Yahoo! JAPAN

アレルギー疾患の予防にもつながる 新生児期から始めるスキンケア

ミキハウス

アレルギー疾患の予防にもつながる 新生児期から始めるスキンケア

赤ちゃんの肌は大人に比べて、薄くてとてもデリケートなので湿疹やかぶれなどのトラブルが起きやすいとされています。荒れた肌からアレルギー性疾患の原因となるアレルゲンが体内に侵入すると、場合によってはアトピー性皮膚炎を起こしたり、食物アレルギーや花粉症などのアレルギー性疾患につながることも。

国立成育医療研究センターが行った研究では、新生児からのスキンケアがアトピー性皮膚炎の発症率を低下させることが報告されています。最近は日本人の2人にひとりが悩まされているというアレルギー性疾患を予防できるのなら、わが子の将来のために正しいスキンケアを心がけたいですね。そこで、国立成育医療研究センターの皮膚科診療部長・吉田和恵先生に赤ちゃんのスキンケアについて教えていただきました。

「適切なスキンケア」でアトピーの発症率が3割減というデータも

I:最近は新生児期からのスキンケアが奨励されていますね。これはいつ頃から、どのように始めるのがよいのでしょうか?

吉田先生:産院にいる間はケアしてもらえるでしょうから心配はいりませんが、おうちに連れて帰ったらすぐにスキンケアを心がけていただきたいです。スキンケアといっても難しいことをする必要はなく①「肌を清潔」にして、②「保湿剤などで保護」すること。この2点をやってもらえればOKです。

I:赤ちゃんの肌ってきめ細かくて、もちもちしているので「放っておいてもいいんじゃないか」と考えてしまいがちですが全くそうではないと。

吉田先生:もちろん肌の質には個人差がありますから、特別なケアをしなくても健康な肌を保てる赤ちゃんもいるだろうとは思います。でも生まれたばかりの赤ちゃんの肌は大人の半分ぐらいの薄さで、肌を守るバリア機能の角質も薄いので刺激に弱い。反面、皮脂の分泌が多く、汗をかきやすいんですね。またオムツをしている部分は汚れたりムレたりすることもあります。

吉田先生:肌着との摩擦で肌が傷むこともあります。さまざまな要因で湿疹やかぶれが起きやすい状況なわけですね。適切なケアをしていればこうならずに済むことは多いですし、健康な肌を保つことができれば、アトピー性皮膚炎にもなりにくいとも言われています。

I:新生児のスキンケアがアトピー性皮膚炎の発症予防にもつながるわけですね。

吉田先生:吉田先生:当センターで行った研究では、家族にアトピー性皮膚炎の患者さんがいるハイリスクの赤ちゃんに新生児のうちからスキンケアを行ったところ、アトピー性皮膚炎の発症率が約3割低下したというデータがあります。

しかしながら国際的には、新生児からのスキンケアがアトピー性皮膚炎の発症予防に効果があるかに否かについては意見が分かれています。また、アトピー性皮膚炎の発生要因は多岐にわたるので、十分なスキンケアをしたからといって100%防げるわけではありません。

とはいえ、肌のバリアがしっかり機能していれば、花粉症やさまざまな食物アレルギーを予防することもわかっています。スキンケアをしているからあらゆるアレルギーを「完全」に防げるわけではありませんが、赤ちゃんの頃からスキンケアをした方が良いとは思います。

赤ちゃんのときからシャワーを頭にかけてOK?

