Yahoo! JAPAN

新進俳優・田中偉登「作品を良くするために」大きく考えが変わった河瀨組での撮影

ドワンゴジェイピー

新進俳優・田中偉登「作品を良くするために」大きく考えが変わった河瀨組での撮影

7歳から俳優業をはじめ、映画『るろうに剣心』や『孤狼の血』などの話題作に出演し、キャリアを積んできた俳優・田中偉登(たなかたけと)。そんな彼が今秋、出演した2作の映画『朝が来る』、『十二単衣を着た悪魔』が続けて公開になる。20歳を迎え、新たな気持ちが芽生えてきたという田中の胸のうちに迫る――。


初めての映画撮影は最高の現場

スカウトされて芸能界の道に進んだ田中。最初のうちは自分の意志ではなかったことから、演技のレッスンで喜怒哀楽の感情表現を出すことが恥ずかしく、芝居が嫌いだったという。

そんななか、初めての映画の撮影となった佐藤健主演の『るろうに剣心』(2012年公開)に明神弥彦役として出演し、プロの現場に痺れた。「初めての現場ということもあったのですが、キャストの方はもちろん、スタッフさんもすべてがプロフェッショナルで、この世界はすごいんだなと憧れました」。


一方で、最初から最高の現場を見てしまったことで「自分はこんなにストイックにできるのだろうか」という不安も抱いてしまった。しかし、そのあとに撮影した連続ドラマ『13歳のハローワーク』(2012年放送)で、撮影現場の楽しさを知った。「すごく印象に残っている撮影で、お芝居の面白さというよりは、現場にいることがとにかく楽しかったんです」と撮影を振り返る。

視界が開けた河瀨直美監督からの言葉

俳優業のすごさと楽しさを知った田中は、懸命に先輩たちの背中を見て、演技を学ぼうとがむしゃらになった。いつしか芝居に夢中になっていく。


しかし、その一生懸命さが空回りするようになっていった。「やっぱり作品を重ねるたびに、もっと映りたい、番手を上げたいという気持ちが強くなってしまい、うまくいかなかったんです」。

そんなとき、『朝が来る』で河瀨直美監督に出会った。河瀨監督と言えば、『萌の朱雀』で、第50回カンヌ国際映画祭カメラ・ドール(新人監督賞)を史上最年少で受賞するなど、世界的にも名のある監督だ。


「すごく有名な監督なので、厳しいイメージがあったんです」と最初の印象を語った田中。しかし現場に入ると「役作りに対してすごく丁寧に向き合っていただいて、僕の話もしっかり聞いてくださいました」。

本作で田中が演じた麻生巧は、物語のキーマンとなる役だが、出演シーンはそれほど多くない。田中自身も「もっと出番があれば……」という思いを抱いていたというが、河瀨監督から「あなたが麻生巧を真剣に演じることで、巧と向き合う片倉ひかり(蒔田彩珠)の芝居が変わっていく。映らなくても、あなたの芝居で誰かが変わっていくという思いで演じて」と言われた。


監督の言葉を聞き「もちろんもっと出番の多い役を……という思いもありますが、それ以上に出番が多かろうが少なかろうが、作品を良くするために与えられた役柄を全うすることの大切さを学ぶことができました。そこからは、ネガティブな感情が消えて、変なプレッシャーもなくなりました」と視界が開けたという。

目標は“男の渋さ”を出せるような俳優

またコロナ禍のなかで得たこともあった。「作品が延期になり仕事がない中で、いまなにができるかを考えました。やっぱり俳優ってセリフなど言葉と向き合う仕事なので、今まで以上に小説を読んだり映画を観たりして、自分のなかで表現したいことがなにかが再確認できたんです。それを脚本や歌詞として書いてみたので、いつか形にしたいなと思っています」。

『朝が来る』のあと、女優の黒木瞳が監督を務めた『十二単衣を着た悪魔』の公開も控える。「黒木監督は、とてもきれいな言葉を使う方で、普段なら流れてしまうようなところも、セリフ一言一言の意味を丁寧に演出してくださいました」と技術的に学ぶことが多かったという。


現在20歳の田中。映画『孤狼の血』では、17歳にしてヤクザ役を演じ、主演の役所広司をはじめ、重厚な芝居を見せるベテラン俳優たちと共演した。「それまでは年齢の近い俳優さんを目標にしていたのですが、あの現場を踏んでから、男の渋さを出せるような俳優さんになりたいという思いが強くなりました」と語ると「菅原文太さんとか柴田恭兵さんみたいな、おじさまになっても格好いい人になりたい。そういう年の重ね方をしたいと、日々意識して生活をするようになったんです」と目を輝かせる。

「作品のために自分を捧げられる俳優」。こうした気持ちで邁進する俳優道。田中が目指す先には大きな未来が開けているように感じられる。


取材・文:磯部正和

撮影:友野雄(Yu Tomono)

スタイリスト:前田勇弥

ヘアメイク:井坂まあさ


『朝が来る』

10月23日(金)ロードショー

『十二単衣を着た悪魔』

11月6日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開



【関連記事】

おすすめの記事