Yahoo! JAPAN

親が熟年離婚!子どもが受けたこんな影響 #4「止まらない不満」

ウレぴあ総研

自分が家を出て自立してから両親が離婚、「やっぱり」と思うか「まさか」と思うか、子どもたちの受け止め方はさまざまです。

親に離婚する意思があることを知っていてもいなくても、家族である以上自立していても影響は避けられないのが現実。

親の離婚そのものより、それにまつわる事態の変化に疲れてしまうという人もいます。

親が熟年離婚したことでどんなことが起こったのか、実録でご紹介します。

ハピママ*

「両親が離婚したのは俺が30歳のときで、父はもう定年退職しており、母とは何年も別居していました。

俺は県外の会社に就職して結婚し、今は子どももいて幸せに暮らしています。

両親の仲が冷めきっているのは学生の頃から知っていたけど、俺が家を出てからも離婚せず別居になったので、このままいくのかと思っていましたね。

離婚の報告は母親からで、父から突然切り出されて驚いたけれど『どうしても別れたい』と強く言われ、それでも抵抗していたら父の代理人として弁護士が登場し訴訟の話まで出されて渋々従ったそうです。

とっくに愛情なんてなかっただろうし離婚の何が母は不満なのだろうと思ったら、『別れたら生活費がもらえなくなる』『遺産を相続する権利がなくなる』と、結局は自分の都合。

父の両親が経営する会社があり父はそこで役員を務めており、離婚ではなく別居を選んだのは、高い金額の婚姻費用をもらい続けることができるからだったのかと気が付きました。

母の実家は普通のサラリーマン一家で、そこで両親と住み続けている母親には別居してでも父との結婚を続ける理由があったのですね。

『離婚すれば財産分与である程度お金がもらえるだろう』と言ったら、『確かにまとまったお金はもらえたけど、老後の足しにはならない』とやはり気に入らないらしく、そんな愚痴を離婚後にずっと聞かされて疲れています。

生活費について俺に援助するよう言ってきますが、子どもがいてこっちもそんな余裕はないし、別居も離婚も自分たちが決めたことなのだから責任を持ってほしいと思いますね」(男性/33歳/営業)

親たちの「事情」がどうであれ、「こっちはもう自立して自分の生活があるのだから、尊重してほしい」とこちらの男性が願うのは当たり前です。

離婚そのものに不満があっても、こちらのケースでは弁護士を入れてきちんと財産分与もしている様子を聞けば、不満を持ち続けるより新しい人生を考えるほうが健全といえます。

離婚の責任は常に自分が持つもの、子どもを巻き込むのは悪手でしかないとしみじみ思います。

(ハピママ*/弘田 香)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. “躍る坂本冬美”に会場中が熱視線! アサヒビール「夏こそ!歌おう。クリアブギウギ盆踊り祭り」スペシャルイベント開催

    舌肥
  2. 前半戦白星締めへ今季好調の中日・松葉貴大が巨人戦に先発 今季復活遂げた菅野智之と対決

    SPAIA
  3. 見た目より大量に入りそうなポケット、生み出される ユニークな発想に3.5万人感心

    Jタウンネット
  4. 里川での提灯釣りでアマゴにイワナ合計6匹を手中【岐阜・飛騨】釣果はBBQで塩焼きに

    TSURINEWS
  5. 『安心している犬』がみせるサイン4つ 愛犬が気の許せる環境を作るためにできることとは?

    わんちゃんホンポ
  6. 愛猫を亡くしたら、私どうなっちゃう…?『ペットロス』考えられる3つの症状と予防法

    ねこちゃんホンポ
  7. アートな空気漂う空間で、あなたにぴったりなお酒を! 丹波市にある『西山酒造場』でテイスティング体験に参加しました 丹波市

    Kiss PRESS
  8. 【横浜・大人女子に人気のカフェ】お洒落で落ち着いた雰囲気のカフェで優雅なひと時を♪ 横浜で大人の女性に人気のカフェ5選

    まっぷるWEB
  9. 名張市立病院独法化 市民団体が要請書と署名提出 説明会追加など求め

    伊賀タウン情報YOU
  10. 【お料理 MIYAMA】あのジビエの名店が昼から楽しめる立ち飲み酒場をオープン!美味すぎるジビエ料理をリーズナブルに!<四条河原町>

    デジスタイル京都