吉田先生:赤ちゃんのスキンケアはからだ洗うことから始まります。赤ちゃんのからだを洗う方法については、病院や産院によって、やり方や指導方法が異なります。

当センターでは、バスマットの上で赤ちゃんのからだを洗う「アウトバス法」を推奨しています。赤ちゃんをベビーバスや浴槽につけるのではなくって、バスマットに乗っけてシャワーで頭から全部洗い流す方法です。

I:バス(浴槽)につけずにシャワーで洗い流すから「アウトバス」なのですね。

吉田先生:まずよく泡立てた洗浄料(せっけん・ボディソープ)を用意します。手に乗せても崩れないぐらいしっかりとした泡が理想です。赤ちゃんをバスマットの上に寝かせたら、泡をママ・パパの手に乗せて、頭、顔、からだをやさしくなでるように洗います。シワやくびれの部分も指を入れてしっかり洗います。

次に38~40℃ぐらいのシャワーでからだ全体を流します。汚れや洗浄料が残りやすい首や脇、股などのシワやくびれの部分はママ・パパの指でしっかり伸ばしてシャワーをかけます。頭もすすぎ残しがないように流します。

I:顔や頭はガーゼで拭いて、湯船でからだを洗うという沐浴指導を受けたことがありますが、アウトバス法だと頭にもシャワーをかけるんですか?

吉田先生:そうですね。シャワーをかけた方が、拭くだけよりもきれいにできるし、赤ちゃんは頭の先から少しずつシャワーをかけてあげると自然に目を閉じますから、難しくはありません。この方法ですと生後2〜3か月以内に起きやすい「乳児脂漏性皮膚炎※1」も悪化しづらいように感じています。

吉田先生:シャワーの後は湯船に入れてもいいのですが、赤ちゃんはからだが小さいのですぐに温まります。それよりお湯に長くつかっていると、角層のバリアが弱くなってしまいますから、湯船に入れるのは3分以内にしておきましょう。

I:お風呂はパパとのスキンシップの時間だから、ゆっくり入るのがいいかなと思っていました。肌のためには2、3歳になっても長風呂はしない方がいいんですか?

吉田先生:そうですね。大人でも乾燥肌の方は、熱いお風呂に長く入っていると肌の油が抜け、ますます乾燥しやすくなります。小さな子どもさんなら入浴は短時間ですませたいですね。

I:赤ちゃんにはせっけんなど使わず、お湯だけで十分と言っている産科さんもあるようですが、使わないでもいいものなんですか?

吉田先生:そう指導されているところもありますね。トラブルが起きないならばいいんですけれども、生後すぐはホルモンバランスの関係で脂の分泌が多かったりしますし、保湿クリームなどを塗っているとお湯だけではとりづらいので、適切に洗浄料を使用することをオススメします。

赤ちゃんに使用する洗浄料は匂いや色が付いているものは刺激が強い場合があるので、避けていただきたいです。低刺激で弱酸性のものがおすすめですが、どんな洗浄料でも必ずみんなに合うわけではありません。気になる場合は、まずは腕など一部分で試してみて、肌に合うものを選んでいいただくのがいいでしょう。

柔らかなタオルでからだを包み込むようにして拭く

吉田先生:からだをきれいに洗ったら、柔らかいタオルでそっと水分を拭きとりましょう。からだが濡れたままだと、肌が乾燥しやすくなり、肌荒れを起こすこともあります。シワやくびれの部分は特に気をつけてくださいね。

この時、肌を傷つけないようなふんわりとした肌触りのタオルがいいでしょう。拭くと言ってもゴシゴシとこするのではなく、タオルを置いてそっと押すぐらいの感じです。

I:赤ちゃんの肌はデリケートなので、そこはより神経を使った方がよさそうですね。ちなみに肌着やおくるみなども柔らかい素材がいいですか?

吉田先生:そうですね。おくるみも肌着も、赤ちゃんにはできるだけ刺激の少ない、柔らかいものがいいと思います。硬いと摩擦が大きくなって、肌が荒れやすくなってしまいます。また赤ちゃんは汗をかきやすいので熱がこもりにくい通気性のよさも大切でしょうね。

I:やはり天然繊維がいいということになるのでしょうか。

吉田先生:そうですね。最近はいろいろな繊維が開発されていますから、化学繊維は絶対にダメというわけではありませんが、昔から赤ちゃんには天然繊維の綿がいいと言われています。

