Yahoo! JAPAN

猫が『飼い主の枕の上』で寝たがるワケ4つ

ねこちゃんホンポ

1.柔らかい

猫は、フワフワした柔らかい毛布やクッションなどを好みますよね。それと同じように、枕の上は柔らかくて心地よいのでしょう。

猫は子猫のとき、柔らかい母猫のお腹に包まれて眠ります。

柔らかい枕は、母猫のお腹で寝ていた頃を思い出すのかもしれませんね。

2.飼い主さんの匂いがする

猫は縄張り意識が強く、自分の知らない匂いには警戒します。

部屋中の匂いを嗅いで回るのは、不審な者がいないかチェックしているのです。

しかし反対に、大好きな飼い主さんの匂いは安心できるのでしょう。

そのため、飼い主さんの匂いがついた布団や枕を好んで寝るのです。

安心してスヤスヤと眠る姿を見ると、飼い主さんとしては嬉しい限りですよね。

3.暖かい

寒い季節になると、飼い主さんの布団の中に入ってくる猫も多いでしょう。猫は元々砂漠地帯で暮らしていたため、寒さは苦手。

暖を求めて飼い主さんの布団に来ることがあるのです。

しかし、布団の上ならまだしも、枕の上を陣取りスヤスヤ…なんてこともありますよね。

飼い主さんの体温も感じることができ、暖かくて寝心地が良いのでしょう。

4.甘えたい

枕の上に乗り、顔のそばで寝るのは、飼い主さんを信頼している証。攻撃してこない相手だと認識しているのです。

また、避妊・去勢手術をした猫は、子猫気分が抜けず飼い主さんを母猫のように慕います。

母猫に甘えるように飼い主さんに甘えているのでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

「枕を独占され、頭を乗せる場所がない!」と困ることもありますよね。

しかし、やれやれ…と思いながらも、憎めないのが猫の魅力の1つなのかもしれません。

猫の愛情表現とも言えますので、飼い主さんは覚えておいて下さいね!

【関連記事】

おすすめの記事