方法もなく、魚料理や野菜料理に混ぜるだけで本格的なひと品へと変化をあたえてくれます。

普段の食卓や、おもてなし料理にぜひケッパーをプラスして、一層おいしくアレンジしてくださいね!

【関連記事】

おすすめの記事