気をつけていただきたいのは、一口に綿と言っても厚みも手触りもいろいろです。冬は保温性の高い厚手のふんわりしたものがいいし、夏場にはメッシュなどのサラサラした通気性のいい素材が適しています。季節や場所に合わせて使い分けていただきたいです。

保湿剤は肌にたっぷり「置く」、そしてそっと伸ばす

I:からだを洗い、水分を拭きとったら最後に保湿ですね。

吉田先生:大切なのは、保湿剤をたっぷり塗ること。口径5㎜のチューブに入った軟膏なら人差し指のひと節分出して、両方の手のひらの面積に塗るワンフィンガーティップユニット法が保湿の基本になります。塗ったところにティッシュを置いて、逆さにしても落ちないぐらいの量を目安にしてください。

I:塗り方で気をつけるポイントはありますか?

吉田先生:効果があるようにと、つい力を入れて塗り込んでしまう方もいますが、摩擦で肌を痛めてしまうと逆効果です。保湿剤をたっぷり肌に置いたら、そっと伸ばすように塗るようにしてください。

吉田先生:保湿は全身に。シワの方向に沿って伸ばすようにしてください。シワやくびれの部分も塗り残しがないようにしてくださいね。

1日2回朝と夜に塗ってあげてください。口周りがただれやすいようなら、おっぱい・ミルクや離乳食の前と後にきれいに拭いてから塗ります。おむつかぶれの場合は、おむつを替えるたびにおしりをシャワーで洗って保湿すると良くなりますよ。

I:保湿剤はどんなものにするべきでしょうか? 石油を精製したワセリンから、植物由来でオーガニックを謳う高価なクリームまで、保湿剤にはさまざまなタイプがあってどれを選んだらいいのか悩みます。

吉田先生:病院では乾燥肌の赤ちゃんにワセリンを処方することがあります。ワセリンには保湿成分は含まれてはいませんが、肌の表面に油膜を張って乾燥を防ぐ効果があります。それで十分な場合もあるし、保湿成分を含んだ軟膏が必要な赤ちゃんもいます。

I:本筋からズレますが、ワセリンは石油由来ですよね。もしかしたらそれを赤ちゃんに使うことに抵抗のある方もいるかもしれません。

吉田先生:安全性は問題ないですし、塗ったものが少し口に入ったり、舐めるぐらいのことは全然問題はありません。

日焼け対策について

I:今年の夏は暑さが続くだろうと言われていますが、スキンケアの観点から日焼け対策で気をつけたほうがいい事はありますか?

吉田先生:生まれたばかりの赤ちゃんが日陰を散歩するぐらいだったら必要ありませんが、外で遊ぶ時や長い時間日光に当たる時は、日焼け止めを塗ってあげてください。帽子も日焼け防止に役立つし、ベビーカーの日よけを下げておくだけでも紫外線を防ぐことができます。

I:たっちやあんよができるようになると、暑い日でも外で遊ばせたくなります。外に出る時は日焼け止めが必要ですよね。

吉田先生:そうですね。地域にもよりますが、夏の10時から15時頃は紫外線が強いので、その時期は外遊びを避けるか日陰を利用するのも良いでしょうし、日焼け止めを効果的に使ってください。でもあまり神経質になることはありません。少しぐらい直射日光に当たっても構わないし、絶対に日焼け止めが必要というわけでもありません。外遊びで汚れたり汗をかいたら、肌をきれいに洗って、いつものように保湿をしてあげてください。

どんな肌荒れだったら病院に行くべき?

I:スキンケアって月齢や年齢で変わってくるものでしょうか?

吉田先生:肌が傷む原因は、月齢や年齢で違います。生まれて数か月はおっぱい・ミルクやよだれで口周りがかぶれることがあるし、おむつかぶれも起こしやすい時期です。ハイハイができるようになると、ひざやすねがこすれて荒れてガサガサしてくることがあります。2、3歳になると自由に歩き回って何でも触りますから、手足が汚れやすいですね。

赤ちゃんの成長に伴って変わる肌トラブルの原因を見逃さずに傷みやすい部分をケアしてあげることも大切だし、からだ全体をきれいに洗って保湿するというスキンケアの基本は続けていただきたいです。

吉田先生:また季節によって方法も少し変えてみてください。たとえば夏場はさらっとした肌触りのローションがつけやすいし、乾燥しやすい冬はクリームや軟膏が向いているかもしれません。赤ちゃんの頃はワセリンを塗ってもご機嫌だった子が、2歳、3歳と成長するにつれて嫌がるようになることもありますから、年齢や季節に合わせて、保湿剤のタイプを使い分けてあげたらいいでしょう。

I:赤ちゃんの肌に湿疹やかぶれを見つけた時、どんな状態だったら病院に行くべきなのでしょうか?

吉田先生:夏場は特にあせもと湿疹が混ざってできてかゆがる赤ちゃんもいます。朝晩シャワーと保湿を続けて、治るようであればほぼ問題はないでしょうが、肌を掻こうとするようならしぐさが見られたら、受診していただいた方がいいと思います。

吉田先生:3~4か月の赤ちゃんでも肌が荒れてかゆい時は、手で掻いたり、顔や背中をこすりつけたりするものです。どうしても泣き止まない時もかぶれが原因かもしれません。言葉がしゃべれない赤ちゃんがママ・パパに肌の不調を訴えるサインですから、見逃さずに対応してくださいね。

I:赤ちゃんからのSOSを理解して、不快感を解決してあげることも親子の絆になっていきそうですね。

新生児からのスキンケアがアトピー性皮膚炎にかかりにくい肌を作り、食物アレルギーや花粉症などのアレルギー性疾患を予防できる。もちろん100%の予防法ではないけれど、わが子の将来の快適な生活のためにも、こまめなスキンケアを心がけたいと思います。本日はいいお話をありがとうございました!

※1乳児脂漏性湿疹とは皮脂が過剰に分泌されることによって起こる皮膚炎のこと。皮脂が多い部分(頭、額、眉毛など)に皮むけや黄色いかさぶたができる。吉田 和恵(よしだ・かずえ)国立成育医療研究センター 皮膚科診療部長 兼 アレルギーセンター・皮膚アレルギー科 診療部長 慶應義塾大学医学部卒。医学博士。専門分野は皮膚科学および小児皮膚科学。現在の研究課題は「アトピー性皮膚炎発症ハイリスク乳児における新生児期からの角層内因子の解析」

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 巨峰を丸ごと味わえるアイス「味わう巨峰」8月22日に新発売

    おたくま経済新聞
  2. 【京都建物】七代目小川治兵衛作の庭園と武田五一建築の宿泊施設「白河院・法勝寺跡」

    キョウトピ
  3. 透色ドロップ、霊長類最強ゆるふわ女子はメンバーにバレずに完食できるのか!? 『透色って、なにいろ?』最新回公開

    Pop’n’Roll
  4. 「気絶するぐらい辛い」ローソンの新作「まぜそば」冷房の中でも汗がとまらなかった。

    東京バーゲンマニア
  5. ピクニックスタイルの音楽フェス『Chillin’ Vibes 2022』追加出演者&日割り発表 リトグリがフリーライブに出演決定

    SPICE
  6. 【札幌記念・北九州記念】女王ソダシ撃破へ虎視眈々 東大・京大の本命馬は【動画あり】

    SPAIA
  7. 大阪・神戸に新たにオープン!テレビで紹介された「おでかけスポット」3選

    anna(アンナ)
  8. 朗読劇『ハニーレモンソーダ』岡本信彦さん、大橋彩香さんインタビュー! パンフレット撮影の写真も【声グラ限定】

    声優グランプリ
  9. 【40代の婚活】上手くいかない原因⁉NGな心構え5つ|美ST

    magacol
  10. ドアを開けた途端、疲れがとれそう! パパの帰宅を待つニャンズの「大好き」が伝わるお出迎え

    ねこのきもちWEB MAGAZINE